伊藤博文 松下村塾に関するニュース

“平成維新”2015年4月の統一地方選挙の立候補者を後押し 39歳以下限定、当選をサポートする『松下村塾プロジェクト』が始動

@Press / 2014年11月06日13時00分

■プロジェクトのネーミング由来< いざ“平成維新”!若者主導で地方から日本を変える >幕末期に長州藩士・吉田松陰が主宰した私塾「松下村塾」では、身分や階級を問わず塾生を受け入れ、高杉晋作や久坂玄瑞、初代総理大臣を務めた伊藤博文など多くの人材を輩出しました。『松下村塾プロジェクト』では、現代の中央集権的な国家の統治システムに対して「地域主権型道州制」の実現を [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

明治新政府が発足すると、松下村塾で学んだ伊藤博文が初代の内閣総理大臣となり、大日本帝国憲法の発布、日清・日露戦争の勝利と、日本国の独立維持の主柱となった。同じく塾で学んだ山県有朋も日本陸軍の基礎を築いて、「国軍の父」と称された。 松陰は生前、門人たちに「たとえ松陰の肉体は死んで仕舞うとも、魂魄(こんぱく)は此の世に留って、お前たちの身に添うて、必ず私の此 [全文を読む]

温故せぬ国に知新なし。大切な「古典教育」を見下す文科省の愚

まぐまぐニュース! / 2017年03月06日20時00分

松陰が塾を指導したのはわずか2年半だったが、ここから育ったのが、維新の尖兵となった久坂玄瑞、高杉晋作、さらに近代国家建設の中心人物だった伊藤博文、山県有朋などである。松陰がこれだけの人物を生み出しえたのは、どうしてだろうか。齋藤氏は「磨いた学力で、何を考え、何を求めていくのか」、そういう「志の教育」こそが人間性の核であるとしている。 「教育大国」に生まれ [全文を読む]

リーダーシップ醸成・若手リーダー育成のために 吉田松陰を祀る松陰神社(山口県萩市)の上田俊成宮司が 『松陰先生の教育観』を横浜で語る

DreamNews / 2016年07月25日12時00分

吉田松陰が主宰した松下村塾は、1年1ケ月という短期間に、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文を始めとした数多くの幕末維新の英傑を輩出しました。延べ92名もの塾生うち78名の人物評が様々な文献に記されています。吉田松陰はどの様な教育観をもってこれほどの塾生と対峙していたのでしょうか?「至誠」「知行合一」・・・吉田松陰は多くの著名は言葉を後世に残しており、こうした教え [全文を読む]

伊藤博文暗殺の安重根、名前知らず、韓国で女性タレントに非難の嵐、歴史観で評価分かれる、韓国「義士」、日本「テロリスト」

Record China / 2016年05月28日07時50分

2016年5月27日、韓国のテレビ番組でこのほど、初代韓国統監・伊藤博文を暗殺した朝鮮の独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の名前を答えられなかった女性タレントが、非難の嵐にさらされた。安重根は韓国では「義士」でも、日本では「テロリスト」。歴史問題で対立する隣国と、どう向き合っていくか。日韓両国の間に横たわる溝は深い。 安重根は1909年(明治42年)1 [全文を読む]

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいのが、伊勢谷友介が演じる幕末の思想家、吉田松陰をまつる松陰神社。境内には、松陰主宰の私塾「松下村塾」がある。この地で松陰は、身分に関係なく入門者を受け入れ、東出昌大演じる久坂玄瑞(文の最初の夫)をはじめ、高杉晋作(高良健吾)、伊藤博文(劇団ひとり)など明治維 [全文を読む]

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日05時00分

伊藤博文総理も、始政1周年の際に台湾を訪れ、「学務官僚遭難之碑」をみずから提案して、殉職した教師の記念碑を建てさせています。 しかし、戦後、国民党軍は台湾に入ってきてから、この「日本教育」のシンボルに対抗せんとしたのか「六士先生殉職」の記念碑をぶち壊し、墓碑銘をセメントで埋めてしまいました。その代わりに、特務のボスであった戴笠(雨農)を記念した雨農記念図書 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

井上真央主演、「花燃ゆ」は大河ドラマ版の「花より男子」!?

