観光 国会議事堂に関するニュース

スコットランド・エディンバラへ来たらここ!見逃せないおすすめスポット4選

GOTRIP! / 2017年01月14日06時30分

1. エディンバラ城 エディンバラ観光の目玉ともいえるのが、この街のシンボル的存在でもあるエディンバラ城です。旧市街ロイヤルマイルの緩やかな坂を上った所にあるエディンバラ城は、キャッスルロックという岩の上に要塞として建てられました。 城内でもクラウン・ルームという部屋は「三種の宝器」と呼ばれる王冠、剣、飾りのついた杖や、「運命の石」または「スクーンの石」 [全文を読む]

絵本「MAPS」の外国人作者が選ぶ日本の観光名所がおもしろい

TABIZINE / 2015年09月11日13時00分

世界で50万部以上の売り上げを誇る大ヒット作品で、各国の主な観光地や文化、伝統などが手書きのイラストで国別に描かれています。 もちろん日本も取り上げられていますが、作者であるポーランド人から見た「日本」ですから、一風変わった観光地や文化が「日本代表」として紹介されている場合も。「なるほど、そこを紹介するか」といった発見もあって逆に面白いです。 そこで今回は [全文を読む]

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと

TABIZINE / 2017年07月25日16時00分

近くにあるカステレット要塞やデザイン博物館デンマークと合わせて観光したり、人魚像を見た後に、運河ツアーや水上バスでクルーズを楽しんだりすれば、さらに満足感が高まるはずです。 ストロイエでショッピング三昧 (C) Haruna Akamatsu 北欧を代表するショッピングストリートが、「ストロイエ」と呼ばれるコペンハーゲンの目抜き通り。市庁舎広場と、コンゲ [全文を読む]

「魔女の宅急便」モデルの街ストックホルムを上から眺める屋根歩きツアー

TABIZINE / 2016年08月24日16時00分

ストックホルムの観光名所である旧市街ガムラスタン (Gamla stan)にもほど近い場所にあり、屋根の上からの眺めは最高! (c) Takvandring Sverige AB 天気が良い日は、気持ちよさそうですね~。 (c) Takvandring Sverige AB ただしこれは、あくまでも観光ツアー。度胸試しや恐怖体験のためのアトラクションではな [全文を読む]

【世界の街角】ハンガリー・ブダペスト観光のハイライト!ブダ地区とペスト地区を巡る

GOTRIP! / 2017年08月27日06時30分

ブダペスト観光で時間があれば、ローカルスポットを訪ねてハンガリーの文化に触れてみませんか? 地元の食材や工芸品が集まる中央市場でお土産を探したり、世界で三番目の規模を誇るユダヤ教シナゴーグは、日本ではあまり触れ合う機会のないユダヤ教文化を知ることができる場所。ピンクの壁に描かれた幾何学柄やダビデの星が神秘的です。 そしてブダペストの街は夜になるとライトア [全文を読む]

ドライブもクルージングも!「水陸両用バス」で欲張りブダペスト観光

clicccar / 2017年04月09日10時28分

開始時間を聞くと、その後、少し観光をした後でも夕食前にもしかしたら間に合うかも!? と思ったら間に合いました! 17時出発。まずは英語のガイドを聞きながら、市内の「国会議事堂」→「イシュットヴァーン大聖堂」→「オペラハウス」や街のメインストリートのひとつ「アンドラーシ通り」。「BUDAPEST」という大きなオブジェのある「英雄広場」など1時間ほど巡り、い [全文を読む]

【海外発!Breaking News】ロンドンテロで殉職した警察官 一緒に写真を撮った観光客らSNSで追悼

TechinsightJapan / 2017年03月25日15時08分

死者は5人となったが、うち殉職したキース・パーマー巡査は実に優秀な人物であったことが元同僚や観光客らの声から明らかとなり、多くの人から追悼のメッセージが寄せられている。市民の安全を守ろうと最後までテロリストと戦った警察官が殉職し、そのあまりにも残酷な人生の終わり方に多くの人は悲しみと怒りを隠せない。キース・パーマー巡査(48歳)は3月22日、ウェストミンス [全文を読む]

東京スカイツリー(R) オフィシャルショップ限定発売 公式カプセルフィギュアのご案内

@Press / 2012年05月17日10時30分

本製品は、世界的な造形集団「海洋堂」が造形企画を行い、世界中から東京観光に訪れる方、また都内に在住している方に、新感覚で東京のランドスケープ観光を楽しんでいただけるような“思い出持ち帰りフィギュア”です。 東京スカイツリーをはじめ、名所で得た感動や思い出、その体験を、見たかたちそのまま手にすることができるミニチュアフィギュアは、国籍や老若男女を問うことな [全文を読む]

一人旅におすすめな世界の街ランキング!気軽に旅立てる人気の街はどこ?

