舞台 近松門左衛門に関するニュース

早見あかり、着物をはだけさせ木に縛りつけられ... 時代劇でワケあり遊女を熱演!!

メンズサイゾー / 2016年01月22日22時10分

すでに連続ドラマの主演も果たしていますし、今年はスウェーデンの劇作家・ストリンドベリの戯曲をもとにした舞台『夢の劇-ドリーム・プレイ-』で本格的な舞台に挑戦する。この作品は、地球に降り立った神の娘・アグネスが、人間との暮らしを体験してふたたび神の世界へ戻っていくというもので、早見さんはそのアグネス役を務めます。 19日に行われた制作発表では、『すごく不安 [全文を読む]

「フラメンコ 曽根崎心中」4月2日より開幕!~ 新たな書き下ろし曲を加え、進化した舞台を披露 ~

@Press / 2014年03月14日10時30分

公演名称 :フラメンコ 曽根崎心中原作 :近松門左衛門プロデュース・作詞:阿木燿子音楽監督・作曲 :宇崎竜童主演 :鍵田真由美主演・演出・振付 :佐藤浩希カンテ(歌) :三浦祐太朗(徳兵衛) 三原ミユキ(お初) 野本有流(九平次)バンド :横田明紀男(Fried Pride/Gt) 鈴木尚(Gt) 斎藤誠(Gt) 大儀見元(Per) 北島直樹(Pf) 木村 [全文を読む]

観月ありさが舞台「GS近松商店」の製作発表に登場!

Smartザテレビジョン / 2015年08月20日20時25分

9月27日(日)より大阪・新歌舞伎座で上演される舞台「GS近松商店」の製作発表が行われ、出演する観月ありさ、渡部豪太と作・演出の鄭義信(チョン・ウィシン)が登壇した。「GS近松商店」は近松門左衛門の「女殺油地獄」と「曽根崎心中」をモチーフに設定を現代の関西地方の片田舎、寂れたガソリンスタンドに置き換えた“愛憎劇”。このガソリンスタンド「近松商店」を切り盛り [全文を読む]

「若者よ、猛省しなさい!」と『家族という病』著者。日本人は衰えて消滅に向かっている?

週プレNEWS / 2017年02月26日11時00分

舞台などを観に行っても、最後に必ず拍手をするじゃないですか。「なんで?」と思うことがあって。海外だったら、ダメなものにはブーイングが起こるわけで、観客が態度で評価を伝えるというものもあると思うんですが。 下重 批判精神があるかどうかも、若者か若者でないかの境目なんですよ。それがない人は若者じゃない。批判できる勇気を持てる人が若者なんです。 ―勇気もそう [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

それは、かの田宮二郎の遺作となった『白い巨塔』の時代からそうで、同ドラマは大学病院を舞台にしながら、そこに描かれたのは医者という“人間”だった。主人公も医療ミスをするし、人間的な弱さもある。その意味で、同じく医療ドラマの初回にキムタクに失敗させた橋部敦子サンの脚本は見事だったし、それを受け入れたキムタクも素晴らしかった。 僕は、キムタクドラマが成功する鍵は [全文を読む]

三浦しをん、桜庭一樹、いとうせいこう ほか人気作家競演! 演劇ファンも必読の舞台の古典新訳巻が発売! 刊行記念トークイベントも開催。

PR TIMES / 2016年11月02日10時24分

第10巻『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』(岡田利規/伊藤比呂美/いとうせいこう/桜庭一樹/三浦しをん/いしいしんじ/松井今朝子訳)には、本全集最多7人の豪華作家による舞台・芸能の名作の古典新訳が収録されている。 12月7日には、本巻刊行を記念して、編者の池澤氏を迎えて、舞台の古典を翻訳すること、その面 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中村七之助「公開処刑はやめて!」深津絵里らの賛辞に叫ぶ

TechinsightJapan / 2016年01月27日17時58分

27日、都内にて舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」—近松門左衛門「心中天網島」より—』の制作発表が行われ、ダブル主演で初共演となる深津絵里、中村七之助らが登壇した。 本作は近松門左衛門の代表作、遊女・小春と治兵衛、その妻・おさんの三角関係を描いた『心中天網島』に現代の世界を融合させた意欲作。故・中村勘三郎氏と友人でもある演出家デヴィッド・ルヴォ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高岡早紀が“女将”姿。時代劇オフショットに「そんな格好がしてみたい」

TechinsightJapan / 2015年11月08日11時23分

本ドラマは元禄大坂を舞台に、松尾スズキ演じる冴えない中年スランプ作家の近松門左衛門と青木崇高演じる神出鬼没の渡世人・万吉が繰り広げる騒動を描いたもの。近松門左衛門が入り浸る大坂堂島新地・天満屋の女将を高岡早紀がどう演じるか楽しみだ。 そんな彼女だが、11月4日には大阪フラミンゴ ジ アルージャ、5日は名古屋ブルーノートで若手実力派ミュージシャンをバンドに [全文を読む]

中村勘三郎 魂の舞台 三島村歌舞伎「平家女護島 俊寛」 第2回衛星放送協会オリジナル番組アワード オリジナル番組賞中継番組部門最優秀番組を受賞!

PR TIMES / 2012年06月20日14時12分

2011年12月に放送した弊社番組【中村勘三郎 魂の舞台 三島村歌舞伎「平家女護島 俊寛」】が、第2回衛星放送協会オリジナル番組アワードの中継番組部門で最優秀番組に選出されました。 衛星放送協会オリジナル番組アワードは、一般社団法人衛星放送協会が、有料・多チャンネル放送業界での「オリジナル番組の制作の促進」と、その「認知向上」を目的に、昨年創設した賞です。 [全文を読む]

中村七之助 舞台打ち上げで深津絵里を紳士的にエスコート

NEWSポストセブン / 2016年03月30日16時00分

あまりにいい雰囲気のふたりは周囲の注目を集めたが、この夜同店で行われていたのは、ふたりがW主演した舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』の打ち上げパーティーだった。 近松門左衛門の代表作『心中天網島』をベースにした同作。止むに止まれぬ事情から売春婦になったハル(深津)は、妻子持ちながら足繁く通ってくるジロウに心ひかれる。売春婦と客の“15分だけの恋” [全文を読む]

余分な脂肪が!早見あかり、「妖艶遊女」なのに“あのライン”が気になる!?

アサジョ / 2016年02月25日09時59分

「主人公の近松を演じる松尾スズキをはじめとする役者陣はもちろんのこと、脚本家から音楽、舞台装置といったスタッフ陣に至るまで、このドラマに関わっている全員が楽しんで作っているのが見ていてわかる。そこがこのドラマのいちばんの魅力でしょう。ですがヒロインのワケあり遊女・お初を演じる早見あかりが少々気がかりなんです」 と語るキー局テレビ制作スタッフが、声を潜めて続 [全文を読む]

フォーカス