吉田松陰 伊藤博文に関するニュース

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰が後世に残した数々の教えは、現代のリーダーや次世代のリーダにとっても多くの学びがあるはずです。その吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が、吉田松陰の教育観、松下村塾の塾生等々について語ります。吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

志士を弾圧する老中・間部詮勝の暗殺を計画したことで、わずか数え30歳で死刑となった吉田松陰。しかし、その遺志は松下村塾の門下生に受け継がれ、彼らは日本を近代国家たらしめました。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、死を前にした吉田松陰が残した思いを振り返りながら、「尊皇攘夷」の意味について今一度考えます。 吉 [全文を読む]

伊藤博文暗殺の安重根、名前知らず、韓国で女性タレントに非難の嵐、歴史観で評価分かれる、韓国「義士」、日本「テロリスト」

Record China / 2016年05月28日07時50分

暗殺された伊藤博文は、少年期に吉田松陰の松下村塾で学び、明治維新の立役者だった木戸孝允(桂小五郎)、西郷隆盛、大久保利通らが相次いで世を去った後、頭角を現した。初代内閣総理大臣、初代貴族院議長なども務めたほか、明治憲法の制定にも中心的な役割を果たした。 近代日本の礎を築いた一人で、菅長官は昨年8月にも安重根を「犯罪者だ」と繰り返した。これに対しては、韓国 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

そんな幕末の偉人の中でも人気が高く、安倍総理も大好きな吉田松陰と松下村塾の門下生を中心に展開していく物語だ。 とはいえ、「大河ドラマってオジさんだけが楽しみに観てるドラマじゃないの?」なんて思っている人はいないだろうか? そんな人たちのために“女子目線”で楽しむ「花燃ゆ」の見どころを紹介しよう。 ヒロインは吉田松陰の妹・文。高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

ぜひ挑戦してみてください!【クイズ1】ペリーが再来航した嘉永7年(1854)、吉田松陰はある企てに失敗し、その一件で罪に問われました。このとき彼が企てたのは、どんなことでしょう?(い)密航しようとした(ろ)老中を暗殺しようとした(は)江戸の町に放火しようとした(に)公使館を焼き打ちしようとした【クイズ2】松下村塾は、幕末の維新の志士を多く輩出しました。では [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

吉田松陰の松下村塾である。 松下村塾には、学塾につきものの教卓がなかったといわれている。松陰は塾生たちの間を移動し、個人指導を行なっていた。明確な時間割もなく、来るメンバーや時間もばらばらで、教科書も塾生中心に選ばれたという状況の中では、おのずと指導は一斉ではなく個別的になる。(同上) 授業の課題の中には課業作文というものもあった。これは今でいうレポートで [全文を読む]

マンガ大賞発起人が「読んでない人が羨しい」と語る歴史漫画

NEWSポストセブン / 2016年08月23日16時00分

同作は歴史を動かした人たちの『感情』が丁寧に描かれていて、すごく伝わってくる作品なんです」 その象徴的な場面として佐渡島氏が挙げたのが、吉田松陰の埋葬シーンだ。 「当時の埋葬は土葬で、真っ裸にされて、体育座りのような格好で樽の中に入れられるんです。吉田松陰は斬首されているので、両手を受け皿にして、お腹のあたりで自分の首を抱えて入っている。それを見て、“泣い [全文を読む]

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日05時00分

楫取道明 山口県出身 39歳関口長太郎 愛知県出身 39歳中島長吉 群馬県出身 37歳桂金太郎 東京府出身 37歳井原順之助 山口県出身 24歳平井数馬 熊本県出身 18歳 六士先生のひとりである楫取道明の母親は、吉田松陰の妹の寿子と小田村素太郎(後に揖取素彦と改名)との間に生まれた子でした。父は、松陰の後継者といわれ松下村塾の塾頭として活躍し、後に貴族 [全文を読む]

<NHK大河ドラマ・吉田松陰の効果?>「花燃ゆ」でにわかに盛り上がりをみせる「松陰神社」

メディアゴン / 2015年01月05日02時48分

もともと吉田松陰は色々な評価のある人です。悪く言う人ならば「幕末の反体制派の過激な原理主義者」「謀叛者・テロリストたちの煽動者」「自らも禁を犯して海外渡航を企てようとする突破者」「最後は幕府転覆を企図して刑死」。良く言う人ならば「徳川幕府打倒の思想的基礎を書いた思想家」「明治維新の偉人たちを育てた教育者」「無実の罪に問われながらも従容として死を受け入れた革 [全文を読む]

【三菱電機】製造業向けビジネスレポート最新号:河合敦氏「歴史を学び、歴史から学ぶ」

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

日本のモノづくりの技術を開花させた偉大なる先人たち、 さらには豊臣秀吉、坂本龍馬、吉田松陰といった偉業を成し得た人物の生き方・考え方は、私たちの生活やビジネスにおいて参考になる点が非常に多いといわれます。かつては高校で教鞭を振るい、現在は執筆、講演、さらには各種メディアへの出演を通じて日本史をわかりやすく解説されている河合さんに、歴史から学ぶ“明日へのヒン [全文を読む]

