野村克也 id野球に関するニュース

名将対決に舌禍事件。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編1」

週プレNEWS / 2016年10月27日06時00分

1990年からヤクルトの監督に就任した野村克也は、データを駆使した「ID野球」を掲げて弱小チームの底上げに着手。92年に大混戦のセ・リーグを制して、日本シリーズで王者・西武に挑戦した。 ベテラン杉浦亨(とおる)の代打サヨナラ満塁ホームランや岡林洋一の熱投もあり、第7戦までもつれたものの惜敗。この敗戦で味わった悔しさをもって、翌93年のシリーズに再び挑んだ [全文を読む]

野村克也 「入院20キロ激やせ&大手術」の深刻病状!(3)激ヤセ姿で一度だけ“外出”

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時56分

そして20キロ近くも体重を落としたことについては、 「食事を取れないからです。おなかの血管がやられているので、食べ物を吸収できない。つまり、口からものを食べられない。手術のために食事を抜き、栄養分は静脈注射で補給します。だからヤセますよ」(田村名誉教授) 実は野村氏、一時退院して自宅療養中に、一度だけ外出しているという。 「激ヤセした姿を見せたくないはずな [全文を読む]

野村克也氏 待望の最新刊『執着心~勝負を決めた一球』をPHP新書より刊行

PR TIMES / 2013年01月17日15時22分

待球、ギャンブル作戦、信頼を伝える一言・・・・・・真のプロなら、ここまでやれ株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年1月17日、野村克也氏の最新刊『執着心~勝負を決めた一球』を、PHP新書から刊行しました。「感情を排した機械的な野球」と思われがちな野村ID野球。しかし、野村氏は、その前提となるものは、あくまでも「勝利への執 [全文を読む]

ID野球、ここに極まる!スマート野球ボール『Strike』

FUTURUS / 2017年01月13日11時11分

■ 投球データを解析するボール 野村克也氏がストライクゾーンを9分割したデータ野球を導入してから、この競技は急激に高度化した。 現代野球は、物理学の世界である。ピッチャーの投球は速度、角度、回転数、ストライクゾーンを理想の位置に持っていかなければならない。だが、それらを目に見える数字として算出してくれる装置は存在するのだろうか? ないことはない。だが、そ [全文を読む]

表紙・インタビューは野村克也氏!アスリートを支えるスポーツ栄養情報誌『スポーティーライフ』2016年冬号を発刊

@Press / 2016年01月19日11時00分

今号の表紙は、名将・野村克也氏。巻頭インタビューでは、今だから言える南海入団のマル秘エピソードや、野球界に革命を起こした「ID野球」「投手分業制」の誕生秘話、野村氏が持つ指導論、対戦・指導した中で記憶に残る選手たちなどを語っていただきました。 http://sportylife.jp/ ■スポーツ栄養の実践型情報誌『スポーティーライフ』について 『スポー [全文を読む]

野村克也氏 「勝利の方程式」という言葉が一番気に入らぬ理由

NEWSポストセブン / 2016年01月02日07時00分

「ID野球」で知られる野村克也氏は、南海の選手兼任監督を経て、弱小球団だったヤクルトを日本一に導き、その後も阪神、楽天の監督を務めあげ「智将」と称された。そんな野村氏は、今の監督たちには欠けていることがあると指摘する。野村氏が語る。 * * * 「監督にはコーチ経験を経てから就任したほうがいいのか」と聞かれることがある。可能ならば経験したほうがいいだろう。 [全文を読む]

2軍でも名将だったヤクルト・真中監督の“ゆとり世代”掌握術

週プレNEWS / 2015年10月14日08時30分

93年、95年、97年(いずれも野村克也監督)、01年(若松勉[つとむ]監督)と4度のリーグ優勝を経験しているとはいえ、古田敦也(あつや)、宮本慎也のように全国区のスター選手だったというわけでもない。 そんな男に、なぜ一軍監督の大役が巡ってきたのか? 「確かに、『真中で大丈夫なのか?』という声は球団内にもありました」 こう語るのは、ヤクルト球団関係者である [全文を読む]

江本孟紀氏 巨人のV9阻むべく野村克也氏のもと高度なID野球

NEWSポストセブン / 2015年03月03日16時00分

その南海・野村克也選手兼任監督のもとで巨人と対峙したのが、エースだった野球評論家の江本孟紀氏である。経験や勘に頼らず、データを駆使して科学的に野球に取り組む野村氏のもと、当時、南海が取り組んでいた情報野球について江本氏が振り返った。 * * * シーズン中の南海は徹底的な情報・諜報戦を駆使していました。当時のパ・リーグは「サイン盗み合戦」の時代でしたからね [全文を読む]

桐光松井攻略したデータ野球 プロ出身監督ならさらに隆盛へ

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時00分

プロ野球界随一のID野球を標榜する野村克也氏は、「ID野球こそ弱者の兵法」と言っている。引退したプロ野球選手が地元に帰り、母校の公立高校をID野球で鍛え上げて甲子園に出てくる……そんなロマンを私は期待する。 [全文を読む]

野村克也氏 初めての電子限定書籍を書き下ろし! 電子書籍出版を記念して、7月24日にクリーク・アンド・リバー社にて講演会を開催

PR TIMES / 2013年07月08日14時09分

クリーク・アンド・リバー社と、株式会社バレーフィールドは、この度、野村克也氏の初の電子限定書籍「凡人を達人に変える77の心得」を7月17日に刊行することを決定しました。本作品の制作業務をクリーク・アンド・リバー社が行ない、出版はバレーフィールドが行います。 「仕事の基礎力」をつけるための正しい努力、「飛躍的な成長」を実現する考え方、リーダーが備えるべき10 [全文を読む]

