朝井リョウ 著書に関するニュース

番組『SCHOOL OF LOCK!』と朝日新聞がコラボ!10代リスナーが創った「MIRAI新聞」、11月29日(金)発行!

PR TIMES / 2013年11月27日12時09分

~特別編集長は、直木賞作家の朝井リョウ~ TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』では、朝日新聞とのコラボレーションにより、10代リスナーが記者となってホンモノの新聞を創るスペシャル企画を、直木賞作家の朝井リョウを特別編集長に迎えて実施致しました。新聞のタイトルは、『MIRAI新聞』。朝日 [全文を読む]

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月03日06時30分

なるほど、もの書きってやっぱりそれだけ本が好きでやってるのね…と思いきや、『本なんて! 作家と本をめぐる52話』(芥川龍之介、朝井リョウ、浅田次郎ほか/キノブックス)によると、必ずしもそうではないようだ。本書は、芥川龍之介のような伝説的文豪から若き作家・朝井リョウまで、52人の作家たちの本に対する想いを綴るエッセイを集めた一冊である。 本書に登場する作家 [全文を読む]

「たくさん寝たかったので、会社を辞めました」 phaさんに聞くニートの睡眠事情

Fuminners / 2016年01月21日10時43分

ブログ:phaの日記●【朝井リョウさん】『幸福な方がよいものが書ける』直木賞作家の幸せを生む睡眠とは●6時間がベストって本当? 自分に合った睡眠時間とは [全文を読む]

見所もオチもなし?佐藤健の映画『何者』がまさかの”ジリ貧”なワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年10月23日10時05分

■旬のキャスト勢揃いも…低評価相次ぐスタート 同作は小説家・朝井リョウ(27)の直木賞受賞作の映画化作品。就職活動を目的に「就職対策本部」で集まる5人の若者たちの人間関係を描く。 出演キャストは佐藤、有村架純(23)、菅田将暉(23)、二階堂ふみ(22)、岡田将生(27)、山田孝之(32)など若手の実力派俳優・女優が勢揃い。公開前には、一部ファンの間で「 [全文を読む]

AKB48高橋みなみが語る、「リーダー」と「アイドル」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月08日17時30分

直木賞作家・朝井リョウが現代のアイドルをテーマに綴った長編小説『武道館』。そのリアルさは、「“なんでこんなに私たちの心の中が分かるの!?”って。衝撃でした」。人生の指針となる、大切な言葉を手に入れたそうだ。 「人生の分かれ道に立った時に何を選べばいいのか、何が幸せで何が正解なのかなんて、その瞬間は分からない。私自身、卒業するという選択をしたことは、今でも正 [全文を読む]

「それでも一緒に歩んでいく。だって、家族だから」ごく普通の家庭の生々しい現実を強烈にえぐり出した珠玉の連作集。窪美澄著『水やりはいつも深夜だけど』発売

PR TIMES / 2014年11月16日10時17分

――朝井リョウ(作家)璧に愛せないなら最初から愛さないほうがいい? そんなわけない、狭量でも自信がなくても家族を作っていいと思わせてくれた小説です。 ――山本文緒さん(作家)そうそう! 散らかった食卓で、深夜のリビングで、男も女も、人生の暗い淵を覗いては戻ってくる。とても他人事とは思えない。 ――小島慶子さん(タレント・エッセイスト)見知らぬ誰かの気持ち [全文を読む]

フォーカス