金本知憲 子供に関するニュース

【プロ野球】9年前の縁が生んだ抜擢。桑原謙太朗(阪神)唯一の完封試合で金本知憲(広島)が2安打&出場記録達成

デイリーニュースオンライン / 2017年05月28日16時05分

「絶対的な信頼感」 阪神の中継ぎ投手陣のキーマン・桑原謙太朗に対する金本知憲監督の起用法を見ていると、毎試合、そう感じるものがある。 5月24日の巨人戦。桑原の16試合連続無失点が途切れた。この試合では、好投を続けていた能見篤史の後を受け、8回表にマウンドへ。 しかし、亀井善行に17試合ぶりとなるタイムリーを打たれ、坂本勇人へは制球を乱し四球。ピンチがふく [全文を読む]

「いつも上から目線」朝日新聞の楽しい読み方――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその2

プレジデントオンライン / 2017年04月27日09時15分

デイリーは2016年の開幕戦の翌日、一面に金本知憲監督の笑顔をバーンと載せてきたんですけど、試合は阪神が負けているんですよ。でも、デイリーを買う人は、そういう作法をわかっているし、それを愛しているわけですよね。その意味では、スポーツ新聞の読者は非常に情報リテラシーが高いといえます。 ――新聞の「芸風」をわかったうえで付き合っている。 それを「偏向」と言い始 [全文を読む]

【プロ野球】《阪神・開幕スタメン予想》来季、阪神・金本知憲監督が目指す野球とは? そして、開幕オーダーは?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日16時05分

昨年の今頃、阪神・金本知憲監督はこう言っていた。 「鳥谷(敬)、福留(孝介)、ゴメス以外ポジションは空いている。ガツガツ取りにきてください」 そして今、来季についてはこう言っている。 「孝介(福留)と糸井(嘉男)は決まり。それ以外はわからん」 確かに昨年の今頃は、鳥谷、福留、ゴメス以外のポジションはまったく見えない状態だった。“超変革”元年ということで、春 [全文を読む]

【プロ野球】金本知憲監督が命がけで獲得したFAの糸井嘉男。来季の「金本阪神」はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日16時05分

金本知憲監督の待ち焦がれた“初めての恋人”がついにラブコールを受け入れてくれた。 糸井嘉男35歳。 金本監督が野球人として惚れ込んだ、35歳には見えない若さと強さを兼ね備えたナイスガイだ。 糸井の加入と時を同じくして発表された来季の阪神タイガースのスローガンは“「挑む」~Tigers Change~”。 「挑む」とは、相手にたちむかう、積極的にこちらから仕 [全文を読む]

【プロ野球】金本知憲監督(阪神)の決断に揺れたドラフト。大山悠輔(白鴎大)1位指名の意図、そして運命……

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日16時05分

しかし前日の深夜、金本知憲監督は、大山のビデオをホテルで見て1位指名を決断、当日の昼にスカウト、球団社長、オーナーを説得し了解を得たという。 なぜ金本監督は一夜にして大山にして惚れこんだのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■大山指名を決断した金本監督の思い 金本監督は、開口一番、大山の打撃フォームを「しなやかで強 [全文を読む]

【プロ野球】「超変革元年!」から来季に向けて ~阪神・金本知憲監督は「超変革」を貫くべきか~

デイリーニュースオンライン / 2016年09月18日16時05分

思い通りの野球ができず、ベンチで苦虫を噛み潰したような金本知憲監督の表情だけが残像として残っている。 「超変革!」という、大きなお題目を掲げたがゆえに、チームが勝利から遠ざかると周りからのバッシングは「超」がつくほど厳しいものとなった。 1年で「超変革」の結果を出せるほどペナントレースは甘くない。 だがあえてここは、「超変革元年!」として、今シーズンの戦い [全文を読む]

阪神・金本知憲 大学時代に168cmの先輩から殴られていた

NEWSポストセブン / 2012年03月12日07時00分

11年続く番組だが、話題となった回が2005年にオンエアされた金本知憲(阪神)と、金本の東北福祉大野球部のチームメート・松本俊彦さん(ニカウさん・ソムリエ)、石田稔之さん(会社員)が登場した回だ(年次はニカウ・石田・金本の順)。番組で過去2度にわたって語られた伝説の「ニカウの金本殴打事件」とは――。その時の様子を振り返ろう。 ニカウ:きっかけはテレビのチャ [全文を読む]

