織田信長 千利休に関するニュース

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

茶の湯者としての脚光を浴びたのは、実は織田信長・豊臣秀吉に見いだされた晩年。茶道具・茶室などにも才能を見せ、天下人のイベント茶会をプロデュースし、武将たちから尊敬を得ました。 【2】織田信長は茶の湯さえも権威の再構築に使用していた! 名前:織田信長 生まれた年:1534年 初めての茶会:1573年11月23日 好きな人:上杉謙信 苦手な人:足利義昭 言わず [全文を読む]

サプライズの元祖!?千利休が戦国大名に行った驚きたっぷりの”おもてなし”とは

Woman Insight / 2015年02月23日20時00分

「茶の湯の完成者」として歴史の教科書にも掲載されており、織田信長、豊臣秀吉とふたりの天下人に重用された、最も有名な茶人と言ってもいい、千利休。「茶聖」と呼ばれており、崇高なイメージさえありますが、彼の茶会は、招いた相手に合わせてさまざまな趣向を繰り出し、豪胆さや遊び心、そしてときにはイケズな面もあったとのこと……。そのすべてはお客さんのために行われた「お [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

織田信長、千利休、前田利家、豊臣秀吉、池坊専好ら時代を切り拓いた人物を演じるのだから当然かもしれないが、中井貴一、佐藤浩市、佐々木蔵之介、市川猿之助、野村萬斎と、映画界、歌舞伎界、能楽界のトップランナーが揃った。 信長役の中井貴一と利休役の佐藤浩市。二人の父親は、ともに松竹の主演俳優だった佐田啓二と三國連太郎(のちに移籍)。佐田は37歳と若くに亡くなってい [全文を読む]

映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 ~ 公開間近 いま話題の映画が文化財によみがえる ~ 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年10月18日15時00分

出演は、千利休演じる市川海老蔵、妻役を中谷美紀、織田信長を伊勢谷友介、豊臣秀吉を大森南朋が演じる他、今年2月に亡くなった市川團十郎が利休の師匠役として特別出演され、海老蔵と初の親子共演を果たされたことでも話題を集めています。本展では、豪華キャストたちが劇中で着用した貴重な衣裳をはじめ、小道具、映像・パネルによる紹介、音楽に至るまで、文化財「百段階段」の各部 [全文を読む]

【今週の対決】美術館、博物館…「茶の湯の文化」の神秘

WEB女性自身 / 2017年04月24日06時00分

織田信長をはじめとする武将や、千利休など茶人に愛された展示品の約3分の1が重要文化財や国宝だ。 12世紀ごろに中国から伝わってきたお茶をたしなむ茶の湯という文化。趣向を凝らした茶室、茶碗を用いて抹茶をたて優雅な時間を過ごしていたそう。足利義政が収集した唐物(中国製品)の青磁茶碗は透明感があって、美しい色合いにうっとり。茶の湯の有名人・千利休がつくらせたとい [全文を読む]

市川海老蔵さん主演映画12月7日(土)公開!『利休にたずねよ』映画ガイドブックとコミックを発売!

@Press / 2013年11月29日11時00分

加えて、利休の妻・宗恩役の中谷美紀さん、織田信長役の伊勢谷友介さん、豊臣秀吉役の大森南朋さん、そして利休の師・武野紹鴎役で出演した市川團十郎さんの撮影中にとったインタビューも掲載。また、映画に登場する茶道具を一つずつ丁寧に解説します。スチール写真と共に、道具が使われている場面、面白エピソードなど、余すところなく紹介。さらに、利休ゆかりの地である京都と堺の関 [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

織田信長(中井貴一)に所望され、池坊専好(野村萬斎)が自らの花を披露する場面。その撮影現場に入る市川猿之助、佐藤浩市、中井貴一、佐々木蔵之介の姿がまず、映し出される。巨大な松のいけばな「大砂物・昇り龍の松」を吟味する信長に対峙する専好。庭先には豊臣秀吉(市川猿之助)、千利休(佐藤浩市)、前田利家(佐々木蔵之介)が控えている。その緊迫したシーンを中心に映像 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】陶器は宝石に勝る トーハクで『茶の湯展』開催中

GOTRIP! / 2017年05月12日11時30分

・名器ひとつは城ひとつ 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を始めとした戦国大名、そして足利将軍家も狂ったように熱を上げていたのは、茶器のコレクションです。 とくに陶器には法外な値がつけられました。掌に乗るようなサイズの茶入れが、城ひとつと交換できます。各領内で産出された貴金属は、名器と言われる茶碗の購入に消えていきます。 一方で日本人は、宝石にほとんど関心を示 [全文を読む]

市川猿之助が“鬼の形相”で佐藤浩市の頭を踏みつける!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日10時00分

主人公の花僧・池坊専好(萬斎)は、天下統一を目指す織田信長(中井)の前で花をいけたが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、軽妙な機転で彼を救ったのは秀吉だった。そんな出会いから十数年。秀吉の治世の下で戦乱は収まり、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合った。 だが天下人となった秀吉のおごりは嵩じ、利休を自害に追い込むこととなる。友のため、民のために、「花を [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】加賀の至宝「山中漆器」に出会う