プロ野球コーチ人事「指導力より人脈で決まる」と広澤克実氏

NEWSポストセブン / 2012年11月17日07時00分

楽天・星野仙一監督と野村克也氏は、その領袖としてつとに知られる。 「中日監督時代の星野さんは、中日OBの島野育夫氏(故人)を参謀にして、母校である明大の大先輩・岡田英津也氏をはじめ、加藤安雄氏、高橋三千丈氏ら明大の後輩で周りを固めました。阪神に行ってからも明大OBの平田勝男氏らを可愛がっていた」(スポーツ紙デスク) ヤクルトを率いて日本一を3度達成した野村 [全文を読む]

プロ野球甦る名将伝説

アサ芸プラス / 2012年02月04日10時59分

それは野村克也監督である。90年から98年の9年間でリーグ優勝4回、日本一3回。データ重視の「ID野球」は今日のプロ野球界に多大な影響を残したが、その初陣は奇襲戦法だった。90年4月7日、野村監督は看板選手だった池山隆寛を8番に下げ、開幕投手にプロ4年目の技巧派右腕・内藤尚行を送った。その内藤が、内幕をこう証言する。 「開幕投手の大役を告げられたのは、1週 [全文を読む]

「人気がないから話題にもならん」 人生は紙一重!? 野村元監督が名捕手から名監督になるまで

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月25日11時00分

そんな時節に、その知性とユーモアあふれる「ボヤキ節」がいつもニュースになる野村克也氏が『野村の遺言』(小学館)を出版。連日、メディアが列をつくって取材に訪れた野村氏に、インタビューをさせてもらった。■キャッチャーは脚本家。アクターの選手をどう動かすかを決める 同書ではじめに、野村氏は憂える。プロ野球のレベルは低下しているのではないか――。近ごろ、私はそう思 [全文を読む]

企業情報化の「理」[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2016年03月28日10時31分

プロ野球・ヤクルトの監督時代に、「データ重視の野球=ID野球」を掲げてペナントを制し、西武とのシリーズで日本一に輝いた野村克也氏が、後日、テレビの番組に出演したとき、語った言葉が、心に残っている。「監督、ヤクルト優勝の勝因は?」インタビュアーから、そう聞かれ、野村監督は、こう答えた。「いま、野球が荒れとるんですよ。野球には『理』(ことわり)というものがある [全文を読む]

引退後も重要な戦力! プロ野球の海外スカウトは懐かし助っ人のオンパレード

しらべぇ / 2015年05月05日11時00分

メジャー時代に頭脳プレーや小技を得意としたブレイザーは、南海移籍後に当時チームメートであった野村克也に“考える野球”を伝え、野村氏も「自分のID野球の原点はブレイザーにある」と語るほど。球団名は代われど南海の血がいまだソフトバンクに残っていることは野球ファンとしてもうれしくなる。 ちなみに南海在籍経験のある最後の選手で「福岡の宅麻伸」と一部で呼ばれた大道 [全文を読む]

野球好きの上司と話を合わせる“ツボ”教えます!

週プレNEWS / 2014年04月04日11時00分

多くの管理職が師と仰ぐのは、ヤクルトで「ID野球」を広めた野村克也、そして常勝・西武を築いた森祇晶(前任の広岡達朗の管理野球に心酔する人も多いので要注意)だろう。また、イチローを登用し「日替わりオーダー」でオリックスを活性化させた仰木彬、存在するだけでカリスマ性を発揮した巨人・長嶋茂雄……。以上の監督と、上司の言動に重なる部分があったら、それは影響を受けた [全文を読む]

1990年代黄金期のヤクルト 古田の控えに優れた二番手の存在

NEWSポストセブン / 2013年03月04日16時00分

当時は“ID野球の申し子”として野村克也監督が古田を使い続けたこともあり、野口は長く控えに回ることになりました」 1994年のこと。シーズン途中、古田がケガで長期間欠場し、出番が回ってきた。スタメン起用では何度か猛打賞をマーク。一軍でやれることを証明したが、古田が戻るとまた控えとなった。 「そこから彼の苦悩が始まりました。自信がついただけに、試合に出たくて [全文を読む]

若きイチロー 野村ID野球に必要以上に取り込まれて精彩欠く

NEWSポストセブン / 2013年01月11日16時00分

対する相手は、ID野球を標榜する野村克也監督率いるヤクルトである。 野村監督がシリーズのカギに挙げたのがイチローの封じ込め。戦前から「アイツの弱点は高めの直球」とマスコミに触れ回っていた。 迎えた第1戦、1回裏のオリックスの攻撃。先発のブロスがイチローに投じた第1球は高めの直球だった。 「いきなりキッチリ投げ込んでくるか」 それはイチローが、野村監督の策 [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第3回 谷繁元信と権藤博の「一意奮闘」(3)

アサ芸プラス / 2012年09月19日10時59分

こうした選手の自立性に任せた“采配”を公然と批判したのは、当時、阪神の監督だった野村克也だった。「バントをしない」「ミーティングはしない」「夜間練習はしない」という権藤流の野球について、厳しく批判していたことがある。 だが、横浜で優勝した98年の暮れ、外国人記者クラブに招かれた講演で、記者の質問にこう答えている。 「ID野球かどうかわかりませんが、来年、 [全文を読む]

フォーカス