清原和博容疑者、覚せい剤打ちながらブログに子供への愛情綴る…中居正広もフル活用

Business Journal / 2016年02月03日20時00分

その巨人の高橋由伸や阪神タイガースの金本知憲などの新人監督をはじめ、セントラル・リーグは全球団の監督が40代となり、フレッシュさをアピールするには絶好の機会です。そして、2月1日には12球団が一斉にキャンプインしました。これから、明るい話題を振りまいていこうとした矢先の逮捕ですから、関係者は『球界にとっては大迷惑』と激怒しています。 本人は以前から球界復 [全文を読む]

清原和博&金本知憲「ムカつく奴らシバキ上げ」(3)“銀座で使った金額”と“イタズラ”は負けない

アサ芸プラス / 2013年09月03日09時59分

ハチャメチャな大放言はまだある。 「もう出ちゃったからいいでしょ。背番号が裏金っていうね」(清原氏) “10億円もらった”と言わんばかりなのである。 「ピッタリですよね。二岡、阿部ね。(高橋)由伸もなんですか?」(金本氏) 「上原は19とか」(清原氏) ここでさすがに司会者も制止。ストップがかかった。 巨人は12年、球界で申し合わせた新人契約金最高標準額の [全文を読む]

【阪神】藤浪晋太郎はひとまず休ませるべきではないか?

文春オンライン / 2017年08月25日11時00分

金本知憲監督は先述した8月16日の広島戦の前々日に「(今回の先発は)今後、彼の人生を左右する」などとコメントして話題を呼んだが、個人的には危うい言葉だったように思う。金本監督ならではの体育会系的な荒療治は、精神力を鍛えるためにはある程度なら有効かもしれないが、精神に負った深い傷を癒すためには無効どころか、そこに塩を塗る行為に近い。鍛えることと癒すことは、 [全文を読む]

【プロ野球】復帰間近の西岡剛と新加入のロジャース。阪神が切る2枚のカードは「育成」と「勝利」を両立できるか

デイリーニュースオンライン / 2017年07月09日16時05分

今季は金本知憲監督が「超変革」を掲げて2年目のシーズン。前半戦はベテラントリオ、福留孝介、糸井嘉男、鳥谷敬がチームを牽引したおかげで貯金を作り、2位をキープしている。 しかし、ここにきて、期待されていた若虎たちが伸び悩み、不振にあえいでいるのも事実だ。また、福留、糸井が調子を落としている。となれば、打線は湿り、当然勝てなくなる。 そこで、オールスターゲー [全文を読む]

【プロ野球】虎の真のチームリーダー・鳥谷敬(阪神)の背中が雄弁に物語ること。一つひとつを積み重ねる誇り。

デイリーニュースオンライン / 2017年06月04日16時05分

その場に倒れ込んだ鳥谷に金本知憲監督やトレーナーらが駆け寄った。 鼻からの出血で、タオルは赤く染まり、ケガのひどさをものがたっていた。 「鼻骨骨折」。 誰もが鳥谷の登録抹消、戦線離脱を覚悟した。 しかし翌日、鳥谷はいつもと変わらず、球場入り。試合までの準備もいつものルーティンワークとしてこなし、金本監督にスタメン出場を直訴した。 さすがの金本監督もスタメン [全文を読む]

【プロ野球】奇跡の大逆転劇で勢いに乗る阪神。リーグ制覇に向け「守り勝つ野球」を徹底できるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年05月14日16時05分

金本知憲監督が理想とする、ベテラン、中堅、若手がうまく融合したチームに仕上がりつつあるのだ。 ■阪神は守り勝つ野球をしてこそ優勝が見えてくる 阪神はこのままの勢いでペナントレースのテープを真っ先に切り、リーグ優勝を果たせるのであろうか? 阪神のウイークポイントは、開幕から散々指摘されてきた守備だ。チームの失策数31はリーグワースト。記録に表れないミスを入 [全文を読む]

【プロ野球】鳥谷敬が1年遅れで超変革! 9試合連続安打、打率.441で阪神を引っ張る!!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月16日16時05分

