病気 痙攣に関するニュース

意識障害を伴う急性脳症の原因

イクシル / 2017年02月07日12時51分

(1)てんかん 発作を繰り返す脳の慢性的な病気で、年齢や性別、人種に関わらず発病します。遺伝性ではありません。てんかんにおける痙攣は、意識を失い、全身硬直に陥る強直発作や手足に痙攣が現れる間代発作(かんたいほっさ)があります。この他にもてんかんの発作は多様にあります。 (2)熱性痙攣 生後6カ月~6歳までに多く見られる痙攣で、感染症により発熱したことが原 [全文を読む]

子どもを襲う急性小児片麻痺という病

イクシル / 2017年03月10日18時00分

急性小児片麻痺という病気をご存知でしょうか。子どもが急な発熱や痙攣に見舞われ、身体の片側に麻痺が残る難病です。急性小児片麻痺を発症しやすい傾向はあるのでしょうか。専門家に聞いてみました。 急性小児片麻痺についての相談:「急性小児片麻痺を発症しやすい傾向について」 『急性小児片麻痺という病気は、発達や成長に何の問題もなかった子どもが発熱をきっかけに突然痙攣を [全文を読む]

赤ちゃんが呼吸困難になったときの原因と対処法

イクシル / 2016年11月29日14時45分

しかし、何らかの異常や病気が原因で起こるケースも多く注意が必要です。呼吸困難に気付いたら、その他の症状に目を向け、病気の疑いがあるかどうか確認しましょう。呼吸困難を引き起こす一つに、熱性痙攣があります。【熱性痙攣とは】熱性痙攣は生後6カ月~3歳までに初めて発症するケースが多く、小児の3%は熱性痙攣を起こすといわれています。<症状>・38度以上の発熱・嘔吐・ [全文を読む]

子どもの急性脳症の治療方法

イクシル / 2017年02月07日16時58分

急性脳症は、インフルエンザに感染した場合や低血糖症等により脳がむくんで痙攣や意識障害、発熱等の症状が起こる病気です。急性脳症は重症化すると死に至ることもある為、できるだけ早い段階で治療を開始する必要があります。今回は、急性脳症の治療方法について解説します。 急性脳症とは? 脳がむくみ、痙攣や意識障害等の症状が現れる病気です。急性脳症は痙攣や意識障害の他、発 [全文を読む]

東ちづる 首の筋肉が緊張し痙攣してしまう夫の難治病を告白

NEWSポストセブン / 2012年04月01日16時00分

首の筋肉が緊張してしまい、痙攣したり左右に傾いてしまう病気だった。 発見しにくい病気であるため、病名がはっきりするまで1年以上もの時間がかかったという。その間、いろいろな病院をふたりで回り続け、病名がわかってからも葛藤は続いた。 正式な病名を知ったのは、異変を感じてから1年半もたった2010年の夏ごろだった。堀川さんの主治医、東京女子医大神経内科の大澤美貴 [全文を読む]

急に子どもを襲う急性小児片麻痺の治療と予防する方法

イクシル / 2016年11月29日17時29分

てんかんや知的障害の後遺症を残す恐れのある子どもの病気が、急性小児片麻痺です。後遺症のリスクを低減させるためにも、早期に正しい治療を行う事や発症を予防する事が大切です。今回は、急性小児片麻痺の治療と予防方法について解説いたします。 急性小児片麻痺の治療には詳細な検査が必要 急性小児片麻痺には、発熱や痙攣を起こすタイプと、前触れなく急に左右どちらかの半身が麻 [全文を読む]

子どもが呼吸困難で病院へ…気になる費用

イクシル / 2016年11月29日14時46分

子どもの身体は十分に発達していないため、肺や呼吸器の疾患や病気が原因で呼吸困難に陥ることがあります。軽度であれば自然に回復しますが、治療が必要になると入院や薬物療法で費用がかさみます。ここでは、呼吸困難で治療を受ける際にかかる費用についてご説明します。子どもの呼吸困難を引き起こす疾患・病気子どもが呼吸困難になった時は慌てず対処することが大切です。子どもの呼 [全文を読む]

見逃しやすい体からの危険信号とは!?

GIGAMEN / 2015年07月04日21時30分

それらを早く発見して、病気の予防および早期治療を心掛けてください。 短時間の片頭痛 誰かがピンであなたの頭を刺したような、刺すような痛みが1-2秒ほど続く場合、通常だと問題はありませんが、その痛みが頻繁になったり、痛みが増すようであれば、医師の検診を受けることをお勧めします。心気症による頭痛の恐れがあります。 激しいしゃっくり しゃっくりは横隔膜が刺激され [全文を読む]

風邪でも誘引される子どもの難病、急性小児片麻痺の原因

イクシル / 2016年11月29日17時28分

そのため、病気の原因を知っておく事で予防に役立てられます。今回は、急性小児片麻痺の原因と診断方法について解説いたします。 急性小児片麻痺は症状の経過で原因が異なる 急性小児片麻痺とは、体の左右どちらか片側の筋力が急速に低下し、麻痺を起こす疾患です。6歳未満の子どもに稀に発症し、特に生後半年から4歳の脳が未熟な乳幼児は発症頻度が高まります。 急性小児麻痺の病 [全文を読む]

40代以上で発症率高い片側顔面痙攣に有効な根本治療法

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

「片側顔面痙攣は、命にかかわるものではありませんが、人と会いにくいなど精神的な負担が大きい病気です。40代以上での発症率が高く、また、高血圧や脂質異常の方に発症が多いので、動脈硬化も誘因の1つと考えられています」 治療は大きく分けて3つだが、日常生活にどの程度影響があるかにより、医師と相談の上選択する。生活で困らなければ治療しないこともある。 1つめは抗 [全文を読む]

