welq 村田マリに関するニュース

DeNA南場会長「WELQを検索して愕然とした」~謝罪会見、4つの疑問

プレジデントオンライン / 2016年12月08日13時30分

(文=PRESIEDNT Online編集部 吉岡綾乃) [全文を読む]

WELQ問題の真相を読み解く(2)「買収の経緯に関して極めて不透明」~山本一郎×古田大輔×三上洋特別鼎談

デイリーニュースオンライン / 2017年04月20日10時15分

山本)さて、これからさらに細かく、じゃあ何が第三者委員会の報告書で語られて、語られなかったのかというお話をしたいと思います。 ■論点1)キュレーションメディアは儲かるビジネスだったのか?(高すぎる目標、増えるメディア&協業先) これは報告書では語りきれなかったところと思っています。おそらく、関係者へのヒヤリングだけでは解き明かせない部分でしょう。また私自身 [全文を読む]

DeNA、WELQ問題で危機へ…50億円投資の新主力事業が全閉鎖、責任者はいまだに帰国せず

Business Journal / 2017年01月19日06時00分

携帯ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は2016年12月7日、医療キュレーションサービス「WELQ」の記事の盗用・無断書き換えなどに端を発したキュレーションプラットフォーム事業のトラブルに関する記者会見を開き、守安功社長らが謝罪した。会見は3時間に及んだ。 キュレーションとはインターネット上の情報を、ある特定のテーマや切り口で読みやすくま [全文を読む]

WELQ問題の真相を読み解く(3)「キュレーションメディア『的なもの』は悪だったのか?」~山本一郎×古田大輔×三上洋特別鼎談

デイリーニュースオンライン / 2017年04月21日10時30分

山本)じゃあ収益をあげられるかということも含めたうえで、キュレーションメディア的なものは悪なのかと。 報告書では、法的なバックヤードに関しては書いてあります。薬機法であったり医療法であったりとか、WELQ問題が最初着火した時に何が問題になったか、というのは調査報告書のなかに事細かに書いてある。 でも正直いうと、著作権者に了承とりました、キュレーションメディ [全文を読む]

WELQ問題の真相を読み解く(1)「DeNAだけが謝って終わる問題だったのか?」~山本一郎×古田大輔×三上洋特別鼎談

デイリーニュースオンライン / 2017年04月19日08時31分

『デイリーニュースオンライン』が送る、総合オンラインサロン「世の中のミカタ総研トークイベント」。4月6日(木)は、ホスト役を務める山本一郎、三上洋に加えて、BuzzFeed Japanの創刊編集長を務める古田大輔さんをゲストに迎え、DeNAの「WELQ」に端を発し、「Mery」などの他サイトにも波及したキュレーションメディア問題に関して同社が公表した、合計 [全文を読む]

DeNAキュレーションサイト問題、第三者委の報告書発表…村田マリ氏は辞任意向

弁護士ドットコムニュース / 2017年03月13日10時11分

(弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

嵐の松本潤、安田美沙子の夫、WELQ問題の村田マリ……今年最後の文春砲!? スクープ速報5連発!!

ガジェット通信 / 2016年12月27日19時50分

週刊文春デジタル – ニコニコチャンネル http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/[リンク] ※画像は『週刊文春WEB』より引用 [全文を読む]

DeNAの暴走における”ダメージコントロール”の失敗|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年12月10日12時05分

膵臓がんの例で言えば、今回問題となったDeNA「welq」のようなサイトだけでなく、NAVERまとめやヤフー知恵袋など、キュレーションメディアも選択肢に入ってきたとき、それらを構成している情報は既存の医療情報かガセネタの組み合わせということになります。情報の本丸にたどり着かせないことで多くのページを閲覧させ、そのページに表示される広告を踏ませることで収益化 [全文を読む]

DeNA守安社長「社会的意義が定まってなかった」、サイト再開の目処は「白紙」

弁護士ドットコムニュース / 2017年03月13日19時16分

(弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

フォーカス