武田勝頼 平岳大に関するニュース

「祝!黙れ小童」「超高速!本能寺」 NHK『真田丸』回顧録が楽しすぎ

しらべぇ / 2016年12月20日09時00分

真田丸回顧録がおもしろいんだけど、仮装大会in名護屋城で堪えきれず画面を慌てて閉じた@職場— る− (@kodama0hikari) 2016年12月19日真田丸の公式ホームページで回顧録を見ているんだけど、「美人薄命!武田勝頼、死す」とあって笑いを禁じ得ない。いや、確かに平岳大さん演じる武田勝頼は凛々しかったけれど。#真田丸— Kaiser Matthi [全文を読む]

“泣ける”「真田丸」 涙の名場面をプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年09月04日12時00分

ハンカチを用意して放送を待とう!■ 武田勝頼の散り際に“泣けた”の声が多数第2話(1/17放送)放送では、家臣の離反や裏切りに遭いながらも、真田家に生き延びるための道筋をつけるなど、優しく、気高く生きた武田勝頼を平岳大が熱演。哀愁ただよう勝頼には「滅びないでほしいと思った」(石川在住、48歳女性)など多数。■ 暗殺をもくろむ昌幸と室賀の囲碁対局にドキドキ「 [全文を読む]

真田丸 平岳大、清水ミチコら出番少ない役者の演技も高評価

NEWSポストセブン / 2016年07月06日07時00分

エントリーナンバー1は、「武田勝頼」。第1話、主人公の幼少時代が描かれず、いきなり武田滅亡から始まるとは正直意表を突かれたが、真田昌幸(草刈正雄)らがなんとか救おうと奔走したのに、勝頼は結局家臣に裏切られて果てる。演じた平岳大はそれまで感じの悪いエリートを演じることが多かったが、ここでは滅びゆく名門の跡取りの悲哀を静かににじませる熱演だった。 エントリー [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

たとえば序盤で自害し舞台から去った武田勝頼。武田信玄の息子で、滅亡時の武田当主でありますが、実はつなぎ(陣代)であったという説もあります。今までは、甲斐の虎と呼ばれる父・信玄と比較され、「無能」「凡庸」といった描かれ方が多かったのですが、近年新府城の発掘調査から研究が進み、敵方の娘である夫人を最後まで伴うなど、その人間としての魅力が語られるようになり、今ま [全文を読む]

ネット検索で急上昇。「真田丸」で注目の小山田茂誠役の高木渉ってどんな人?

WEB女性自身 / 2016年01月26日16時00分

信繁の姉、松(木村佳乃)の夫として第1回から登場し、岩殿城に向かう武田勝頼(平岳大)を笹子峠で追い返す、この日の 山場 で熱演。泣き崩れながら絶叫する高木の演技が注目された。その初回放送の直後、「高木渉」の名前はインターネットの検索ワードとして急上昇。『真田丸』公式サイトの登場人物紹介ではクリック数1位を記録、とこれには局側もびっくりだという。さらに、24 [全文を読む]

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

【その1】 やっぱり後半にもあった「ちょっと出俳優陣」 以前、このコラムでは「『真田丸』上半期ほぼ一話にしか出なかったがいい味を出していた」ということで、武田勝頼(平岳大)、織田信長(吉田剛太郎)、明智光秀(岩下尚史)、秀吉の妹旭姫(清水ミチコ)などの名前を挙げさせてもらったが、後半、それも最終回にちらっと面白い顔ぶれが登場した。 幸村がいよいよ徳川本陣 [全文を読む]

武田家16代当主「『真田丸』は勝頼公自害の回だけ見てない」

NEWSポストセブン / 2016年04月29日07時00分

「『真田丸』は毎回楽しく観ているのですが、信玄公の四男・武田勝頼公(平岳大)が自害する第2話だけは見ていないんですよ。祖先が自害するところを見るのは忍びなくて……。ちなみに勝頼の死で武田家は滅んでしまいますが、私は出家した次男の信親の家系となります」 これまで幾度となく大河ドラマに登場している武田信玄。そのたびに周囲に様々な影響が出るという。 「1988 [全文を読む]

『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

『下町ロケット』では主演・阿部寛(51才)に相対する精密機器メーカーの製造部長役を演じ、大河ドラマ『真田丸』では武田勝頼を好演。今いちばん注目の俳優のひとりが、平だ。父は平幹二朗(82才)、母は佐久間良子(76才)。小学4年生の時に両親が離婚して以来、双子の妹と共に佐久間の元で育てられた。俳優デビューは27才と遅咲きだ。 「小さい頃から家族のことで騒がれた [全文を読む]

長澤まさみ、「真田丸」の予告で映った“目尻のシワ”に視聴者が呆然

アサ芸プラス / 2016年01月20日09時59分

1月17日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」は、君主・武田勝頼の自害、岩櫃城へ逃げてゆく真田信幸、信繁兄弟ら一族を描いた。勝頼を演じる平岳大、真田昌幸を演じる草刈正雄の好演が光り、初回に惜しくも届かなかった視聴率20%の大台を超え(初回19.9%)、20.1%を記録した。 第3回の予告には、新たなキャストが続々登場。さらに期待が高まるのだが、ネット上には、主 [全文を読む]

歴史ゲームファンが騒然!「真田丸」の3D地図がまるで「信長の野望」!?

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時58分

「2人の父・昌幸役の草刈正雄が見せる硬軟織り交ぜた演技、そして真田家が仕える武田勝頼役の平岳大が見せる、大将としての矜持と哀愁。ストーリーも大河ドラマの王道である戦国時代の歴史活劇で、今後視聴者が伸びてくるだろうと思われます」 この大河、放送前から特にゲームファンの間で話題になっていたのが、戦況を伝える「3D地図」だ。「歴史ゲームの金字塔である『信長の野望 [全文を読む]

「真田丸」初回19.9%!父や主君役にも賞賛の声

Smartザテレビジョン / 2016年01月12日18時45分

さらに、平の演じた情深く哀愁たっぷりの武田勝頼には、“泣ける”“勝頼のイメージが変わった”という声が多数。「勝者よりも敗者を描きたい」という三谷幸喜らしい“勝頼像”を、平が見事に演じ切っていた。 主人公以外の登場人物にも注目の「真田丸」、第1回の再放送は1月16日(土)昼1時5分からNHK総合、また第2回放送は1月17日(日)夜8時からNHK総合ほかにて [全文を読む]

フォーカス