細木数子 島倉千代子に関するニュース

島倉千代子「細木数子に搾取された“16億円返済”の地獄半生」

アサ芸プラス / 2013年11月26日10時00分

すぐにベテラン記者からは、細木数子(75)の名が指摘されていた。一方、著書では細木の“ほ”の字も出てきませんでしたが、それは細木を恐れていたからでは‥‥」 島倉と細木の関係は、77年に始まる。総額16億円と言われる負債を抱えた島倉の後見人に細木の内縁の夫がなったのである。 当時を知る、歌謡界のOBが明かす。 「ヤクザが大勢、取り立てに来た恐ろしい現場を盾に [全文を読む]

細木数子の衝撃激ヤセは、「島倉千代子さんを地獄に落としたつけが回った」!?

サイゾーウーマン / 2013年11月15日13時00分

2008年からテレビ出演をしていない細木数子だが、最近になってメディアで取り上げられる機会が増えている。先日死去した島倉千代子さんにまつわる“いわくつきの人物”として名前が取り沙汰されているのだ。 細木は08年に「休養したい」「身辺整理のため」と、レギュラー番組をすべて降板。同時期には、暴力団への関与が疑われる報道も相次いだが、真相は不明のままだった。今年 [全文を読む]

故・島倉千代子さんに合掌──細木数子に“地獄を見せられた”波乱の人生に幕

日刊サイゾー / 2013年11月11日19時00分

島倉さんといえば、決して忘れられないのは、細木数子女史が絡んだ愛人の借金問題だ。ヒット曲を次々に飛ばして大スターだった島倉さんは、1961年にファンが投げたテープが目に当たって失明寸前に陥った。島倉さんの目を救ったのは当時、五反田で眼科医を開業していたM医師だった。失明の危機を救ってくれたM医師は島倉さんにとっては“命の恩人”。ところが、その感情がいつの [全文を読む]

細木数子、神楽坂に豪邸建設報道――女性週刊誌の“占い師批判”が意味するコト

サイゾーウーマン / 2014年06月17日13時00分

2008年のテレビ出演休止宣言後、13年の年明けに『有田とマツコと男と女』(TBS系)のスペシャルで一度だけテレビ出演をした以外、公の場に姿を見せることのない細木数子。そんな彼女に、17日発売の「女性自身」(光文社)が集中砲火を浴びせている。現在、細木が東京・神楽坂に建築中という物件を「“大殺界”御殿」と称し、近隣住民の「街の景観が壊れてしまう」といった完 [全文を読む]

【ウラ芸能】細木数子、激ヤセのワケ

NewsCafe / 2013年11月24日15時00分

記者「先日亡くなった歌手、島倉千代子さん(享年75)に関係した人間がいろいろ登場しましたが、中でも衝撃を受けたのは占い師、細木数子(75)でしたね」デスク「昔、島倉さんの後見人みたいなことをやってたんだよね。で、どうしたっての?」記者「この数年はテレビからも消えましたが、今回久々に登場し、その激ヤセぶりが驚かれています。はバチが当たったんじゃないかって」デ [全文を読む]

フォーカス