伊藤博文 井上馨に関するニュース

<トランプ・安倍会談>世界を覆う強欲資本主義

メディアゴン / 2017年02月13日07時40分

薩長政権を支えたのは天皇の詔勅で「元勲」とされた伊藤博文・山県有朋・井上馨・桂太郎ら長州の4人と、黒田清隆・西郷従道・松方正義・大山巌ら薩摩の4人。そして公家出身の西園寺公望を加えた総勢9人。この9人でいわば元老政治(概念で言えば賢人政治と同じ)が行われた。【参考】<コレジャナイ>東京五輪公式アニメグッズの絶望的なダサさ最後の元老と言われた西園寺公望は昭和 [全文を読む]

大倉喜八郎 角栄に重なる「死の商人」の成り上がり人生

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

伊藤博文や後藤新平らは、要人との密会に東京・向島にあった喜八郎の別荘を使っていた。大物政治家との親密ぶりは、まさに“政商”と呼ぶにふさわしい。 喜八郎の財を頼ったのは日本の政治家だけではない。ブレンサインさんは言う。 「中国の清朝末期、モンゴルの王公たちに大金を貸していたんです。そうやって大陸での大倉財閥の影響力を強めていきました」 なかでも知られるのが「 [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

木戸孝允、岩倉具視、伊藤博文、大久保利通、井上馨、渋沢栄一などの外遊帰国組は非戦論を説き、大隈重信、板垣退助、桐野利秋、副島種臣らは主戦論を説いて、征台論で朝野が騒然となった。 この件について明治天皇は副島種臣に全権を委ね、柳原前光を副使に任命すると決定を下し、清国政府との交渉にあたらせた。次ページ>>中国が台湾を「化外の地」と見ていた決定的証拠 台湾での [全文を読む]

歴史の息吹感じる料亭で味わう、伊藤博文も愛したボリューム満点の「金ぷら丼」

ぐるなび / 2014年07月15日11時10分

江戸の料理店番付では、安政6年(1859年)に最高ランクを獲得していたといい、伊藤博文や井上馨ら当時の政財界の重鎮らに愛された料亭。今も多くの政治家や著名人が会席料理を味わいに足繁く通っているという。 おすすめは「金ぷら」と呼ばれる大エビの天ぷらが2尾盛られ、丼からはみ出るほど大きくてボリューム満点の「金ぷら丼」(1200円 税込み)。ごま油でカラリと揚げ [全文を読む]

大河ドラマが安倍首相の地元に決定するまでの「異例」の経緯

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

萩市側からは幕末にヨーロッパに秘密留学した「長州五傑(井上馨、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤博文、野村弥吉)」を取り上げるなどの案が提示されたが、NHK側は女性主人公にこだわったという。 [全文を読む]

フォーカス