朝井リョウ 会社に関するニュース

【朝井リョウさん】『幸福な方がよいものが書ける』直木賞作家の幸せを生む睡眠とは

Fuminners / 2015年12月03日11時00分

デビュー作『桐島、部活やめるってよ』の映画化や、2013年『何者』での戦後最年少の直木賞受賞など、数々の話題を集める人気作家・朝井リョウさん。大学在学中、さらには就職してからの約3年間、学生・会社員という本業を持ちながら、作家としても活躍するという兼業生活を送ってきました。しかしこの2015年の春から、ついに作家活動に専念することに。とはいえ専業作家となっ [全文を読む]

朝井、会社やめるってよ! ウソでもギャグでもなく、朝井リョウが東宝を退職!

リテラ / 2015年04月22日13時00分

なんでも、作家の朝井リョウが、二足のわらじで勤務していた映画会社・東宝を辞めたというのだ。 朝井リョウといえば、こじらせ男子たちの、嫉妬と羨望の眼差しを一身に集めている作家。早稲田大学在学中の20歳のときに『桐島、部活やめるってよ』(集英社)で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。映画化された『桐島〜』はヒットし、アカデミー賞も受賞。そして、日本でいちばん有名 [全文を読む]

史上初の“平成生まれ”直木賞作家・朝井リョウ「小説を書き続けるのって、ボケ続けることなんです」

週プレNEWS / 2013年02月13日12時00分

23歳、戦後最年少の直木賞作家となった、朝井リョウ。受賞作『何者』は、大学在学中のデビューから着実に物語を書いてきた彼が“兼業作家”となって初めて世に問う勝負の一作だった。休日の彼を緊急直撃して聞いた、『何者』のこと、就活のこと、作家という人生のこと―。 ■アイツには絶対負けたくなかった ―直木賞受賞、おめでとうございます! 昔から、直木賞が目標だとおっし [全文を読む]

「たくさん寝たかったので、会社を辞めました」 phaさんに聞くニートの睡眠事情

Fuminners / 2016年01月21日10時43分

ブログ:phaの日記●【朝井リョウさん】『幸福な方がよいものが書ける』直木賞作家の幸せを生む睡眠とは●6時間がベストって本当? 自分に合った睡眠時間とは [全文を読む]

朝井リョウ氏 「次世代へバトンを渡す覚悟はできてます」

NEWSポストセブン / 2016年08月21日16時00分

就職活動を通して自分の“今”と向き合い、「何者」かを模索する5人の大学生を描いた『何者』(新潮社刊・ 朝井リョウ著)だ。 この作品で初めて平成生まれの直木賞作家として世間に名を轟かせた小説家・朝井リョウ。就職活動、兼業作家生活を経て、昨年の春に2年働いた会社・東宝を辞め、執筆活動に専念するようになった彼の“今”との向き合い方とは――。 小説家、朝井リョウ[全文を読む]

直木賞作家・朝井リョウ氏 専業作家にならず就職の理由語る

NEWSポストセブン / 2013年07月20日07時00分

SNS、就活、スクールカースト、いじめ……現代の若者を取り巻く問題を鋭く切り取った作品を世に送り出しているのが、史上初の平成生まれの直木賞作家・朝井リョウ氏(24)だ。大学生で華々しく文壇デビューしながら、周りの学生と同じように就活を経験。会社員との二足のわらじを履く異色の若手小説家は、若者たちが置かれた困難な状況をどのように変えていけばいいと考えているの [全文を読む]

朝井リョウが「兼業作家に戻りたい」発言! 古巣の東宝が絶好調で作家として成功の川村元気が羨ましくなった?

