広島 東映に関するニュース

【プロ野球】《“外野手のドラ1”を振り返る》抜群の成功率!? 「外野手」として指名された歴代ドラ1たち

デイリーニュースオンライン / 2016年10月12日17時05分

★は現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“外野手ドラ1”の通算成績 【1965年】 長池徳二(法政大→阪急) 1449試合:打率.285/338本塁打/969打点/98盗塁 【1966年・第2次】 伊熊博一(中京商高→中日) 43試合:打率.119/0本塁打/0打点/0盗塁 【1967年】 高田繁(明治大→巨人) [全文を読む]

アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」が今度は広島に!7月15日(土)から、広島県立美術館にて開催!

PR TIMES / 2017年05月16日12時00分

2017年5月15日(月)から前売り券を販売中!数多くのアカデミー賞(R)を獲得してきた英国アードマン・アニメーションズが設立から40周年を迎えることを記念した「ひつじのショーン展」が、2017年7月15日(土)から2017年8月27日(日)、広島県立美術館にて開催されます。[画像1: https://prtimes.jp/i/14654/63/resiz [全文を読む]

広島カープ・黒田が「SSK」の野球用具を使い続けた“男気”理由とは?

アサ芸プラス / 2016年11月04日09時59分

北海道日本ハムが広島カープを4勝2敗で下し、10年ぶり3度目(東映時代含む)の栄冠を手にした、今シーズンのプロ野球日本シリーズ。広島・黒田博樹は第7戦の先発が予定されていたが、6戦目で決着がついたため、第3戦での敵地である札幌ドームでの先発登板が現役最後のマウンドとなった。 広島の敗退が決まった直後、黒田はこのように語った。「(終わった)実感がない。それが [全文を読む]

『仁義なき戦い』の名優、成田三樹夫が鮮烈に蘇る!ハードコアチョコレートからコラボTシャツを販売開始

@Press / 2016年08月15日09時30分

1960年から1963年までの広島を舞台に、ヤクザ同士の血みどろの抗争を描いています。村岡組の跡目を巡る山守と打本の醜い争いは、やがてそれは若い命を犠牲にしながら関西全土を巻き込んだ大きなものとなります。『ハードコアチョコレート×「仁義なき戦い」』コラボレーションシリーズは、2000年代に誕生して以来、Tシャツというフィールドで新たな作品の魅力を引き出し、 [全文を読む]

東映ヤクザ映画の不朽の名作『仁義なき戦い 頂上作戦』の東映コラボシリーズTシャツ新発売

@Press / 2016年04月07日15時00分

広島は、西日本の広域暴力団・明石組と神和会の代理戦争の舞台と化した。明石組系の広能(菅原文太)や打本(加藤武)と神和会系の山守義雄(金子信雄)らとの対立がエスカレート。警察は暴力団撲滅運動に乗り出し「頂上作戦」を決行する。本シリーズ最大の盛り上がりを示しながら、血みどろの抗争の果て、ヤクザ世界に空しさを覚えていく広能たちの諦念なども巧みに描かれる。フロント [全文を読む]

東映ヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い 代理戦争』菅原文太の隠れた痛快娯楽大作『バカ政ホラ政トッパ政』の2作品の東映コラボシリーズTシャツ発売

@Press / 2016年03月15日18時00分

今回は昭和35年から38年までの広島を舞台に、ヤクザ同士の血みどろの抗争を描いていく。村岡組の跡目を巡る山守と打本の醜い争い。やがてそれは関西全土を巻き込んだ大きなものとなっていく。その狭間で犠牲になるのは若い命。ハードコアチョコレート×仁義なき戦いコラボレーションシリーズ通算3作目となる本Tシャツは、今回もインパクト抜群のバックプリントで文太が吠える。< [全文を読む]

【書評】ゴジラに込められた「殺される無念」と「殺す快感」

NEWSポストセブン / 2014年12月22日16時00分

戦前、本多は東宝の前身に入社後、都合3回召集され、8年余り一般兵として中国戦線を戦い(それもあって監督昇進が遅れた)、引き揚げの途中、広島を通過したときには「草木も生えない世界」への恐怖を感じた。 だが、著者は、本多の『ゴジラ』は単純な反戦映画ではないと解釈する。そこではサディスティックなほど執拗に日本人がゴジラに踏み潰されるゆえ、一種のカタルシスが生まれ [全文を読む]

早世のマドンナたち① 田中好子(2)

アサ芸プラス / 2012年06月29日11時00分

「スーさんについてお話があります」 それは74年の夏、広島にあった「ナタリー」という海沿いの遊園地でのこと。キャンディーズは同園のCMに出た関係で、月に2回はプールサイドでショーを開いた。そのステージが終わった後、下を向いて泣きじゃくるスーの横で、ランが篠崎に訴えたのだ。 「スーさんが『全員集合』には出たくないって言ってます」 理由を聞くと、名物だった体 [全文を読む]

フォーカス