日馬富士 今日に関するニュース

<秋場所総括>勝ち抜いた男の言葉は重かった「やっぱり私は大相撲が大好きだ!」

週刊女性PRIME / 2017年09月25日17時00分

序盤に大関・高安と人気の宇良も休場になって大相撲危機が囁かれ、私が国技館に足を運んだ5日目には横綱・日馬富士が3連敗目を喫した。 そりゃ若手の阿武咲(おうのしょう)や朝乃山らの活躍もあったが、この時点で正直、日馬富士は引退? みんなケガばかりで相撲界はどうなっちゃうの? って暗澹(あんたん)たる気持ちになっていた。 自信を取り戻したアスリートはセクシー 国 [全文を読む]

千秋楽秒殺を朝青龍が揶揄…豪栄道V目前で急失速の原因

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月25日12時00分

結びの一番は3敗の大関豪栄道(31)と4敗の横綱日馬富士(33)。大関が勝てば優勝、横綱が勝てば決定戦という一番は、日馬富士の気迫が勝った。立ち合いで右の前みつを取ると、一気に寄り切った。 こうなってしまうと、豪栄道に勝ち目はない。決定戦の土俵に上がった後も不安げな表情を隠せず、眉は八の字。闘志みなぎる日馬富士にのまれていた。再び立ち合いで圧倒されると、苦 [全文を読む]

日馬 自力V復活、1人横綱の意地「何が起こるか分からない」

スポニチアネックス / 2017年09月23日07時01分

◇大相撲秋場所13日目 ○日馬富士―嘉風●(2017年9月22日 両国国技館) 1人横綱の日馬富士に大逆転優勝の道が開けた。関脇・嘉風との4敗対決を万全の相撲で制して9勝目。単独トップの大 関・豪栄道が平幕・貴景勝に敗れて3 敗となったため、残り2日間で1差に迫った。千秋楽は豪栄道との直接対決となるため、自力優勝の可能性が復活した。前日まで10人いた4敗は [全文を読む]

日馬富士、休場危機から「自力優勝」復活…奇跡の大逆転「もちろん狙う」

スポーツ報知 / 2017年09月23日07時00分

◆大相撲秋場所13日目 ○日馬富士(寄り切り)嘉風●(22日・両国国技館) 大関・豪栄道が西前頭5枚目・貴景勝に敗れて3敗目。関脇・嘉風を寄り切って4敗を守った横綱・日馬富士に自力優勝が復活した。休場危機に直面しながら驚異の粘りを発揮し、初の一人横綱場所で昨年名古屋場所以来9回目の賜杯を狙う。東前頭16枚目・朝乃山も4敗を守り、103年ぶり2人目となる新入 [全文を読む]

大相撲がっぷりよつ座談会 佐藤祥子×南伸坊×能町みね子

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

僕は白鵬(はくほう)も鶴竜(かくりゅう)も日馬富士(はるまふじ)も――日馬富士は安馬(あま)の時から、応援してたんでね。だから、どうしても日本人の横綱っては思ってないと自分では思ってたんですけどね。こうなってみると、やっぱり日本人の横綱いいよなぁとよかったよかったって思ってますね。 能町みね子 私は茨城県牛久(うしく)市で育ち、稀勢の里と地元が一緒なんです [全文を読む]

日馬富士、優勝インタビュー「今日の一番に命をかけて、全身全霊で」

スポーツ報知 / 2017年09月24日18時21分

◆大相撲秋場所千秋楽 ▽本割 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道● ▽優勝決定戦 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道●(24日・両国国技館) トップを走る西大関・豪栄道(31)=境川=を1差で追っていた西横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が、豪栄道との本割、優勝決定戦に連勝し、昨年名古屋場所以来7場所ぶりとなる9回目の優勝を飾った。 11勝4敗での優勝は、96年九州場 [全文を読む]

「命かけた」日馬富士、一人横綱の意地で豪栄道に連勝し逆転優勝…7場所ぶり9回目賜杯

スポーツ報知 / 2017年09月24日17時43分

◆大相撲秋場所千秋楽 ▽本割 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道● ▽優勝決定戦 ○日馬富士(寄り切り)豪栄道●(24日・両国国技館) トップを走る西大関・豪栄道(31)=境川=を1差で追っていた西横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が、豪栄道との本割、優勝決定戦に連勝し、昨年名古屋場所以来7場所ぶりとなる9回目の優勝を飾った。 11勝4敗での優勝は、96年九州場 [全文を読む]

「愛嬌とは自分より強いものを倒す柔かい武器である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば204】

サライ.jp / 2017年07月23日06時00分

とくに、9日目、宇良が横綱の日馬富士を相手に、低い立ち会いからとったりで倒したワザ師ぶりや、8日目、石浦が幕内最軽量の体で、自分の倍近い197 キロの逸ノ城を破った相撲などは見事だった。 鷲羽山、舞の海など、いつの時代も、小柄な力士が巨漢の相手を倒すのを見るのは痛快だ。ただ真正面からぶち当たるだけでは、自分より大きく力の強い相手を打ち負かすことは難しい。彼 [全文を読む]