リテラ / 2016年10月31日12時00分

佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之といったオールスターキャストで映画化された朝井リョウ原作の『何者』。10月22日放送の『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)で、宇多丸も「こんな体の内側からヒクヒクくるぐらいきちゃったのは結構『クリード チャンプを継ぐ男』以来かもしれない」と絶賛するなど話題を呼んでいる。 [全文を読む]

朝井リョウ氏 ASAYANに出るギラギラした人達にスッキリした

NEWSポストセブン / 2015年06月07日07時01分

【著者に訊け】朝井リョウ/『武道館』/文藝春秋/1404円 【あらすじ】アイドルグループ『NEXT YOU』の目標は「武道館でコンサートをする」こと。そのひとり、オーディションで完全な素人からメンバーに選ばれた高校生の愛子は、ただ歌って踊ることが好きな子だった。それなのに――恋愛禁止を言い渡され、別のグループの握手会では事件が起き、ネットには匿名での悪口が [全文を読む]

作家より人工知能のほうがお得意? 朝井リョウが“外注したい”執筆作業とは

anan NEWS / 2016年05月24日20時00分

二人の価値観は隔たっていく――朝井リョウさんの新作『ままならないから私とあなた』の表題作は、二人の長い期間にわたる物語。珍しく純文学系の雑誌『文學界』に掲載されたものだ。 「ずっと新人類vs老害みたいな話を書きたいと思っていたんです。はじめは会社を舞台にして新入社員が古い慣例を打破していくエンターテインメント小説の予定だったんですが、それだと既視感があり [全文を読む]

【書評】直木賞作家・朝井リョウ新刊は女の本音を見事に描く

NEWSポストセブン / 2014年06月16日07時00分

【書評】『スペードの3』朝井リョウ/講談社/1620円 【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA) 著者は『桐島、部活やめるってよ』で2009年小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作は映画化され、映画も好評価を得ています。2013年『何者』で第148回直木賞を戦後最年少で受賞。そして本作『スペードの3』で、初めて社会人を主人公に描きます。 ミュー [全文を読む]

原作者なのに取材NG!? 映画『桐島、部活やめるってよ』のPRに作家・朝井リョウが協力できない理由

日刊サイゾー / 2012年08月22日08時00分

それは、一連のプロモーション活動に原作者の朝井リョウの姿をまったく見かけないことだ。朝井といえば、先の第147回直木賞にもノミネートされた若手有望作家で、最近の作家には珍しく、テレビや雑誌の取材などにも積極的に応じることで知られている。ところが、今回の映画がらみでは、小説の版元である集英社の文芸誌「小説すばる」に登場したくらいで、ほとんどメディアに露出し [全文を読む]

株式会社プレイフルマインドカンパニーが『チア男子!!』の パスケース/キーケースを新発売!

DreamNews / 2016年12月13日11時00分

・販売サイト:株式会社プレイフルマインドカンパニー http://karutassu.com/shopbrand/ct202/ 2016年7月~9月に放送されたTVアニメ「チア男子!!」(原作:朝井リョウ)よりパスケース、キーケースが登場!定期入れや鍵の整理などに活用できる便利なアイテム!! また、カードケース・ハンドミラー・アンブレラチャームの3アイテ [全文を読む]

森見登美彦、朝井リョウ…乃木坂46、文化系女子の顔【連載・乃木坂46の女子力】

Woman Insight / 2015年10月31日21時00分

【あわせて読みたい】 ※【独占インタビュー】乃木坂46・生駒里奈「グループと自分…今、そして未来のこと」 ※23歳を迎えた乃木坂46・松村沙友理「好きな男性は●●系の人」 ※【ドルオタ白書】恋人ナシでも貯金ナシでも、アイドルオタクをやめられない理由 ※押切もえ御用達!表参道の美容室「sui」のヘアケアが大評判の理由 [全文を読む]

刊行記念特別公開!『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ――「初めてのホームステイ」(1)