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時59分

高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文など歴史好きでなくとも知っている有名な門下生たちの中で、“運動部のマネジャー”のような存在だ。物語も単なる時代劇ではなく、家族愛、友情、青春、恋愛から大奥の女の世界まで盛りだくさんのテーマで、飽きることがなさそう。 ヒロイン・文を井上真央が、吉田松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、伊藤博文を劇団ひとりが演じるのも楽しみだが、や [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

)(い)高杉晋作(ろ)久坂玄瑞(は)伊藤博文(に)大村益次郎【クイズ3】上洛する将軍警護を目的に浪士を集めて組織することを献策し、のちの新選組を生み出すきっかけを作った人物は誰でしょう?(ヒント:出羽国庄内藩の郷士で、各地の尊王攘夷派から慕われましたが、34歳で暗殺されました。)(い)武市半平太(ろ)清河八郎(は)芹沢鴨(に)山岡鉄舟【クイズ4】開国に際し [全文を読む]

「花燃ゆ」終幕!美和は新たな道へ!!

Smartザテレビジョン / 2015年12月14日03時07分

2人は、伊藤博文(劇団ひとり)ら懐かしい顔に再会し、そこで有力者たちに群馬の鉄道建設への協力を取り付けることにも成功。 目的を果たして群馬へ戻ってきた2人だが、楫取は美和に職を辞する決意を伝える。美和は、群馬での役目は終わったという楫取の言葉に一度は悩むが、群馬にまいた種は群馬の人々が育ててくれると信じ、楫取について行くことを決める。 最後は、見知らぬ土地 [全文を読む]

いざ、鹿鳴館へ!「花燃ゆ」ついに最終回

Smartザテレビジョン / 2015年12月12日06時00分

群馬の発展のため前橋までの鉄道建設を目指していた楫取は、伊藤博文(劇団ひとり)らに会うため、美和と共に鹿鳴館を訪れる。 楫取が貴族や有力者に向け協力を要請しているころ、美和は婦人たちに向けて、群馬の生糸や養蚕業に携わる女性たちの学び舎について紹介し、身分の分け隔てなく女性が学ぶことの大切さを訴える。すると、事態は思わぬ方向に動いていく。 そして、交渉を終え [全文を読む]

大河ドラマ「花燃ゆ」公式キャラクター『もゆるん』LINEスタンプで「みてみて!」

@Press / 2015年05月11日17時00分

そして、杉家のすぐそばにあった松下村塾では、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、品川弥二郎ら多くの若者たちが松陰のもとで学び、日夜議論を戦わせていました。 幕末の動乱が激しさを増すなかで、松陰の家族、門弟たちは様々な困難に直面していきます。しかし、松陰の教えを胸に抱いて、困難にめげず、志を持って常に前を向いて力強く生きぬきました。 「学は人たる所以を学ぶなり」 [全文を読む]

東出昌大が、木刀を振り回し鬼気迫る演技を披露!

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日09時00分

この塾は後に、久坂のほか高杉晋作(高良健吾)、伊藤博文(劇団ひとり)、入江九一(要潤)、野村靖(大野拓朗)、前原一誠(佐藤隆太)らが集まり、幕末・維新で活躍する志士たちを輩出することになる。 激動の幕末の中、若さあふれる志士たちを育てた松下村塾がとうとう動き出し、個性あふれる塾生たちが次々に登場する「花燃ゆ」の今後に注目だ。 [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』 大コケの背景に作品巡る政治的配慮あり

NEWSポストセブン / 2015年01月18日16時00分

「最初男性の主人公候補を提案したが、NHK側からは『女性で誰かいないか』といわれ、伊藤博文夫人などの話をしました。その後、10月になって『吉田松陰ではどうか』と聞かれ、妻や3人の妹について説明した。『女性でいろいろ面白い話がありますね』という反応でしたね。まさか2015年の放送とは思わず、もっと先の大河のリサーチかと思っていました」(同前) 2009年放 [全文を読む]

【三菱電機】製造業向けビジネスレポート最新号:河合敦氏「歴史を学び、歴史から学ぶ」

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

◆第4回:吉田松陰に学ぶ教育者としてのあるべき姿◆幕末の時代、「松下村塾」でわずか2年の間に高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋などの偉人を輩出した吉田松陰は、当時20代の若者でありながら優れた教育者でした。松陰の考え方、生き方などから、人材育成のヒントをお話しいただきます。 [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

萩市側からは幕末にヨーロッパに秘密留学した「長州五傑(井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、野村弥吉)」を取り上げるなどの案が提示されたが、NHK側は女性主人公にこだわったという。 [全文を読む]

フォーカス