株価 平和に関するニュース

中国の不気味な沈黙。「人民元切り下げ」の見返りに求めるものは何か

まぐまぐニュース! / 2016年02月16日19時30分

これまでにも述べてきたように、G7各国は株価頼みの経済政策を続けており、株価と「国力」がまるで同意義のような状態に陥ってしまっている。中国版プラザ合意が言われる背景には、中国経済の停滞にまつわる憶測がマーケットを震撼させる大材料となっており、それを市場から取り除きたい狙いがある。しかし、中国景気の減速はデータと共にもう何年も前から言われ続けていて、今にな [全文を読む]

杉村太蔵さんが1億円の資産を築いた「投資術」の秘訣を語る!

Woman Insight / 2014年10月15日17時55分

「なぜ今は円安なのか、なぜNYの株価は上がったのか、なぜアメリカの雇用が日本の株価に影響するのか」……そういったことが、株を買うことにより自分の利益に直結するから気になって、勉強するわけです。 WI 私のような20代でも「投資」はできるのでしょうか? 杉村 充分できます。数千円手元にあれば始められます。「ETF」と呼ばれる上場投資信託で、日経平均株価と連動 [全文を読む]

経済の千里眼 安倍バブルが招く動乱は現代の「応仁の乱」

NEWSポストセブン / 2013年02月09日07時00分

曰く、「20年続いたデフレは2013年前半までに終わる」「野田首相が衆院を解散した日から株価上昇が始まる」。どちらも当時の景況感や常識的な市場分析とは懸け離れていたが、ともに無気味なほどピタリと的中した。 菅下氏の「千里眼」は、もちろん当てずっぽうではない。経済や市場の長期サイクル(波動)、さらには国家の盛衰をも独自のサイクル理論で読み解き、経済学的な理 [全文を読む]

なぜ米国で「ポケモン」が特別な存在なのか? 現地NYからの分析

まぐまぐニュース! / 2016年07月20日04時45分

そんなわけで、任天堂の株価も急騰。 「ポケモンGO」リリース後、わずか4営業日で任天堂の株価は6割も上昇し、年初来高値を更新。時価総額も、約8カ月ぶりに3兆円の大台を回復した。 今後、「ポケモンGO」は、スマホやインターネットが広く普及したドイツやイギリスなどのヨーロッパの先進諸国や、日本でも、順次、リリースされる予定になっているので、その反響次第では、 [全文を読む]

大阪は中国人富裕層を取り入れて元気になるべき!民主党・尾立議員が提言!

Business Journal / 2016年02月26日06時00分

目的は株価上昇のためだが、株価は下落することもある。 実際に今年に入ってからの株価の動きは不安定で、2月12日には1万5000円を割っている。運用損は14兆円に上るといわれている。実際に2月15日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相は「想定の利益が出ないなら、年金支給額の減額もあり得る」と答弁しているのだ。●スーパーグリッド構想 安倍内閣の安全保障政策について [全文を読む]

株高で活況の株式市場 最大の不安材料は世界情勢の不透明感

NEWSポストセブン / 2015年03月02日16時00分

日経平均株価は2月26日終値で約15年ぶりの高値となる1万8700円台をつけて2万円の大台乗せをうかがう勢いだ。いま株式投資のチャンス到来なのか。 最近の上げ相場について、金融市場のプロたちは「これは官製相場」と解説している。まず日銀だ。日銀は黒田東彦総裁の下、デフレ脱却を目指して年間3円のETF(上場投資信託)購入を宣言している。 次にGPIF(年金積立 [全文を読む]

米中首脳会談、対北朝鮮“実効策”打ち出されるか=高まる地政学的リスク、マーケット混乱も―6日東京株価急落は先取り?

