大林組 鹿島建設に関するニュース

五輪特需期待高まるゼネコン業界、明暗を分けたものとは?正念場迎える竹中工務店

Business Journal / 2013年07月25日06時00分

14年3月期決算予想で、増収としているのは大林組。今年の高値から15%下の水準にある。対して、経常増益を見込んでいるのは鹿島建設だ。鹿島建設の株価は今年の高値から5%下のほぼ高値圏だが、唯一、増益見通しである点を買う向きがある。この2社が株価の面で飛び出すかもしれない。 大林組の株価は東京都議選明けの6月24日に4%上昇し、約3週間ぶりに終値で500円台を [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2015年05月29日11時00分

2014年全体を通じて清水建設の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は大成建設となっており、大林組、竹中工務店と続いています。 2位鹿島建設の最も引用された特許は、コマツとの共同出願である「掘進機(特許第3154405号)」で、後発の特許4件の審査過程において拒絶理由として引用されており、この4件はいずれも奥村組の特許となっています。このほかには「津 [全文を読む]

なぜ日本のスーパーゼネコンは同族経営ばかりなのか

NEWSポストセブン / 2016年12月31日07時00分

スーパーゼネコンと呼ばれている建設会社は、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組の5社。このうち大成建設を除く4社は創業家による経営関与が続いている。建設業界に詳しいジャーナリストの千葉利宏氏が解説する。 「建設業というのは基本的に請負の仕事なので、個人の業績が見えづらく、社内で権力闘争が起きると揉めやすいのです。だから、オーナー家の人間を御輿 [全文を読む]

【ゼネコン】特許資産規模ランキング、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組

DreamNews / 2016年11月02日11時00分

その結果、1位 大成建設、2位 鹿島建設、3位 大林組となりました。 1位の大成建設の注目度の高い特許には、大阪大学、北里研究所との共同保有である「効率的分解菌を利用した1,4-ジオキサン汚染水の浄化」に関する技術や、「外周架構の柱を壁形状とすることで室内側へ出っ張る寸法を小さくし、室内面積を有効利用できる、免震技術との併用に適した架構」に関する技術など [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2016年06月08日10時00分

2015年に、鹿島建設の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は清水建設の25件で、大林組の17件、大成建設の11件と続いています。 3位大成建設の最も引用された特許は、「変位角測定装置」(特願2003-40594)で、後発の特許4件の審査過程において拒絶理由として引用されています。企業別にはNTTファシリティーズの3件、関西電力の1件となっています [全文を読む]

【ゼネコン】特許資産規模ランキング、トップ3は大成建設、鹿島建設、大林組

DreamNews / 2015年11月04日11時00分

その結果、1位 大成建設、2位 鹿島建設、3位 大林組となりました。 1位の大成建設の注目度の高い特許には、「(早期強度を発現させるための)セメント組成物、セメント系マトリックス、繊維補強セメント系混合物及びセメント混和材」に関する技術などが挙げられます。この特許は、PCT国際出願からの移行となっており、パテントファミリーの情報を確認すると、日本のほかに [全文を読む]

エヌ・アンド・シー調べ けんせつ小町のイメージガールになって欲しい 1位「堀北真希さん」

@Press / 2014年12月11日16時00分

(入社したい建設・不動産業界企業 ランキング)◆大学生・院生が選ぶ 入社したい建設・不動産業界企業 ランキング建設業界部門 1位「清水建設」 2位「三井住友建設」 3位「竹中工務店」不動産業界部門 1位「三菱地所」 2位「住友不動産」 3位「イオンモール」全回答者(2,000名)に、建設・不動産業界に就職するなら、入社したい会社はどこか聞いたところ、【建設 [全文を読む]

ゼネコン各社 五輪施設の発注本格化で都庁OB採用積極化か

NEWSポストセブン / 2014年07月31日07時00分

スーパーゼネコン5社への天下り状況を見ると、2010年が竹中工務店(元都市整備局部長)と大林組(元建設局参事)、2011年は清水建設(元都市整備局部長など3人)、2012年には鹿島建設(元都市整備局部長)、2013年が大成建設(元下水道局建設部長)と大林組(元財務局建築保全部長)など、都の建設部門の幹部が“輪番制”で再就職している。 元大林組課長で『談合業 [全文を読む]

博多陥没事故の「危険な」大成建設、新国立競技場建設への不安…安倍首相との親密すぎる関係

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

ゼネコン大手の清水建設の宮本洋一会長と大林組の白石達(とおる)社長も、同じ研究室で山内氏の1年後輩だ。山内氏が日建連の会長になることで、次期会長の道筋も整ったといえる。 [全文を読む]

リニアより「新国立競技場」の工事が人気。働きたいゼネコン1位は清水建設。「i-Construction」より「週休2日」に期待。

PR TIMES / 2016年12月26日14時16分

次いで、鹿島建設20人、竹中工務店17人、大林組12人、大成建設8人という結果になりました。その他、西松建設やNIPPOなど知名度の高い企業名を挙げる技術者が散見される一方で、地場ゼネコンを回答する方も多く、なかには「大手以外が良い」という回答もありました。また、企業名ではなく、「海外に力を入れているゼネコンが良い」「現場が美しいところ」「経営状態が良い会 [全文を読む]

DeNA、市民のお金でつくった横浜スタジアム買収で巨額利益…一大エンタメ施設に大改修

Business Journal / 2016年03月13日06時00分

これまではテレビ朝日ホールディングス、横浜DeNAベイスターズ、東京放送ホールディングス、フジ・メディア・ホールディングス、横浜市が各々5.75%、横浜銀行が4.89%、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店がそれぞれ0.86%保有していた。 テレビ局やゼネコンはTOBに応じても、地元の横浜市や横浜銀行は難しいとみられていた。株式の62%を握る [全文を読む]

【沖縄基地問題】新知事誕生で激化する辺野古移設反対派と“建設利権グループ”

デイリーニュースオンライン / 2014年11月19日09時00分

事業の執行に悪影響を及ぼす反対運動を避けるため、ということだが、それより問題視されたのは、受注した大成建設以外の参加業者が、鹿島建設、清水建設JV(共同事業体)、大林組JVと本土のスーパーゼネコン4社で構成、談合が疑われることだった。 大成建設以外は56億3600万円の予定価格を超過していて条件を満たしておらず、受注資格は1社だけ。疑われるのも無理はない。 [全文を読む]

今年の建設業界 人件費と資材費高騰が収益の圧迫要因になる

NEWSポストセブン / 2014年01月24日16時00分

建設業界のピラミッド構造の頂点に位置するスーパーゼネコン5社(鹿島建設、清水建設、大林組、大成建設、竹中工務店)の業績が押し上げられる公算が高い。 東京五輪のインフラ整備には約4500億円の予算が投下される見通し。湾岸部の埋め立ても予定されており、羽田空港の再拡張工事を手がけた海洋土木の五洋建設などが注目。 ただし、人手不足による人件費の高騰と円安による [全文を読む]

フォーカス