森博嗣 小説に関するニュース

僕は人工知能botです。話しかけて──業界初の「小説キャラAI」が誕生! 森博嗣×講談社タイガのAI研究の未来を描く「Wシリーズ」、AIをPR担当に抜擢!?

PR TIMES / 2016年10月17日10時23分

人工生命体が登場する森博嗣の話題作「Wシリーズ」の新刊キャンペーンで、PR担当として活躍します!キャンペーン概要:期間:2016年10月15日(土)~2016年11月15日(火)期間内はTwitter上で「犀川創平AI」と対話が可能です。毎日、犀川AIより出題される「問い」の議論、森博嗣作品の話、日常会話などを通じて、Wシリーズに登場する「人工生命体」を感 [全文を読む]

業界初! 小説のキャラクター「AI」と会話ができる!? 森博嗣「すべてがFになる」犀川創平のAI bot誕生

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日15時00分

第1回メフィスト賞を受賞したミステリー作家・森博嗣の最新作『デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?』が2016年10月20日(木)に発売される。そして今回、同書のPR担当に抜擢されたのが、なんと同氏のデビュー作『すべてがFになる』の主人公「犀川創平」のAI(人工知能)だ。 森が描き続けている「Wシリーズ」の最新作『デ [全文を読む]

講談社タイガ『期間限定創刊試し読み冊子』を店頭無料配布! Amazonでも電子版を配布開始

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

森博嗣、西尾維新、野崎まど、野村美月、綾崎隼、山田正紀、天野頌子、似鳥鶏など、多くのファンに支持される執筆陣の作品の一部を期間限定で試し読みしよう! ■講談社タイガ『期間限定創刊試し読み冊子』 著者:森博嗣、西尾維新、野崎まど 他 配信開始日:2015年9月11日(金) 価格:0円 出版社:講談社 ■「講談社タイガ」 A6判型・全点新作 2015年10月2 [全文を読む]

小説偏愛者のみなさんへ 講談社より、新小説レーベル『講談社タイガ』、本日刊行!

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

<執筆予定者> 相沢沙呼/アイダサキ/青崎有吾/青柳碧人/秋田禎信/浅井ラボ/あざの耕平/雨木シュウスケ/天祢涼/天野頌子/彩坂美月/綾崎隼/石川宏千花/一穂ミチ/大沼紀子/荻原規子/恩田陸/上遠野浩平/北山猛邦/京極夏彦/紅玉いづき/最果タヒ/榊一郎/三田誠/篠田真由美/周木律/白河三兎/城平京/須賀しのぶ/杉井光/高里椎奈/凪良ゆう/七尾与史/西尾維 [全文を読む]

すべての小説を愛する人たちへ 新小説レーベル「講談社タイガ」創刊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月27日17時30分

相沢沙呼 アイダサキ 青崎有吾 青柳碧人 秋田禎信 浅井ラボ あざの耕平 雨木シュウスケ 天祢涼 天野頌子 彩坂美月 綾崎隼 大沼紀子 荻原規子 恩田陸 上遠野浩平 北山猛邦 京極夏彦 紅玉いづき 最果タヒ 榊一郎 三田誠 篠田真由美 周木律 白河三兎 城平京 須賀しのぶ 杉井光 高里椎奈 七尾与史 西尾維新 西澤保彦 似鳥鶏 二宮敦人 野崎まど 野村美 [全文を読む]

『〆切本』(左右社) ブックレビューvol.13/竹林 篤実

INSIGHT NOW! / 2016年09月20日07時00分

さらに異色の作家(なぜ、こう呼ぶのかは、ぜひ『作家の収支』をお読みいただきたい)森博嗣先生は「何故、締切にルーズなのか」と題して、極めて合理的な提案をされている。すなわち「締切に間に合ったら、一割多く原稿料を払う、遅れたら、原稿料を減額する、という契約にしたらどうですか?」(同書、P273)。もちろん、森先生は締切を必ず守る。また「寺田寅彦は、原稿を頼まれ [全文を読む]

藤子不二雄Aから村上春樹、西加奈子まで!総勢90人の作家の素顔が垣間みられる“しめきり症例集”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月20日06時30分

しかし、一方で、北杜夫、森博嗣など、〆切をしっかりと守ることができる作家だっていることを忘れてはならない。〆切を守れる作家たちのエッセイは、背筋が伸びるような心持ちがする。依頼されたものを期限内に提出することは至極当然のこと。期限に遅れる方に問題があるのだ。だが、〆切遵守派の作家たちには、彼らなりの悩みがあるらしい。たとえば、吉村昭は酒が入った編集者に「 [全文を読む]

総収入15億円の作家が仕事と報酬の内訳を明かした貴重な一冊

NEWSポストセブン / 2016年01月31日16時00分

【書籍紹介】『作家の収支』森博嗣著/幻冬舎新書/821円 1996年、38才の時に『すべてがFになる』で作家デビューした著者は、約20年で280冊の本を出し15億円の総収入を得た。 その内訳を、小説は原稿用紙1枚で4000~6000円、単行本の印税は定価の10~12%、印税は本が売れなくても印刷した時点で収入になる、講演会は1時間あたり40万円、ドラマの著 [全文を読む]

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』WEB最速配信&オーディオドラマ『四季』配信開始!

PR TIMES / 2015年10月09日13時27分

国内最大級アニメ見放題サービス「dアニメストア」 (https://anime.dmkt-sp.jp/)で、2015年秋アニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』をWEB最速で配信いたします!!更に、登場キャラクター・真賀田四季の生い立ちのエピソードが描かれたオーディオドラマ『四季』も「dアニメストア」限定配信!! シリーズ累計発行 [全文を読む]

KANA-BOONとシナリオアートが、アニメ企画でスプリットシングルをリリース&スペシャルライヴも!

okmusic UP's / 2015年09月03日18時30分

【その他の画像】KANA-BOON“理系ミステリィ”という新たなジャンルを確立し、多くのミステリィ小説ファンを魅了し続けている森博嗣のデビュー作にして、シリーズ累計発行部数390万部を誇る名作『すべてがFになる』。アニメは、さらにキャラクタードラマ要素を色濃く滲ませたオリジナルのストーリィで構成されており、キャラクター原案には『ソラニン』や『おやすみプンプ [全文を読む]

「FよりNのほうが面白い」って?“タイトルかぶった”武井咲&綾野剛主演『すべてがFになる』が前途多難

日刊サイゾー / 2014年10月22日20時30分

原作は、森博嗣氏が1996年に発表した大人気小説シリーズ。これまで、漫画化とゲーム化がされており、ドラマ化はこれが初。女子大生の萌絵(武井)と、准教授の創平(綾野)が、原則2話完結で事件を追っていく。脇役に小澤征悦、早見あかり、吉田鋼太郎ほか。 主演ドラマは数あれど、視聴率に恵まれないことで知られる武井。今年主演を務めた『ゼロの真実~監察医・松本真央~』 [全文を読む]

安価な現実と高価な仮想現実(メカAG)

ガジェット通信 / 2014年04月26日18時00分

* * * 森博嗣の小説「有限と微小のパン」でこんなことが語られている。コンピュータグラフィックスを駆使した仮想現実よりも、人間の役者を使ったほうが低コストだしリアルだと。この作品が出たのは2001年ですな。 「有限と微小のパン (講談社文庫)」 森 博嗣(著) 『Amazon』 http://www.amazon.co.jp/dp/4062732947 [全文を読む]

フォーカス