Record China / 2017年04月07日05時10分

現に、北朝鮮の弾道ミサイル発射をきっかけとした米朝関係の緊迫化への懸念から、6日の東京株式市場で日経平均株価が急落、前日比264円21銭安の1万8597円06銭で終了。昨年12月7日以来の4カ月ぶりの安値に沈んだ。 市場筋によると、6日朝の日米首脳電話会談で、安倍首相とトランプ大統領が、北朝鮮に対する武力行使も排除しない姿勢を打ち出したため、市場は全面安 [全文を読む]

当たりすぎて怖い!? グラドル・篠原冴美が母と開業する“実家占い” 「好景気が来そうですけど、そのあとは…」

週プレNEWS / 2017年01月17日06時00分

今の日本は株価も上がっているし、その部分が表れたようですね。 ・近未来…『ペンタクル(お金)の王』 「トップの人物を中心に豊かになる」という意味なので…安倍総理ですかね? 日本にお金をもたらしてくれそうです。 ・未来…『スター(星)』の逆位置(カードが逆さの向きで出ること) たとえ良いカードでも、逆位置で出てしまうと悪い意味になってしまうこともあるんです。 [全文を読む]

今大注目、企業の命運を左右する“あるもの”とは?人材獲得や資金調達に多大な影響

Business Journal / 2015年04月27日06時00分

2012年7月に東京証券取引所(東証)が「ESG銘柄」を選定し、新たな株価指標として「ESG銘柄インデックス」の試算を始めているが、その後のアベノミクス相場による株価上昇局面の中、ESGはマーケットではあまりスポットライトが当たらない言葉だった。 ところが、ESGに注目を集める出来事が起きた。国民年金、厚生年金など年金資金の運用を行い、東京株式市場で大きな [全文を読む]

なぜ日本は意図的に不動産バブルをはじけさせたのか?=「日本政府は正しい決定をした」「日本の視点は大局的」と中国ネットからは高評価

Record China / 2017年05月15日08時30分

この後、日本の不動産価格と株価は下落し始めたとした。 なぜ日本は意図的に不動産バブルをはじけさせたのか?記事はその理由について、日本の普遍的な国策の1つに「科学技術立国」という戦略があるからだと分析した。 日本は不動産を通して日本経済が持続的に成長できるよう、1985年に不動産市場を全面的に開放したが、1989年までの間に日本と世界はこの政策が重大な誤りで [全文を読む]

「空爆確率50%」トランプが金正恩抹殺のXデー!(3)サリンミサイルが日本を襲う

アサ芸プラス / 2017年04月23日09時55分

株価は下落を続け、外資系企業も撤退。事態を沈静化させるため、韓国国防部が11日に緊急会見を開き、惑わされないように注意を呼びかけました」 それでもSNS上には若い世代を中心に、不安の声が噴出。韓国政府の火消しは失敗している状態だ。「米朝開戦」のXデーが近づき、日本でも有事に備えての警戒が強まっている。13日の参院外交防衛委員会で、安倍晋三総理(62)が北朝 [全文を読む]

日本の長者番付 2代目、3代目の常連化が経済硬直を体現

NEWSポストセブン / 2017年04月20日16時00分

そこで株価を上げ、ランキング上位に顔を見せるのがパチンコ関連企業の経営者たちだ。 パチンコ・パチスロ機の製造業では、SANKYOの毒島秀行氏が8位(総資産4660億円)、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生氏が18位(2440億円)、平和の石原昌幸氏が28位(1440億円)、三洋物産の金沢要求氏兄弟が44位(1070億円)、セガサミーHDの里見治氏が [全文を読む]

2017年はパクス・アメリカーナが公式に終わる年となる

NEWSポストセブン / 2017年01月13日11時00分

アメリカの株価が高値を示していることもそれが理由だと言える。 しかし対外的な状況は異なる。アメリカの国際的な役割の縮小は否定できない。この状態は私がかねて唱えてきた「Gゼロの世界」に近い。GゼロとはG2とかG7というように世界を主導する特定の国家あるいは国家群がもう存在しない状況を指す。 だが国連のような国際機関の力が強くなるわけでもない。アメリカは元来、 [全文を読む]

トヨタも屈した。トランプの「ヘイト政治」で世界秩序はどうなる?

