松下幸之助 経営理念に関するニュース

2012夏休みキッズスクール 特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ~社会に役立つ商品づくりをめざして~」を開催!-パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館-

PR TIMES / 2012年07月13日13時46分

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、http://panasonic.co.jp)は、大阪府門真市の松下幸之助歴史館にて、2012夏休みキッズスクール特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ~社会に役立つ商品づくりをめざして~」を7月21日~8月31日の36日間、開催いたします。また、期間中にご来館いただいた小学生・中学生の方で、クイ [全文を読む]

新雑誌『衆知』を創刊

@Press / 2016年04月26日10時00分

この機に、マネジメント専門誌『PHP松下幸之助塾』を新装、誌名を『衆知』とあらためて、2016年4月27日にリニューアル創刊いたします。 新生・『衆知』は、松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く実践的なマネジメント誌です。監督、管理、決断、育成など、“正しい経営”を実践したい経営者や上級管 [全文を読む]

松下幸之助の「人間教育」にこだわり企業向け公開研修サービス「PHPゼミナール」を全面リニューアル

@Press / 2015年11月26日11時00分

創設者・松下幸之助(松下電器・現パナソニックグループ創業者)が実践してきた「人間教育」に徹底的にこだわり、プログラムを刷新。引き続き企業の人材育成をサポートしていきます。2015年12月以後、今回のリニューアルのポイントを講師が直接お伝えし、プログラム中のグループ討議やワークを体験受講していただく無料説明会の開催も予定しております。PHPゼミナール htt [全文を読む]

松下幸之助は知っている。中小企業を変貌させる、たった1つのスイッチ

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日04時45分

松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど、誰もが知る成功者には不思議と共通する経営理念があるようです。言い換えれば、その共通する理念こそが「経営を成功させるコツ」と言えるのではないでしょうか。その「コツ」について、無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者・浅井良一さんがまとめて解説してくださっています。 社員が経営の強みの源泉 星野リゾートの星野佳路さんは [全文を読む]

松下幸之助と稲盛和夫、新旧「経営の神」に共通した理念とは?

まぐまぐニュース! / 2015年07月30日01時44分

今回は、経営の神様と呼ばれる松下幸之助が、京セラ・稲盛和夫に影響を与えた「人の心」を中心とした経営理念について、ご紹介いたします。 トップマネジメントに必要なのは「考え方」 京セラの稲盛さんに経営を教えた人はいません。ほとんど独学で、「人間として正しいことは何なのか」を基準にして考えてこられたようです。 そんななかでも経営の師匠がいました。それが松下幸之助 [全文を読む]

松下幸之助の経営理念・人材育成を基に独自開発した公開研修「PHPゼミナール」を名古屋で本格開講~経営者・管理職を対象に2015年8月より

@Press / 2015年05月28日10時45分

株式会社PHP研究所(京都市南区、代表取締役社長・清水卓智)は、創設者・松下幸之助(松下電器・現パナソニックグループ創業者)の経営理念と人材育成をベースに独自に開発した企業向け公開研修講座「PHPゼミナール」を、2015年8月より、名古屋地区で開講します。◆「PHPゼミナール」を名古屋で本格開講株式会社PHP研究所は、松下幸之助によって、敗戦による混乱と貧 [全文を読む]

2013年度 ANAグループ入社式 伊東グループCEO挨拶(概要)

JCN Newswire / 2013年04月01日16時51分

◆最後に ~社会人として~サントリーの創業者・鳥井信治郎氏の口癖で、松下幸之助氏も使われた「やってみなはれ」という言葉があります。入社して「早く一人前になりたい」とか「こんな人間になりたい」とか、「こんなことやってみたい」とか、様々な興味と意欲を持っているはずです。人間は「やりたいこと」があっても、「自分にはまだ早い」とか「自分にはできない」とか、やるため [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

妻・照代との間に息子2人 【尊敬する人物】松下幸之助、ピーター・ドラッカー。「松下幸之助さんは『衆知を集める』という言葉を大事にされていた。社員の知恵を集めれば怖いものはない。それが一番よい経営の方法なのだ、という教え」 【愛読書】『プロフェッショナルマネジャー』(ハロルド・ジェニーン他)、『ユダヤの商法』(藤田田)、『成功はゴミ箱の中に』(レイ・クロック [全文を読む]

渋沢栄一、松下幸之助、土光敏夫……PHP経営叢書『日本の企業家』シリーズ 創設70周年記念として全13巻を刊行

@Press / 2016年10月28日14時15分

PHP研究所は1946年11月3日、故・松下幸之助(松下電器産業・現パナソニックグループ創業者)が創設、本年11月3日に70周年を迎えます。この節目の年にあたり、企業経営の根幹に経営理念の確立を置いた松下幸之助の遺志を継承するものとして、日本の近現代に活躍した企業家の中で、とくに理念重視型の日本人経営者を1人1巻でとり上げる図書シリーズの刊行を企図しました [全文を読む]

織田信長も松下幸之助も。なぜ成功者は大風呂敷を広げるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月26日17時45分

