少年 川端康成に関するニュース

死してなお根強い人気を誇る天才イラストレーター・中原淳一の世界を「季節」をテーマに再構成!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月18日17時30分

少年雑誌の『少年クラブ』や『少年』を購読していたけれど、妹の『ひまわり』から『それいゆ』『ジュニアそれいゆ』をも愛読しました。川端康成や芹沢光治良、内村直也もここで読みました。鈴木悦郎や長沢節、内藤ルネ、村上芳正という人たちのillustrationもここで見たのです。フリルも、フリンジも、レースもアップリケも、ブーケも、コサージュも女の子の周辺の好みも [全文を読む]

宇野亞喜良推薦!中原淳一の世界を「季節」をテーマに再構成した1冊、4月6日発売

PR TIMES / 2016年03月15日14時24分

少年雑誌の「少年クラブ」や「少年」を購読していたけれど、妹の「ひまわり」から「それいゆ」「ジュニアそれいゆ」をも愛読しました。川端康成や芹沢光治良、内村直也もここで読みました。鈴木悦郎や長沢節、内藤ルネ、村上芳正という人たちのillustrationもここで見たのです。フリルも、フリンジも、レースもアップリケも、ブーケも、コサージュも女の子の周辺の好みも、 [全文を読む]

不機嫌発言の芥川賞作家 就職斡旋拒否「文無しでも構わん」

NEWSポストセブン / 2012年02月04日07時00分

田中さんを子供のころから知る近所の女性は、少年時代の田中さんについてこう話す。 「小さいときのシンくん(田中さん)は内弁慶。家では話すけど外では大人しい子やった。小動物が好きで動物図鑑をよく見ていました」 学校でも決して目立つ子ではなかったという田中さん。小中と同じ学校に通った女性は、当時の彼について、「大人しくて印象の薄いタイプ」と語ったうえで、こう振り [全文を読む]

「テーマあいまい?」識者語る春樹がノーベル賞獲れぬワケ

WEB女性自身 / 2013年10月16日07時00分

村上少年は積極的に他人とかかわろうとしない内向的な性格だったようだ。かつて自身も「ディタッチメント(かかわりのなさ)ということが大事なことだった」と語っている。 しかし’95年に故郷である神戸を襲った阪神・淡路大震災と同年の地下鉄サリン事件に作家として衝撃を受けた後は、「コミットメント(かかわりあい)ということが僕にとってはものすごく大事になってきた」と語 [全文を読む]

暑い夏にオススメ! 初心者でも楽しめる怪談本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月11日07時20分

そんな少年の心を描いた絵本。怪談絵本シリーズの第三弾として2012年に刊行。子どもから大人まで楽しめる一冊。【6位】『怪談実話 無惨百物語 ゆるさない』 黒木あるじ メディアファクトリーMF文庫ダ・ヴィンチ 650円第1回『幽』怪談実話コンテストを機にデビューした作家による百物語形式の一冊。怪談でありながら終盤には感動の展開が。稲川さんは「怪談で号泣したの [全文を読む]

フォーカス