眠ったように死んでしまう感染症「アフリカ睡眠病」について

nemgym(ネムジム) / 2016年09月04日22時00分

最近では「ジカ熱」という、蚊が媒介するウィルス性の感染症が世界的な問題になっていますが、虫に刺されるだけで死亡する危険性のある病気にかかってしまうなんて恐ろしいですよね。そんななかでジカ熱ほど有名ではありませんが、じつはアフリカ大陸では「アフリカ睡眠病」という病気が、何年も前から流行しているのです。これは、ハエに刺されるだけで昏睡状態に陥って、最悪の場合は [全文を読む]

インフルエンザの合併症に注意!インフルエンザ脳症とは

イクシル / 2015年09月28日15時33分

インフルエンザ脳症とはどんな病気なのでしょう インフルエンザ脳症と似たものに、インフルエンザ脳炎があります。これはインフルエンザのウイルスが脳にも侵入してしまって起こるものです。一方インフルエンザ脳症はインフルエンザウイルスをやっつけようとする働きをする、体内のサイトカインという数種類の物質が関係しています。インフルエンザウイルスからの攻撃でサイトカインが [全文を読む]

ストレスもないのにまぶたがピクつく…何が原因なのか?

オトコクラス / 2017年03月18日17時00分

何かの病気なのでしょうか? 30代男性からの相談:「自律神経の乱れ以外で目の端がピクピクすることはある?」 『 30代になってから出てきた症状なのですが、自分から見て右側の目の端がピクピクします。ずっとではないのですが、10分に1回、早かったら5分1回くらいのペースでピクピクします。気になったのでネットで調べたら、自律神経の乱れと書いてあったのですが、自分 [全文を読む]

夕方になると熱を出す子ども…様子を見るべき?

イクシル / 2017年02月05日11時00分

一緒に住む祖父母は少し高いだけでもすぐに病院へ連れて行くように言いますが、病院で病気をもらったりしないか心配です。病院へ行くべき目安を教えてください。(20代・女性)』 熱があっても元気なら様子見で大丈夫。こまめに水分補給して 熱が高くても元気で食欲があるなら、様子を見ていいようです。こまめに水分補給するよう心掛けましょう。 『確かに、病院に行ったために他 [全文を読む]

1歳以下の赤ちゃんに多い突発性発疹の治療について

イクシル / 2017年02月02日10時54分

突発性発疹とは?どんな症状が見られる? 突発性発疹は、大人の唾液に含まれているヒトヘルペスウイルス6型、ヒトヘルペスウイルス7型というウイルスが感染して起こる病気です。生後6カ月~1歳未満で起こることが多く、それまで病気らしい病気をして来なかった赤ちゃんには、生まれて初めての発熱経験になることも多いようです。 症状としては、突然の38度以上の高熱、熱が下 [全文を読む]

子どもに起こる脳炎の特徴

イクシル / 2017年04月28日07時59分

子どもに起こる脳炎は、死に至ることもある怖い病気です。脳の中でウイルスが炎症を起こしたり、脳自体が腫れることもあります。予防接種などで感染を予防し、重症化させないことが重要です。今回は、子どもに起こりやすい脳炎の種類や予防方法などを解説します。 脳炎とは 脳炎は、ウイルスや細菌に感染し病気になり重症化することで起こります。脳の中の圧力が高まることで、様々な [全文を読む]

授乳後の子供のしゃっくりを止める4つの方法

イクシル / 2015年06月22日18時00分

2~3時間、止まらないこともよくありますが、病気ではないので、あまり心配しなくてもよいでしょう。赤ちゃんのしゃっくりは大人に比べて、さほど苦しいものではないようです。(産科・婦人科看護師)』 『生後しばらく、赤ちゃんは母乳を飲む量を自分で調節できないため、必ずと言っていいほど飲みすぎてしまいます。また、飲み方も下手なので空気も一緒に飲んでしまい、お腹が膨れ [全文を読む]

便秘が原因で起こる子どもの痔の治療方法

イクシル / 2017年05月01日18時07分

子どもの便秘の原因 子どもは、次のような先天性の病気が原因で便秘になることがあります。 (1)ヒルシュスプルング病 直腸や肛門の神経節細胞が欠如しており、便秘や腸閉塞になる病気 (2)鎖肛 肛門が十分に開かず、スムーズに排便することができなくなる病気 体質や生活習慣が原因で起こる便秘を機能性便秘といい、次の3つに分類されます。 (1)弛緩性便秘:腸の働き [全文を読む]

小児麻痺とはどんな病気?症状や治療について知りたい

イクシル / 2017年03月11日11時00分

4歳児のパパからの相談:「小児麻痺で現在も麻痺が残っているが完治は可能?」 『小児麻痺という病気があることは知っていますが、何が原因で起こるのでしょうか?また病気になった場合の治療法についても知りたいです。知人の子どもが小児麻痺になり、現在も麻痺が残っている状況です。麻痺が残ってしまった場合はもう治療は無理なのか、少しでも麻痺状態を軽くできる治療法があれ [全文を読む]

子どものはしかの治療法

イクシル / 2017年02月06日19時24分

はしかは高熱や咳、発疹などの症状が現れる病気です。感染力が非常に強く、重症化すると命の危険に至ることもあります。今回は、はしかの治療法について解説します。 はしかとは? はしかは麻疹ウイルスが原因で起こる非常に強い感染力を持つ感染症です。潜伏期間は10?12日あり、発症すると発熱、咳、鼻水、流涙等の症状が初めに出ます。その後、全身に発疹が出現し、咳等の症状 [全文を読む]

フォーカス