稀勢の里「大逆転V2」を決めた48時間“緊急治療”全内幕!(1)支度部屋で叫ぶほどの激痛

アサ芸プラス / 2017年04月10日05時56分

本場所もあるので』と話していました」 今場所の稀勢の里は初日から12連勝と快進撃するも、13日目の結びの一番、横綱日馬富士戦でアクシデントに見舞われた。日馬富士の鋭い立ち合いに対し、左足から踏み込むと、おっつけた左手が空を切る。スポーツ紙記者が取材メモを見ながら振り返る。「八角理事長と藤島審判長は、ケガは『左がすっぽ抜けた時ではないか』と推察していた。VT [全文を読む]

角界の派閥「一門」構図が分かれば土俵上の熱戦さらに楽しく

NEWSポストセブン / 2017年03月05日16時00分

新横綱・稀勢の里と、迎え撃つ白鵬、鶴竜、日馬富士らモンゴル勢3横綱の激突に注目が集まる大相撲大阪場所(3月12日)。前売り券が即日完売となるほどの人気ぶりだが、上位力士だけでなく下位力士、因縁の対決など見所が多い。個人競技のため、どうしても力士同士のライバル関係が目立つが、角界には一門という部屋同士の派閥が存在する。冠婚葬祭はもとより、連合稽古や出稽古も一 [全文を読む]

力士でけぇ・・・ 現役横綱、幕内力士集結! 大相撲超会議場所は今日も開催

ITライフハック / 2014年04月27日11時00分

続いて登場したのは日馬富士。白鵬とはひと味違う『スゴ味』がある。新しく横綱に昇進した鶴竜。これからどう活躍していくのか非常に楽しみだ。超会議場所で行われた取り組み。実際に目の前で力士がぶつかりあう様はかなりの迫力だった。超会議場所は本日27日にも行われる。気になったなら会場へ急行だ!(記者:今藤祐馬)■ニコニコ超会議3公式サイト■ITライフハック■ITライ [全文を読む]

足を痛め車椅子に乗った高安 花道で見せた大関のプライド

NEWSポストセブン / 2017年09月25日16時00分

四横綱中ただ一人出場する日馬富士が優勝すると思われるが、高安の初優勝を期待するもよし。できれば高安には強い人(横綱)がばっちりいる場所で優勝してほしいというのが本音ではあるけれど、それは今後に持ち越そう。 新入幕の朝乃山はなかなかのイケメン。宇良はとてもかわいい(スー女初心者の彼女を軽んじているわけではないが、相撲ぶりウンヌンを説明するより見た目のほうが [全文を読む]

「意識飛んで」金星の北勝富士、目の上のこぶは稽古の“勲章” 関係者「かましすぎて変形してしまった」

夕刊フジ / 2017年09月14日17時06分

■大相撲秋場所4日目(13日、両国国技館) 「意識が飛んでしまい、当たった瞬間のことしか覚えてない」 子供のころからの夢だった結びの一番で日馬富士を寄り切り、先場所の鶴竜に続き金星を挙げた北勝富士はそう振り返った。 「十両のときにも同じ経験がある。今日は気がついたらお客さんのワーッという声が聞こえ、目頭が熱くなった。いまになって写真のように、一つ一つの場面 [全文を読む]

白鵬の「さあ来いよ」ポーズと「猫だまし」こそ強さの証

NEWSポストセブン / 2017年08月05日07時00分

前日までの三日間で、すでに鶴竜は一敗、稀勢の里と日馬富士は二敗している。ボロボロの横綱、大関陣で唯一黒星がない白鵬の相撲は、この日も、いや、この日は、と言ったほうが正しいかもしれない特別な、少なくとも私が相撲を見始めてから初めての、妙なものであった。 挑戦者は、元気な相撲が目立っている二十歳の貴景勝。気の強さがみなぎっている表情が実にいい。当たっていなし [全文を読む]

市川紗椰が稀勢の里の『ユアタイム』出演に「今日が私の人生のピークかな?(笑)」

週プレNEWS / 2017年02月18日11時00分

鶴竜、日馬富士、豪栄道らが休場し、琴奨菊も大関から陥落。みんな30代なので仕方ないかなとは思うんですが、若手が強くなっているのも確かです。これって、よくよく考えると“世代交代”が本格的になってきたことを示しているんじゃないでしょうか。 この世代交代には、ある背景があります。2011年の大相撲八百長問題で、前頭や十両の力士が大勢辞めた結果、ここ数年は実力のあ [全文を読む]

大相撲応援グッズお披露目イベントを相撲オタアイドルの山根千佳ちゃんがレポート!

週プレNEWS / 2013年04月28日06時00分

今回販売されるのは、白鵬(はくほう)、日馬富士(はるまふじ)、稀勢の里(きせのさと)、鶴竜(かくりゅう)、琴奨菊(ことしょうぎく)、琴欧州(ことおうしゅう)の6力士。それぞれ、扇子(1840円)・うちわ(640円)・てぬぐい(1030円)・フェイスタオル(1370円)の4種類。 「公式グッズを持ってたら、応援にもっと熱が入っちゃいそうですね。うちわにキラ [全文を読む]

自分以外の人の誕生日…何人分思い出せる?

NewsCafe / 2013年04月14日15時00分

今日、4月14日は、昨年十一月場所から横綱に昇進した日馬富士の誕生日なのだそうだ。さらに言えば、政治家・小泉進次郎の誕生日であり、漫画家・大友克洋の誕生日であり、ミュージシャン・小沢健二の誕生日でもあるらしい。近頃はインターネットですぐに調べられる"有名人の誕生日"。自分と同じ月日に生まれた有名人を調べてみた経験がある人もいるのではないだろうか。日々を忙し [全文を読む]

フォーカス