名言 野村克也に関するニュース

「修造カレンダー」バカ売れで出版界が狙うあのジャニーズの“名言”カレンダー

アサ芸プラス / 2015年02月15日09時59分

松岡修造の名言をまとめた日めくりカレンダー「まいにち、修造!」(PHP研究所)の勢いが止まらない。出版関係者が話す。 「すでに14刷りに達したそうです。昨年の9月に発売された当初は、これほど売れるとは誰も想像していなかったと思いますよ。日めくりカレンダーといっても365日分あるわけではなく、31日分を毎月繰り返してめくるタイプですからね。それがこの出版不況 [全文を読む]

【プロ野球】人間性は違えども…。今もっとも旬な“お騒がせ男”トランプ大統領を彷彿させる名監督はこの2人!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日16時05分

そのなかには、「マー君、神の子、不思議な子」など、後世にまで伝わる名言も多々あった。 もっともインパクトがあるメッセージを発信する指導者という意味では、トランプ氏の思いと重ね合わせることもできよう。 ■2人とも球史に名を刻む名監督だった トランプ大統領と2人の名監督を対比して見てきたが、トランプ氏はまだ道半ば。今後、世界に与える影響が吉と出るか、凶と出るか [全文を読む]

野村克也氏「プロ野球レベル低下はキャッチャー不在が原因」

NEWSポストセブン / 2016年10月30日07時00分

映画界にはこんな名言があるという。「いい脚本からダメな映画が生まれることはあっても、ダメな脚本からいい映画が生まれることは絶対にない」 野球も同じだ。キャッチャーが良い脚本を書けなければ、名勝負という良い“作品”は生まれない。たとえ大谷翔平という“名優”がいても、活かすことはできない。プロ野球のレベルが下がっているのも無理はないというわけだ。 かつては森 [全文を読む]

テリー伊藤対談「野村克也」(2)マー君のメジャー流出についてどう思う?

アサ芸プラス / 2014年01月08日09時57分

それは「鈍感である」という、まさに名言だと思うんです。野球選手は鈍感な人が多いですから。中学、高校、大学とね、アマチュア時代、お山の大将でやってきてるでしょう。そういう下積みとか、苦労がないから、どうしても感性が鈍くなるというか、育たないと思うんですよ。やっぱり、若いうちの苦労は買ってでもしろと昔の人から、我々もよく言われましたけど、まさにそうだと思います [全文を読む]

「ビッグワード」を多用する人が隠す理解不足 それっぽいけど伝わらないのにはワケがある

東洋経済オンライン / 2017年04月12日10時00分

プロ野球の野村克也元監督の名言としてご存じの方も多いでしょう。資料作成がうまくいかないのには理由があります。何が原因で失敗するのかというNGのやり方や、できる人が絶対にやらないことを知って意識することで、より効果的に勝てる資料が作れるようになります。私は外資系コンサルティング会社で、コンサルタントとしてさまざまなお客様企業のプロジェクトで資料を作り、プロジ [全文を読む]

フォーカス