織田信長、松下幸之助、孫正義が「大義」を掲げた理由 戦国時代はいかにして大風呂敷を広げるかの争いでもあった 歴史を振り返ると、何かを成し遂げた人は必ずといっていいほど大義を掲げています。たとえば、織田信長は他国を侵攻する際に、将軍家嫡流である足利義昭を奉戴して上洛することを大義名分として掲げ、民衆や諸大名の支持を取りつけることに成功しました。 戦国時代を [全文を読む]

経営戦略(左袒布略)編【第一回】先ず信より始めよ。信なくんば立たず/小笠原 昭治

INSIGHT NOW! / 2016年05月04日08時00分

パナソニックの創業者である松下幸之助さん曰く、「経営理念を確立して、浸透させれば、その事業は、半分成功したものと同じである」翻せば、「経営理念を確立せず、あるいは、浸透させられなければ、その事業は、半分失敗したものと同じである」(第二回へ続く)http://www.insightnow.jp/article/keieisenryaku2[追記]理念の作り方 [全文を読む]

独自の経営理念と創業者精神を持つ松下幸之助の軌跡を辿る本

NEWSポストセブン / 2014年11月09日07時00分

【書籍紹介】『松下幸之助の憂鬱』立石泰則/文春新書/780円+税 松下電器(現・パナソニック)の創業者・松下幸之助がこの世を去り25年。和歌山に生まれ大阪へ丁稚奉公に。その後起業し、独自の経営理念と創業者精神をもって経営者であり続けたその軌跡を辿りながら、現在の企業が忘れてしまったことを想起させる。 ※週刊ポスト2014年11月14日号 [全文を読む]

【無料セミナー/大阪】パナソニックの事例に学ぶ"経営理念の実践"と"理念を浸透させるプロセス"

PR TIMES / 2013年05月16日14時34分

本セミナーでは、松下幸之助創業者の考えを受け継ぎ、長年に渡り経営理念の実践を中心に据えてきたパナソニックの事例から、『パナソニックが経営理念をどのように人材育成・事業運営に活かし、実践してきたのか』『経営理念を浸透させるにはどのようなプロセスが必要なのか』についてお話します。 経営理念の重要性を再認識するとともに、自社の経営理念を浸透させ、組織・個人のパ [全文を読む]

パナソニック 松下正治氏死去で「創業家離れ」が一段と加速

NEWSポストセブン / 2012年07月18日07時00分

「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助氏の娘婿で、パナソニック名誉会長の松下正治氏が99歳の大往生を遂げたが、「これで社内外の“脱松下”がより鮮明になる」(パナソニックOB)との見方が広がっている。 近年のパナソニックはトヨタ自動車などと違い、創業家が経営の中枢を担う体制にはなっていない。『豊田家と松下家』の著書もある経済ジャーナリストの水島愛一朗氏が語る。 [全文を読む]

スタッフ全員逃亡。牛たん「ねぎし」の失敗に学ぶ、お金より大切なもの

まぐまぐニュース! / 2016年06月09日19時30分

「悟れば」名経営者になり「悟らなければ」悩める経営者で、最も悟られた松下幸之助さんは「私の会社は、人をつくっています」と言われています。 image by: Shutterstock 『戦略経営の「よもやま話」』著者/浅井良一戦略経営のためには、各業務部門のシステム化が必要です。またその各部門のシステムを、ミッションの実現のために有機的に結合させていかなけ [全文を読む]

日本に根付く「三国文化」、伝統衣装から最新ゲームまで幅広く影響―中国メディア

Record China / 2016年06月04日19時40分

経営の神様と呼ばれる松下幸之助も生前、「三国志に登場する人物の知恵は私の最良の師だ。企業管理においては、才能を愛し重用した劉備のやり方を見習わなければならない。これによって、小が大を制し、弱が強に勝ち、成功を収めることができる。企業の競争力を高めるためには、三国志に出てくる複雑な状況への対処法を学ばなければならない。名君のように、外部に対しては寛大に接し、 [全文を読む]

中国で松下幸之助や稲盛和夫らの日本人の経営哲学が広く浸透

NEWSポストセブン / 2015年02月21日07時00分

1978年、トウ小平から「電子技術で中国の発展に協力してほしい」と要請を受けた松下幸之助は、多くの技術協力・支援、プラント輸出、現地製造会社設立を通して中国電子産業、家電業界の発展の礎を作った。その経営哲学は多くの中国企業の経営者に影響を及ぼし、ハイアールの張瑞敏CEOも幸之助の経営理念から大きな影響を受けたことはよく知られている。 現在、中国の書店では [全文を読む]

パナソニックチャイナのWEIBOアカウント「Panasonic松下中国」が熱い!~ファン5万人を突破

PR TIMES / 2013年03月21日16時43分

新製品紹介や生活豆知識、イベント情報などに加え、当社の強みである創業者・松下幸之助物語や幸之助の一言、経営理念、中国事業の歩みなどをわかりやすい表現で、毎日5本以上の情報を発信。 2012年8月に開設したWEIBOのパナソニック公式アカウント「Panasonic松下中国」は、現在はファン数5万人(2013年3月14日現在)を超え、その数は日々増え続けてい [全文を読む]

フォーカス