マンション 盛岡市に関するニュース

大京穴吹不動産、岩手県に初進出「盛岡営業所」を開設

Digital PR Platform / 2017年06月21日13時00分

盛岡市には、7,250戸の持ち家共同住宅(分譲マンションを含む)※1があり、東北地方の県庁所在地の中では仙台市に次ぐ多さで、中古売買取引のさらなる拡大が期待できる有望な市場です。その内、大京グループがこれまで分譲したマンションは24棟・1,544戸と全体の21%を占めます。 当社グループは、昨年10月に発表した中期経営計画「Make NEW VALUE [全文を読む]

「シャッター街」の住人たちは貧しいのか

プレジデントオンライン / 2017年07月18日09時15分

2003年に閉店した松木屋百貨店の跡地に2005年には15階建てのマンションが建った。かつて賑わっていた商店街の通りに面してマンションが目立つようになり、周辺は住宅街の印象さえ漂う。2007年には高齢者対応型マンションを核とした複合ビル「ミッドライフタワー」が完成した。 地方都市の“市街地活性化”が失敗する理由は何か。それは交通史観を真っ向から否定し、時代 [全文を読む]

USM in JAPAN

TABROOM NEWS / 2015年10月02日18時25分

」 そう語る押野見さん宅は、築20年を超えるマンションの1階にある。緑が美しい庭を有し、都心とは思えない静かな空間。そのリビングにはイームズのラウンジチェア、マルセル・ブロイヤーのワシリーチェア、アルネ・ヤコブセンのエッグチェアといった名作家具が居並ぶが、USMハラーこそが「この部屋の基調」だと押野見さんは言う。 「ハラーはどんなところでも使えます。前の住 [全文を読む]

「プレミスト大清水邸苑」着工

PR TIMES / 2014年06月16日14時19分

■老舗料亭「大清水多賀」のデザインを継承する分譲マンション 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野直竹)は、岩手県盛岡市において、15階建て、総戸数72戸の分譲マンション「プレミスト大清水邸苑」を本日着工しました。 当社では、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給 [全文を読む]

実録!“震災犯罪”裁判(2)一流企業社員が“強姦出張”

アサ芸プラス / 2014年04月17日09時56分

「震度5強の余震による停電でオートロックが解錠されていた岩手県盛岡市内のマンションに忍び込み、各階の部屋をノックして回り、たまたまドアを開けた当時19歳の女性を強姦。捜査の過程で、05年に東京都武蔵野市で発生した婦女暴行事件で現場に残されていたDNAと、この明治安田生命元社員のものが一致。『日本中が震災に苦しむ中、余震に乗じた卑劣な犯行で社会的モラルが欠 [全文を読む]

フォーカス