昨シーズンの金本知憲監督は、「鳥谷が変わらなければ」と鳥谷の名を真っ先に挙げてチームの超変革を始めたが、今シーズンは鳥谷に言及することが少なくなった。 首脳陣もファンも、そっと鳥谷を見つめている。果たして、鳥谷はこの調子を維持しながらシーズンを突っ走れるのだろうか。 (※成績は4月12日現在) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放 [全文を読む]

【プロ野球】大和と俊介で「守って勝つ」! 華はなくとも腕がある。優勝に欠かせない2人の虎戦士

デイリーニュースオンライン / 2017年04月02日16時05分

俊介は、金本知憲監督が現役時代、継続していた連続試合出場記録を自らの盗塁死でストップさせた苦い経験を持つ。広陵の大先輩でもある金本監督に恩返しができるか。 ■守り勝つ野球のためには欠かせない大和と俊介 今年30歳を迎える大和、そして俊介。 二人とも俊足、強肩、広い守備範囲だけでなく、ともに登録名を前田大和から大和、藤川俊介から俊介へ変更した共通点を持つ。 [全文を読む]

【プロ野球】今年がラストチャンス? レギュラー奪取に燃える上本博紀(阪神)が背番号に込める想い

デイリーニュースオンライン / 2017年03月19日16時05分

このキャンプでも、上本のスローイングの難点(球を離す際の引っ掛けるクセ)を矯正するために、金本知憲監督が打席に立ち、バッティングピッチャーとして、投球練習をする珍しい光景がみられた。 ■背番号00が最大の転機になるか 自己最多の131試合に出場した2014年シーズンは、打率.276、7本塁打を残すも、守備ではリーグ最多の17失策を記録している。 今シーズ [全文を読む]

【プロ野球】ルーキーイヤーに4勝の「伊予ゴジラ」秋山拓巳。目指すは開幕ローテーションと2ケタ勝利!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日16時05分

昨年の秋季キャンプでは、金本知憲監督から「秋山がとてもいい」と賞賛されるほど調子を上げ、春季キャンプで自分の型を確固たるものにしていった。 ■プロ8年目の大型新人が花開くとき 精神的にも技術的にも成長した秋山が次に目指すべきものは、やはり先発での2ケタ勝利。 幸い今季の阪神打線の得点力は、若手の台頭による激しいポジション争いの結果、昨年を上回っている。 [全文を読む]

【プロ野球】小野泰己こそ藤川球児の「火の玉ストレート」を継ぐ男。将来、小野が「大エース」と呼ばれるために

デイリーニュースオンライン / 2017年03月05日16時05分

金本知憲監督に「将来の大エース!」と称された小野は、これまでの野球人生同様、派手に騒がれることはなく充実のキャンプを終えた。 ただ、スポーツ紙の1面を飾る日もあり、ここにきて小野の評価はうなぎのぼり。開幕ローテーション入りを予想する声も挙がっている。 細身の体でオーバースローから投げ込むスタイルは、岸孝之(楽天)に近いタイプといわれ、金本監督は伊藤智仁( [全文を読む]

【プロ野球】虎の4番は誰だ!? 期待すべきは「右の和製大砲」。そうなると候補はこの若虎2名だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月19日16時05分

昨シーズン、金本知憲監督は1軍の試合で若手を積極的に起用。中谷も64試合と1軍での出場機会を大幅に増やし、4本塁打、14打点、打率.266という結果でシーズンを終えた(2015年の1軍出場試合数は11試合)。 秋季キャンプでさらに力を蓄えた中谷は、この春季キャンプで、金本監督に「まるで打ち方が昨年とは別人」と言わしめるほど打棒に火がつき、実戦でブレイク。 [全文を読む]

【プロ野球】ライバル・高山俊には負けない! 今季こそレギュラー奪取にかける板山祐太郎(阪神)

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日16時05分

金本知憲監督の言う「(福留)孝介と糸井以外、レギュラーは白紙」という方針が、撤回される可能性があるからだ。 そんななか、今季こそ“空きポジション”にもぐりこみ、レギュラー奪取を目指して懸命になっている期待の若虎がいる。 亜細亜大から2015年にドラフト6位で入団した板山祐太郎だ。体力測定で脅威の数値をたたき出すなど高い身体能力の誇り、ルーキーイヤーは1軍で [全文を読む]

フォーカス