野茂英雄 ノーヒットノーランに関するニュース

【プロ野球】則本昂大(楽天)ら4投手でMBL打線をノーヒットノーラン! 日米野球の名場面をプレイバック

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■野茂英雄凱旋、「リトル松井」にメジャーが高い評価 今から20年前の1996年。この年の最大の注目は前年ドジャースに入団し、全米に「NOMOフィーバー」を巻き起こした野茂英雄の凱旋登板だった。 野茂は東京ドームでの第2戦にメジャーリーグ選抜チームの先発として登板。試合は序盤から大きな盛り上 [全文を読む]

[瀬尾温知]【岩隈、ノーヒットノーラン達成の秘密】~カギはキャッチャーとの相性~

Japan In-depth / 2015年08月13日23時00分

2001年の当時レッドソックスだった野茂英雄以来、14年ぶりとなるノーヒットノーラン達成。制球力とキャッチャーとの相性の良さがもたらした大記録だった。 最後の打者が打ち上げたセンターへの飛球が野手のグラブに収まると、岩隈は両腕を高くあげてガッツポーズし、捕手のスクレと抱き合った。日米通じて自身初のノーヒットノーランだった。 メジャー4年目の岩隈は、13年に [全文を読む]

野茂・伊良部・斎藤隆・ダル・上原 MLBが震撼の興奮シーン

NEWSポストセブン / 2015年05月23日16時00分

1995年、野茂英雄がアメリカ・MLBで鮮烈デビューを飾ってから今年で20年。日本人MLB選手による記憶に残る名シーン(投手編)を振り返ってみよう。 ●野茂英雄「2度のノーヒットノーラン」 (1996年9月17日・ドジャース在籍のロッキーズ戦=クアーズフィールド、2001年4月4日・レッドソックス在籍のオリオールズ戦=キャマデンヤーズ) 両リーグでのノーヒ [全文を読む]

開幕戦名勝負 野茂「屈辱の降板」と伊東「史上初の劇的弾」

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

近鉄の先発はトルネード投法でデビューから前年まで4年連続最多勝に輝いた野茂英雄。この日も150kmの速球と切れ味鋭いフォークで三振の山を築く。西武打線から6回までに12奪三振。8回まで無安打に抑え、「三振記録とノーヒットノーランの両方を心配せなあかん」と西武・森晶祇監督は苛立った。 だが、9回裏に流れが変わる。先頭打者の清原和博が初ヒットを打ち、四球、エラ [全文を読む]

【プロ野球】オリックスの佐藤さん!? 40歳でノーヒットノーランにパンチパーマ…。名字と球団の不思議な関係

デイリーニュースオンライン / 2017年03月02日16時05分

あらためて現役時代を振り返ってみると、「空前の大豊作」と呼ばれた1989年のドラフトで、野茂英雄(元近鉄ほか)、佐々木主浩(元大洋ほか)、潮崎哲也(元西武)らに混じって、オリックスの1位指名を勝ち取った有望選手だった。 しかし調子の波が激しく、守備でも送球難があったことで、トレードマークのパンチパーマにちなんだ登録名「パンチ佐藤」に改名しても大成には至ら [全文を読む]

【プロ野球】今年はジョンソン(広島)が受賞! 沢村賞にまつわるアレコレを調べてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月27日16時05分

翌1990年に、新人ながらパ・リーグの投手タイトルを総ナメにした野茂英雄(近鉄)が、パ・リーグの投手として初めて沢村賞を受賞した。 1990年代はセ・リーグの投手が受賞するケースが目立っていたが、2006年以降で見るとパ・リーグ投手が8度、セ・リーグ投手が3度と、パ・リーグが圧倒している。なお、セ・リーグの投手が受賞したその3度は、2010年、2015年の [全文を読む]

ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

NEWSポストセブン / 2016年09月12日16時00分

【トルネード投法】野茂英雄(1990年~94年 近鉄)78勝46敗1S 防御率3.15(以下同) 高校時代から上体を捻って投げており、当時は「つむじ風投法」と呼ばれた。大リーグで2度のノーヒットノーランを達成。 【ガチョーン投法】多田野数人(2008~14年 日本ハム)18勝20敗 4.43 大きく振り被ってコンパクトに投げる様が、谷啓のギャグに似ている [全文を読む]

TV・新聞が報じないプロ野球“メジャー移籍戦線”交渉現場「海外FA権を行使したソフトバンク・松田宣浩への反応は?」

アサ芸プラス / 2015年11月29日09時56分

ただ、パドレスは野茂英雄氏の獲得で大成功した元ドジャースのオーナー、ピーター・オマリー氏の親族が経営参画している事情があり、球団として日本進出を念頭に置いている。そのため広告塔として、松田を筆頭に日本人選手の加入を熱望しているという。複数球団の松田獲得参加報道はさながら、パドレスとの「出来レース」の様相を隠す「盛り上げ情報」にすぎないのだ。 さて、すでにメ [全文を読む]

快挙達成の岩隈久志 聖教新聞の一面を飾らず読者の間で波紋

NEWSポストセブン / 2015年08月24日07時00分

野茂英雄氏(46)に次いで、日本人投手で2人目の快挙だった。 だが、このニュースが聖教新聞の一面で報じられることはなかった。岩隈は過去に同紙のインタビューで、 〈地元シアトル(アメリカ)にいても、遠征に行っても、小説『新・人間革命』は「SEIKYO online」(聖教新聞社の公式ホームページ)で欠かさず読んで、一日のスタートを切ります〉 と語るほどの熱心 [全文を読む]

一般人が野茂選手とガチ勝負! 「のどごし 夢のドリーム」新CMに野茂が登場

AOLニュース / 2013年10月18日00時00分

第五弾となる今回は、中でもひときわ応募の多かった「野茂英雄選手と対戦したい」という夢を持つ人たちの中から9人を集め、「夢のドリームス」というチームを結成。来る野茂選手との対戦の日に向け、毎日バッティングセンターで練習し、事前にチーム練習も実施したり、前夜はみんなで野茂への想いを熱く語り合ったそうだ。 対する野茂選手はメジャーリーグ時代にはオールスターで先 [全文を読む]

森光子さん 記念館開館の陰に涙の遺言「私には子供がいない…」

WEB女性自身 / 2013年04月17日07時00分

「舞台『放浪記』の第1回公演で着た衣裳もありますが、親交のあった野茂英雄選手からもらったノーヒットノーラン達成時のボールもあるんですよ。交友関係の広かった森さんならではの遺品も展示予定です」と語るのは、石川県・山中商工会長の田中実さん(74)。昨年11月10日に森光子さん(享年92)が亡くなって半年後の4月27日、石川県加賀市山中温泉に森さんの記念館『森光 [全文を読む]

「野茂は授章しないの?」異論続出“国民栄誉賞”決定の裏側

WEB女性自身 / 2013年04月11日07時00分

そして、この2人以上の存在なのが日米通算201勝をマークした名投手・野茂英雄(44)だ。近鉄から任意引退選手扱いで’95年に渡米し、マイナーリーグからスタート。メジャー昇格後は2度のノーヒットノーラン、7度の2ケタ勝利を記録した。かつて近鉄で野茂と一緒にプレーした野球評論家の金村義明氏(49)は、次のように語る。 「野茂こそが、日米のプロ野球界を渡り歩く [全文を読む]

フォーカス