文春オンライン / 2017年06月30日17時00分

大好評発売中! 朝井リョウ最新エッセイ集『風と共にゆとりぬ』より、収録エッセイの一部を特別掲載。初めての異国の地でのホームステイ、中学生朝井を襲う数々の試練とは!? ◆◆◆ 初めてのホームステイ(1) 二十代も後半になると、友人の結婚、または出産と、退職、または転職が激増する。前者に関してはほぼ毎月のように結婚式に出席するような日々である。みんな「結婚式っ [全文を読む]

発売前先読み!『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ――「対決! レンタル彼氏」(3)

文春オンライン / 2017年06月28日17時00分

対決! レンタル彼氏(2)より続く 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2015 1位(エッセイ・ノンフィクション部門)! 『時をかけるゆとり』に続く朝井リョウエッセイ集、第2弾が6月30日に発売されます。刊行を記念して、本書の一部を特別公開。別人格になりきるために、その道のプロであるレンタル業者を利用することに決めた朝井さん。その覚悟の先に [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第5話 「浮かれすぎ」山下敦弘と「斜め上すぎ」山田孝之が、そろそろ怒られそう!

日刊サイゾー / 2017年02月06日23時30分

『また、同じ夢を見ていた』住野よる『夢幻花』東野圭吾『世界地図の下書き』朝井リョウ『浜村渚の計算ノート』青柳碧人 優等生まるだしな選択が「従来の芦田」「大人の芦田」っぽい。 買い物後、公園にて談笑する2人。「読んでいいですよ」「読み始めると止まらなくなっちゃうんで」「止められると不機嫌になりますか」「いや不機嫌にはならないけど、返事が全部『うん』になっちゃ [全文を読む]

オタクほどじゃないけど何かにハマる女子 その心理を「アイドル」から読み解く

ソーシャルトレンドニュース / 2016年07月07日19時02分

ちょっと前だと、ハロプロのJuice=Juiceが、アイドルをテーマにした朝井リョウさん原作の『武道館』という作品のドラマ化で、初主演を務めたんです。 Juice=Juiceって、デビュー当時からの圧倒的センターで、絶対エースなのが、宮本佳林ちゃんっていう子なんですよね。だけどキャストが発表された時、センター役が別の子になって……。そのセンター役に選ばれた [全文を読む]

<ニュースリリース> 一般社団法人「10000日記念日」設立のお知らせ

PR TIMES / 2016年05月18日16時09分

2016年に「10000日記念日」を迎えた(迎える)主な著名人(敬称略、順不同)人名 (ジャンル) 生年月日 10000日記念日佐藤かよ (モデル・タレント) 1988年12月26日生 2016年5月13日山田大記 (プロサッカー選手) 1988年12月27日生 2016年5月14日菊地舞美 (フリーキャスター) 1988年12月28日生 2016年5月1 [全文を読む]

AKB48高橋みなみが語る、「リーダー」と「アイドル」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月08日17時30分

直木賞作家・朝井リョウが現代のアイドルをテーマに綴った長編小説『武道館』。そのリアルさは、「“なんでこんなに私たちの心の中が分かるの!?”って。衝撃でした」。人生の指針となる、大切な言葉を手に入れたそうだ。 「人生の分かれ道に立った時に何を選べばいいのか、何が幸せで何が正解なのかなんて、その瞬間は分からない。私自身、卒業するという選択をしたことは、今でも正 [全文を読む]

今夏の読書はこれで決まり!リアルでユーモラス、なのにやさしくて哀しい。荻原浩の最新小説『金魚姫』いよいよ発売!

PR TIMES / 2015年08月03日17時47分

――朝井リョウ氏(作家) 他、書店員の方々からの推薦コメントは『金魚姫』特設サイト(http://www.kadokawa.co.jp/sp/kingyo/)で公開中です。 ■荻原浩著『金魚姫』書誌情報 装画:水口理恵子 装丁:鈴木久美 発売日:2015年7月31日 価格:本体1,700円+税 判型:四六判上製 ページ数:400ページ 発行:株式会社KA [全文を読む]

フォーカス