TABIZINE / 2017年08月24日07時30分

ハングルがわからなくても、観光客の受け入れ態勢がしっかりしているので、日本語や片言の英語でも大丈夫。 第9位:ベルリン(ドイツ) ヨーロッパの中でもベルリンは時代の先を行く音楽やアートがの都市。また、中世の街並みと、20世紀の比較的新しい建物に、超近代的なのビルも増えて街並みが独特です。 第8位:マドリード(スペイン) 情熱の国スペイン。その首都のマドリッ [全文を読む]

中国の李克強首相と豪ターンブル首相が会談―中国メディア

Record China / 2017年03月25日15時40分

会談後、李首相とターンブル首相は、両国が経済貿易、イノベーション、農業、知的財産権、法律の執行・安全、観光、教育などの分野で連携することで合意する文書への署名を見届けた。(提供/人民網日本語版・編集KN) [全文を読む]

JMBプレミアムツアー 「ジャルパックが厳選して贈る いい旅、あたらしい旅。」 JALグループ機内誌・会員誌「AGORA」1・2月合併号掲載ツアー 12月21日(水)発売開始

PR TIMES / 2016年12月21日14時22分

オタワでは、国会議事堂やカナダ歴史博物館、世界遺産リドー運河を巡り、その後、“北米のパリ”とも言えるカナダ第二の都市モントリオール、旧市街が世界遺産のケベックを観光します。さらに、風光明媚なサンタンヌ渓谷の散策や、開拓時代の面影が残るオルレアン島、「赤毛のアン」の舞台で人気のプリンスエドワード島を訪れます。 [全文を読む]

ヨーロッパの自己免疫疾患─ギリシャを歩いて感じたこと

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月07日17時00分

その衛兵の姿をさかんに直す上官がいて、やがて集まっている観光客に向かって写真を撮るように促した。俺はどういうわけか、いつの間にか最前列に飛び出しており、撮りたくもないのにスマホを構えなければならなかった。 その観光地中の観光地で、俺たちはOCP(オペレーションセンター・パリ)から現地に配属された日本人スタッフ、梶村智子さんと待ち合わせていた。彼女はロジステ [全文を読む]

ニッポンの名所・文化を図解で紹介 知的好奇心をくすぐる新タイプのガイドが登場! 『ニッポンを解剖する! 東京図鑑/京都図鑑』

PR TIMES / 2016年08月04日15時20分

また、建築物に限らず、「歌舞伎」「相撲」「庭園」「仏像」「祭り」といった、日本人なら知っておきたい文化・芸能や、人気観光エリアの意外な歴史・魅力など、通常のガイドブックではあまり詳しく知ることのできないテーマについても深掘り解説しています。 旅行ガイドとしてご利用いただくのはもちろん、お住まいの地域のことをもっと知りたい東京・京都在住の方にも楽しんでいた [全文を読む]

アパグループ、千代田区・神田駅前にホテル用地取得

PR TIMES / 2016年07月13日13時39分

「秋葉原」駅も徒歩圏内であり、「東京」駅まで1駅・2分、「日本橋」駅まで2駅・3分、「上野」駅まで3駅・4分と、都内主要エリアまでのアクセスが良好で、ビジネスや観光・レジャーに最適な立地となる。 千代田区内では、アパホテル〈東京九段下〉(全139室)、アパホテル〈神田駅東〉(全158室)、アパホテル〈秋葉原駅前〉(全137室)、アパホテル〈半蔵門 平河町〉 [全文を読む]

イギリスとフランスが交わる街・オタワを歩く

IGNITE / 2016年06月18日13時00分

観光名所のほとんどがオタワ川沿いにあり、公園や運河もある緑豊かな街。観光して回るような場所の範囲がさほど広くないので、1日ぶらりと歩いて巡るだけでも楽しめる。 オタワのシンボルと言えば、重厚なゴシック様式による国会議事堂。オタワ川を背にした「Parlament Hill(パーラメント・ヒル)」にあり、中央と東西の棟から成っている。 イギリスらしさを感じさ [全文を読む]

【現地ルポ】アメリカとメキシコの国境の町、テキサス州ラレドとは

TABIZINE / 2016年03月22日16時00分

観光気分で訪れる町とはいえず、滞在は用件を済ます最短に止めたほうが良いと思われます。 外務省 テキサス・オクラホマ 安全の手引き 国境付近の特殊事情 (1)テキサス州とメキシコとの国境は総延長1500キロメートルに及び、エルパソ、ラレド、マッカーレン等に日系企業が多く進出しています。特にこの地域のメキシコ側の都市(ホアレス、ヌエボ・ラレド、レイノサ)は、賃 [全文を読む]

こんなにも日本は世界から愛されていた! 涙せずにはいられない日本外交の歴史秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月16日06時30分

ビザ・ワールドワイドが外国人1万人以上に調査した、「観光したい国」ランキングでも日本は2位につき、日本を訪れる外国人観光客が増加している。どうして日本の好感度はこんなにも高いのか。『日本人が知らない 世界中から愛される日本』(井沢元彦/宝島社)には、諸外国と日本の知られざる33話の交流秘話が綴られている。年間5500億円以上もの予算を政府開発援助(ODA) [全文を読む]

気分は海外!? 「大使館に入ったことがある」1割

NewsCafe / 2015年07月03日12時00分

都の「地域資源型実証プログラム事業」の一環として実施された同イベントは、観光インフォメーションセンターや公共施設等に無料設置されたパスポートを入手することにより、企画参加している大使館でスタンプを押せるというシステムだ。なるほど、こうしたイベントでもなければ、大使館に行くような機会はなかなかない。80超もの大使館が集中する港区ならではの企画である。外務省H [全文を読む]

フォーカス