野茂英雄 トルネード投法に関するニュース

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日17時05分

■任意引退して海を渡った野茂英雄(元近鉄ほか) メジャーリーグへの道を切り拓き、パイオニアたる存在になった野茂英雄(元近鉄ほか)も監督との確執に左右された男のひとりだ。近鉄時代の1993年、就任した鈴木啓示監督とは、とことん反りが合わなかった。 当時の近鉄投手陣は立花龍司コーチとともにアメリカの最新トレーニングを取り入れていたが、鈴木監督は根っからの「走 [全文を読む]

野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書

NEWSポストセブン / 2015年02月22日16時00分

【書籍紹介】『プロ野球、伝説の表と裏』/長谷川晶一/主婦の友社/1404円 トルネード投法の野茂英雄は、なぜフォークとストレートだけで三振の山を築けたのか。王貞治は一本足打法でホームラン王になったが、一本足打法を受け継ぐ選手が少ないのはなぜか。なぜ誰も盗塁王の福本豊の足を止められなかったのか。伊藤智仁は、なぜ高速スライダーを使えるのか。 プロ野球史に名を残 [全文を読む]

近鉄入団直後の野茂英雄 泥酔しトイレで寝て同僚の信頼獲得

NEWSポストセブン / 2013年12月19日16時00分

プロ野球界は現在オフシーズンだが、野球ファンにとって嬉しいニュースが、野茂英雄氏(45)の日米の殿堂入り候補者リストへの選出だ。独特なフォームで日本のみならず全米でも人気を博した彼の素顔は、一体どんな人物なのか? スポーツライターの永谷脩氏が綴る。 * * * 新ポスティング制度が日米間で妥結しないまま、越年の気配を見せている。楽天・田中将大の処遇も宙ぶら [全文を読む]

田尾氏が指摘した阪神・藤川の“投球間隔”

ベースボールキング / 2017年04月25日11時15分

“トルネード投法”で、日米で活躍した野茂英雄氏を例にあげ「野茂は日本で投げているときは投球間が長かったんですよ。こんなに(投球間隔が)長いとメジャーで言われるんじゃないかなと思ったんですけど、メジャーで言われて直せたんですよ。だから藤川も直せるんですよ」と説明した。 今季はここまで5試合に登板して、1勝0敗、防御率3.00の成績を残す藤川。“投球間隔”を修 [全文を読む]

開幕戦名勝負 野茂「屈辱の降板」と伊東「史上初の劇的弾」

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

近鉄の先発はトルネード投法でデビューから前年まで4年連続最多勝に輝いた野茂英雄。この日も150kmの速球と切れ味鋭いフォークで三振の山を築く。西武打線から6回までに12奪三振。8回まで無安打に抑え、「三振記録とノーヒットノーランの両方を心配せなあかん」と西武・森晶祇監督は苛立った。 だが、9回裏に流れが変わる。先頭打者の清原和博が初ヒットを打ち、四球、エラ [全文を読む]

ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

【トルネード投法】野茂英雄(1990年~94年 近鉄)78勝46敗1S 防御率3.15(以下同) 高校時代から上体を捻って投げており、当時は「つむじ風投法」と呼ばれた。大リーグで2度のノーヒットノーランを達成。 【ガチョーン投法】多田野数人(2008~14年 日本ハム)18勝20敗 4.43 大きく振り被ってコンパクトに投げる様が、谷啓のギャグに似ている [全文を読む]

UFO投法の元広島・山内泰幸「『UFO』は歌ったことない」

NEWSポストセブン / 2016年09月10日07時00分

ちょうど野茂英雄さんがプロデビューした頃でしたが、野茂さんの真似をしたのではなく、投げやすい形だったんです。 ところが大学入学後、監督から「捻らなくても力が出せる」と言われてフォーム改善に着手。打者のタイミングを外せるようなフォームを探していたところ、UFO投法に行き着いたのです。 左足を上げて投球モーションに入る時、球速を上げるために右肘を肩の高さまで上 [全文を読む]

横や下から投げる人も! 野球のピッチャーのフォームって、どんな違いがあるの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月19日12時02分

■監督やコーチによってより良いフォームに変更される場合もある基本的な4つのフォームの他にも、メジャーリーグで野茂英雄投手が一世を風靡した「トルネード投法」など、独自のフォームで投げるピッチャーもいます。こうした投球フォームは、基本的には選手自身が決めることですが、「監督・コーチ」によって、より選手に合ったフォームへトレーニングが行われる場合もあります。プロ [全文を読む]

プロ野球キャンプイン、伝説のエピソードを覚えているか?