<日本の学校に足りないのは「戦争」という授業>アホの巣窟・戦後日本を正すために漫画家になったのだ

メディアゴン / 2015年06月01日07時20分

吉田松陰は軍学者だ。政治家というより、軍人だ。参謀だ。江川英龍は武士だ。軍人だ。西郷隆盛も軍人なのである。幕末に活躍した人物のほとんどが軍人なのだ。だから、軍人としての戦略眼を持って動いていた。戦略的視点からの政治や経済を考えていた。戦争論的な視点を持たずに幕末を描くから戦後のドラマはとんちんかんなものになってしまう。松蔭先生が頭のおかしい人に見えてしまう [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』 大コケの背景に作品巡る政治的配慮あり

NEWSポストセブン / 2015年01月18日16時00分

* * * 幕末の長州藩士で維新志士の理論的指導者であった吉田松陰の妹・杉文の生涯を描く新大河ドラマ『花燃ゆ』が出鼻をくじかれた。 1月4日放送の初回視聴率は関東地区で16.7%。1989年の『春日局』(初回14.3%)、1977年の『花神』(同16.5%)に次ぐ史上3番目の低さとなり、第2回も視聴率13.4%とまったく振るわなかった。 井上真央演じる主 [全文を読む]

“平成維新”2015年4月の統一地方選挙の立候補者を後押し 39歳以下限定、当選をサポートする『松下村塾プロジェクト』が始動

@Press / 2014年11月06日13時00分

2015年には、幕末の長州を舞台に吉田松陰の妹・文(ふみ)の生涯を描いたドラマ作品の放送が決まっています。明治にかけての変革を担った若き松下村塾門下生たちのような「日本を変えたい」との熱い想いを抱く若者を、一般社団法人日本選挙プランナー協会( http://xn--hdkza6cxb6bz016c8m6c.com/ )の設立者である塾長・栄 康次郎が選挙プ [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

NHKは2015年に放送する大河ドラマを長州藩士・吉田松陰の妹・文(ふみ)が主人公の『花燃ゆ』に決定したと発表。ドラマの主な舞台となる長州(山口県)は安倍晋三・首相のお膝元である。地元に莫大な経済効果をもたらす大河ドラマの決定に至る過程を検証すると、「異例」続きだったことが浮かび上がった。 昨年12月3日、大河ドラマ『花燃ゆ』の制作発表が行なわれ、主人公を [全文を読む]

デスクネッツ地域活性支援サイトが、『ふるコミュ』として4月18日(火)にリニューアルオープン

@Press / 2017年04月18日11時00分

これまでに知られていなかった山口県の意外な一面を吉田松陰、高杉晋作、伊藤博文(長州ファイブ)といった幕末の志士たちと共に紹介していきます。 [全文を読む]

夜景まで楽しめちゃう!美容家も通う「レア足湯」2選

LAR - Life & Aging Report / 2016年05月20日19時30分

奥萩展望台からは、萩を360度見渡すことができ、日本海に浮かぶ島々や、吉田松陰・高杉晋作・伊藤博文・桂小五郎など、多くの志士達を輩出した長州毛利藩三十六万石の城下町が一望できます。 施設情報 ・住所:山口県萩市椿東385-8 ・電話番号:0838-22-5252 ・営業時間:15:00~21:30 ・定休日:年中無休 ・展望台入場料金:大人520円、小人3 [全文を読む]

「花燃ゆ」終幕!美和は新たな道へ!!

Smartザテレビジョン / 2015年12月14日03時07分

「花燃ゆ」は、吉田松陰(伊勢谷友介)の妹・文(のちに美和/井上真央)の波乱の生涯を描いた物語。 幕末から明治期の動乱を生き抜いた美和は、兄や最初の夫・久坂玄瑞(東出昌大)らの死を乗り越えて、新たな時代の日本人を育てるという志を胸に夫・楫取素彦(大沢たかお)と手を取り合ってきた。 最終回は、美和と楫取が鹿鳴館に招待されるというストーリー。2人は、伊藤博文( [全文を読む]

いざ、鹿鳴館へ!「花燃ゆ」ついに最終回

Smartザテレビジョン / 2015年12月12日06時00分

ことし1月4日から放送をスタートし、吉田松陰の妹・文(のちに美和と改名)が、幕末から明治にかけての激動の時代を生き抜く姿を描いてきた同作は、ついに最終回を迎える。 前回の放送では、周囲、そして視聴者をやきもきさせ続けた美和と祖の義兄・楫取(大沢たかお)が結婚。兄や最初の夫、そして松下村塾の仲間たちを次々に失ってきた美和に、やっと幸せな日々が訪れる。そんな [全文を読む]

フォーカス