名言 松下幸之助に関するニュース

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

---------- データファイル▼ドナルド・トランプ 米大統領(雑誌掲載当時:トランプ・オーガナイゼーションCEO) 【名言】私は物事を大きく考えるのが好きだ(『トランプ自伝』より) 【総資産】4500億円(45億ドル)* 【年齢】70歳(1946年生まれ) 【出身地】ニューヨーク市クイーンズ 【父親】父・フレッドも不動産業を営む 【学歴】ペンシルベ [全文を読む]

経営のカリスマ・松下幸之助が語る「会社を大きくする人、潰す人」

まぐまぐニュース! / 2016年07月25日18時00分

カリスマ経営者と呼ばれる人は数多く存在しますが、最も多くの名言を残していると言っても過言ではないのがパナソニックの創業者・松下幸之助さんではないでしょうか。無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、松下氏が残した創業期のエピソードを取り上げ、彼が抱いていたある意味大変厳しい「企業経営の神髄」を紹介しています。 絶対に損をしてはいけない 本日は、松 [全文を読む]

松下幸之助の名言に学ぶ!「自分の仕事の価値」を正しく発見するヒント

BizLady / 2015年01月23日21時00分

自分がしている仕事は、本当に世の中に役に立っているのか? 本当に自分がやりたいことがやれているのだろうか? 働いていると、時にこういった疑問を持つこともあるだろう。とくに大きな会社や、職歴がまだまだ浅い場合、そういった疑問を持つことも多いだろう。 仕事上での自分の価値が見えない、わかりづらい、そしてやる気が出ない、という悩みは、古くから多くの人が持つ悩み、 [全文を読む]

偉くなった経営者こそ「叱ってくれる人」が必要な理由

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日09時00分

経営のカリスマとして名を残す松下幸之助さんの名言に、「叱ってくれる人、注意してくれる人を大切にせよ」という言葉があるそうです。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では、著者で現役コンサルタントの梅本泰則さんが、自身が関わってきた親子経営や兄弟経営企業の例をあげながら、「叱ってくれる人が必要な理由」をわかりやすく解説してい [全文を読む]

恋愛や仕事の人間関係がうまくいかない時、おまじないの3つの名言。

恋学 / 2016年07月02日07時00分

Photo by Pawel Maryanov,acworksWritten by 小泉恵未 [全文を読む]

日本を創った“荒ぶる男”たち<政財界編>「田中角栄・瀬島龍三 他」

アサ芸プラス / 2015年08月20日09時55分

「角栄の名言に『仕事をすれば批判や反対があって当然。何もやらなければ、叱る声も出ない。悪口が聞こえても、それは仕事をしている証拠』というのがありますが、彼の生き様はまさにこのセリフのとおり。こうと決めたら一気呵成にやる。それが信条だった」 代表的なものが、総理就任後、真っ先に手をつけた日中国交正常化交渉だった。「批判が出る前にやる。今を逃したらチャンスは来 [全文を読む]

経営戦略(左袒布略)編【第一回】先ず信より始めよ。信なくんば立たず/小笠原 昭治

INSIGHT NOW! / 2016年05月04日08時00分

1.マーケティングで最も重要なのは「顧客」というバイアスThere is only one valid definition of a business purpose: to create a customer.訳「ビジネスの目的で有効な定義は一つ:顧客を作ることである」というドラッガー教授の名言は、「古い」といったら叱られるでしょうか(笑)どうして古い [全文を読む]

目標は『テラマフィア』が世界を動かすこと 〜テラモーターズ徳重徹社長に聞く未来〜

Forbes JAPAN / 2016年03月23日10時31分

これは坂本龍馬の名言「世に生を得るは事を為すにあり」から。もう一つは、「世界でやる」。これはソニーやホンダから学んだことです。社会に出てからも、これらが原体験となっています。シリコンバレーの人たちを目の当たりにしたときや、アジア市場での戦っている今も、思いの蓄積が結果につながっています。谷本:幕末の志士や戦後の立ち上げに関わった方々はある意味で日本への危機 [全文を読む]

ホンダを世界企業に育てたヒューマニズムとロマンチシズム

まぐまぐニュース! / 2015年08月24日03時30分

アメリカの鋼鉄王アンドリュー・カーネギーの墓碑銘に「自分より賢い人間を自分の周りにおく方法を知っていた者ここに眠る」の名言があります。 本田さんは屈指の技術者です。技術では超一流でしたが、経営では全くオンチでした。オンチというより、興味がないということでしょう。そんな訳で、自分にない才能については藤沢さんにすべて委ねました。アンドリュー・カーネギーの「自 [全文を読む]

西城秀樹「自死も考えた…」脳梗塞後遺症との闘い3年間

WEB女性自身 / 2014年11月20日07時00分

松下幸之助さんや昔の偉人たちの名言を読んでいます」リハビリ生活を語るのは西城秀樹(59)。脳梗塞で最初に倒れたのが03年。このときは短期間の療養で復帰を果たした。しかし8年後の11年、再び病魔が彼を襲った。「再発は『寒暖の差が原因』だと言われましたが、『あれだけ注意していたのに、何で!?』とすごいショックでした。しかも、時間がたつにつれて右半身に後遺症が出 [全文を読む]

うちの社長にも読ませたい! 野球マンガ「キャプテン」に学ぶマネジメント論

AOLニュース / 2014年01月29日12時00分

では最後に、4代目キャプテン近藤の父による、松下幸之助クラスの超絶名言で本稿を締めくくりましょう。「自分が卒業したあと、どのようなチームをのこしたかによって、キャプテンとしての価値がはかられる」。うちの社長にも読ませたい! (稲田豊史) [全文を読む]

フォーカス