まぐまぐニュース! / 2017年01月11日05時00分

もし実施したら、株価は1万円割れも起こり得る。 しかし多くの人達が、それでは米国も返り血を浴びる事になるので実行しないと言ってきたが、つい最近のツイッターの投稿を見ると、その期待はしない方が良いことがわかるはずである。 米国の製造業労働者は、工場が海外に移転せず、米国内に新設されて大きな利得を得るので、世界が大きな損をしても、特にメキシコや中国が大損をして [全文を読む]

アベノミクスは全然失敗していないじゃないか!日本経済の現状に中国ネットは「安倍さんは才能があるようだ」「日本経済は中国の100倍強い」

Record China / 2016年12月09日06時40分

「安倍さんはなかなか才能があるようだ」 「現時点で一番すごい指導者はプーチン大統領と安倍首相だと思う」 「安倍氏は日本の首相として国民の益になることを行っている」 「安倍首相は東京五輪までに株価を3倍にするといったが、ほらを吹いていたわけではないようだ。すでに2倍近くになった」 「日本経済は中国の100倍強いな」 「アベノミクスはもう終わったと考えている [全文を読む]

英国EU離脱で喜ぶ人たち

Japan In-depth / 2016年06月26日12時35分

この結果を受け、一時的に為替や株価に大きな影響がでるなど、24日は世界的に大混乱な一日となったのだ。フランスのメディアFrance Infoによると、EU内で一番影響を受けるのはフランスだろうと言われている。フランスは乳製品をはじめ農作物を多く英国へ輸出している。またフランスを訪れる観光客は、英国はドイツに次ぐ数であるが、EU離脱を経て国境の行き来が現在の [全文を読む]

米国が「中国打倒」を決意した2015年。これから世界はどう変わるか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月17日20時00分

6月から9月にかけて、株価が大暴落したのは、記憶に新しいですね。 一方で、アメリカはロシアとの和解に動きはじめます。5月12日、ケリー国務長官が訪ロし、プーチンと会談。「ウクライナの停戦合意がつづけば、制裁解除もあり得る」と発言し、世界を驚かせました。 「希望の同盟」演説で日米関係を好転させた安倍総理。8月14日には、「安倍談話」を発表。曰く 私たちは、国 [全文を読む]

軍事パレードにおける習近平「講話」の意味

ニューズウィーク日本版 / 2015年09月07日18時00分

さらには、株価が暴落し、大衆が中国経済の継続的な発展を懸念し始めた。もはや共産主義を信じる国民はほとんどいない 中国の経済発展が失速し、大衆が豊かな未来を信じられなくなったら、共産党の権威は失墜し、一党統治はますます難しくなる。危機感を抱く中国指導部は、軍事パレードに、社会を安定させ、共産党の求心力を高める効果を期待したのだ。 経済政策は、効果が表れるまで [全文を読む]

【著者に訊け】元特捜検事にして元受刑者 田中森一『遺言』

NEWSポストセブン / 2014年11月07日07時00分

当時は株価や土地が下がるとは、日銀総裁だって思わなかったんだから。例えば大阪の焼鳥屋から身を興した『五えんや』の中岡信栄なんか、上京するとオークラの最上階を借り切って、僕が行っても代議士が行ってもポンと100万円、くれるわけ。所詮はあぶく銭だから(笑い)」 [全文を読む]

加藤嘉一「米中の懸念材料の正体は、日本の『右傾化』です」

週プレNEWS / 2013年03月04日09時00分

「アベノミクス」と呼ばれる金融緩和政策への期待値が高く、円安・株価上昇という傾向が顕著であるためでしょう。確かに、デフレ不況からの脱却は経済成長を取り戻す上で必要なことです。 先月スイスで開かれたダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)に出席した知人たちは、「アベノミクスは注目されていたよ」とぼくに報告してくれました。ただ、中長期的に見た場合、諸外国の安倍 [全文を読む]

フォーカス