週プレNEWS / 2016年02月02日06時00分

投手で有名なのは、個性的なフォームでパ・リーグを沸かせたマサカリ投法の村田兆治(ロッテ)や、トルネード投法の野茂英雄(近鉄)の遠投による調整法。人並み外れた低い球筋で美しい曲線を描くロングスローを見て、ファンはため息を漏らした。 【伝説の瞬間03】 “ミスター”が背番号「3」を披露! 2000年の巨人・宮崎キャンプは例年以上の大盛況だった。理由は、長嶋茂 [全文を読む]

「山本昌選手の引退、残念です」 “野球好きすぎ”『暗殺教室』の松井優征、マサのサーキット復帰を祈る…

おたぽる / 2015年10月20日11時00分

作中では、3年E組の生徒が球技大会で野球に挑むのをはじめ、1988年の西武日本一を支えた3番秋山幸二、4番清原和博、5番バークレオを指す言葉である「AKB砲」や、メジャーでも活躍した野茂英雄投手の「トルネード投法」などがネタとして登場。『俺の妹が突然広島ファンになったのは彼氏の影響に違いない件について』といった「カープ女子」を題材にしたアニメまで会話の中で [全文を読む]

野茂、小泉、紳助 大物たちが残した「引退の言葉」を紹介

NEWSポストセブン / 2014年10月30日16時00分

野茂英雄 「引退するときに悔いのない野球人生だったという人もいるが、僕の場合は悔いが残る」 (2008年7月、共同通信のインタビュー) 腰を大きくひねる「トルネード投法」を武器に日本球界を飛び出した元プロ野球選手野茂。1995年に渡米後、大リーグ7球団を渡り歩いた苦労人だった。2008年4月にロイヤルズから事実上の戦力外通告を受け、現役の道を模索したが [全文を読む]

一般人が野茂選手とガチ勝負! 「のどごし 夢のドリーム」新CMに野茂が登場

AOLニュース / 2013年10月18日00時00分

第五弾となる今回は、中でもひときわ応募の多かった「野茂英雄選手と対戦したい」という夢を持つ人たちの中から9人を集め、「夢のドリームス」というチームを結成。来る野茂選手との対戦の日に向け、毎日バッティングセンターで練習し、事前にチーム練習も実施したり、前夜はみんなで野茂への想いを熱く語り合ったそうだ。 対する野茂選手はメジャーリーグ時代にはオールスターで先 [全文を読む]

二宮清純に聞く「球界の黄金ペア」

アサ芸プラス / 2013年05月30日09時59分

5位は、仰木彬監督と野茂英雄、そしてイチローとの師弟コンビ。日本人がメジャーに行く道筋をつけた野茂と、メジャーリーグで最も成功した日本人プレーヤー、イチロー。今のメジャーリーグブームの基礎を作った2人を育てたのが仰木監督でした。 明治~大正期に活躍した政治家の後藤新平の言葉に「金を残す人生は下。事業を残す人生は中。人を残す人生は上」という言葉がありますが [全文を読む]

落合信彦氏 野茂英雄やイチローの生き方に感銘受けたと語る

NEWSポストセブン / 2012年11月28日16時00分

今でこそ米大リーグで多くの日本人プレーヤーが活躍しているが、パイオニアとしてその道を拓いた野茂英雄が私の頭にまず思い浮かぶ。日本での所属球団と対立した野茂は、「もう二度と日本で野球はできない」という状況の中で渡米した。 独特のトルネード投法から繰り出されるストレートと決め球のフォークボールでメジャーの打者たちを次々と仕留め、新人王と奪三振王を獲得。ポーカー [全文を読む]

日本球界足蹴のペニー選手 我々の心にもペニーがいると識者

NEWSポストセブン / 2012年05月13日16時00分

当たり前の話だけど、野球に対して謙虚で好奇心を失わない選手が結局、復帰しても成功するんですよ」 そんな話をしていて、私が思い出したのは野茂英雄さんだった。野茂さんがデトロイト・タイガース時代に日本のメジャー・ファンとの対談の司会を仰せつかったことがあったのだが、終始温厚な野茂さんが、唯一色をなして反論したときがあった。メジャー・ファンが、 「野茂さんのおか [全文を読む]

フォーカス