GOTRIP! / 2016年12月23日05時00分

この時代は戦国期の真っ只中で、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康が戦場で荒れ狂っていました。 そんな中、様々な工芸品を作り出す職人はどの大名家からも重宝されていました。戦国時代は「いかに職人を囲い込むか」ということが求められ、彼らの働きがそのまま国力に直結したのです。 石川県は日本一の漆器の産地として知られていますが、その源流をたどると戦国時代に突き当たります [全文を読む]

この絵師がヤバい。戦国時代に絵筆で天下を目指した長谷川等伯。その激動の半生を描いた『焔色のまんだら』刊行のお知らせ

@Press / 2016年11月29日10時15分

> 天正十年(1582)六月、織田信長が横死──戦国の世を驚愕させた大事件の裏で、己の新たな道を見いだした一人の男がいた。男の名は長谷川等伯。能登の仏画師だった彼は、一念発起して京に上ったものの、当寺最高峰の絵師・狩野永徳から弟子入りを断られ挫折。うだつの上がらない日々を送っていた。しかし「本能寺の変」の際、燃え落ちる安土城の中に決死の覚悟で潜り込み、永徳 [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

謎多き「茶聖」千利休 実は情熱あふれるロマンチストだった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月10日11時40分

織田信長から茶頭として重用された茶人である利休は、秀吉の治世では懐刀としてなくてはならない存在であった人物だ。黄金の茶室の設計、全国の茶人を一堂に集結させた「北野大茶会」の主管を見事にこなし“天下一の宗匠”として名を馳せた利休は、一方でわずか2畳にも満たない狭い茶室に究極の美的空間を作り上げ、侘び茶を完成させた。その審美眼の鋭さは信長や秀吉からも一目置かれ [全文を読む]

映画「利休にたずねよ」×百段階段 特別企画展 開催 目黒雅叙園にて 2013年11月26日(火)~2014年1月13日(月・祝)

@Press / 2013年08月08日15時30分

その「美」に対する見識や独創性には、かの織田信長や豊臣秀吉でさえ一目置いたといわれています。もしも、その崇高なまでに研ぎ澄まされた美意識が、若い頃に体験した情熱的な恋に始まっているとしたら・・・という大胆な仮説のもとに、希代の茶人の出発点を取り上げた第140回直木賞受賞の歴史小説「利休にたずねよ」が今年末、長編映画として新たな命を宿します。利休を演じるのは [全文を読む]

野村萬斎が映画で天才華道家に!狂言師ならではの視点活かす

WEB女性自身 / 2017年06月02日16時00分

共演陣も、市川猿之助(豊臣秀吉)、中井貴一(織田信長)、佐々木蔵之介(前田利家)、佐藤浩市(千利休)と超豪華キャスト。 「中井貴一さんとは『陰陽師II』でご一緒しましたし、佐藤浩市さんとはもう3度目になります。前回『のぼうの城』で僕は でくのぼう を演じ、今回は いけのぼう (笑)、あうんの呼吸でやらせていただきました。市川猿之助さん、佐々木蔵之介さんは [全文を読む]

鬼塚忠『花いくさ』が野村萬斎主演で映画化!2020年までに8本映像化予定の鬼塚作品、そのヒットの極意とは?

PR TIMES / 2017年05月09日12時00分

「池坊専好に野村萬斎さん、豊臣秀吉に市川猿之助さん、織田信長に中井貴一さん、前田利家に佐々木蔵之介さん、千利休は佐藤浩市さん。それだけでなくて、音楽が久石譲さん、脚本が森下佳子さん。あまりに豪華メンバーなので、初めお話を聞いて『本当かなぁ?』と思ってしまいました。」制作費、撮影、俳優など何かと映画化のハードルが高い時代劇だが、制作陣の強い思いで実現に至った [全文を読む]

【ホテル椿山荘東京】歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル!「楽焼」の展示、4/25開始

Digital PR Platform / 2017年05月01日11時31分

その歴史は鎌倉時代に始まり、室町時代には足利将軍家に珍重され、その後も千利休らによる茶道の発展や、織田信長、豊臣秀吉、徳川将軍家の庇護を受け、茶産地の中でも特別なブランドとして地位を確立しました。「抹茶」「煎茶」「玉露」を生み出した、この日本茶800年の歴史と伝統をふまえ、京都府は今年を「お茶の京都」を発信するターゲットイヤーと定め、宇治茶をテーマに様々な [全文を読む]

歩いて、食して、そして感じる…巡って楽しめるホテル 「楽焼」の展示、4/25開始 庭園散策の後は、宇治の魅力を味わい、日本を代表する楽焼を

PR TIMES / 2017年04月25日19時48分

その歴史は鎌倉時代に始まり、室町時代には足利将軍家に珍重され、その後も千利休らによる茶道の発展や、織田信長、豊臣秀吉、徳川将軍家の庇護を受け、茶産地の中でも特別なブランドとして地位を確立しました。「抹茶」「煎茶」「玉露」を生み出した、この日本茶800年の歴史と伝統をふまえ、京都府は今年を「お茶の京都」を発信するターゲットイヤーと定め、宇治茶をテーマに様々な [全文を読む]

おいしいだけじゃなかった! 色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。

ガジェット通信 / 2017年03月25日10時00分

戦国時代、京都で織田信長に謁見(えっけん)したキリスト教の宣教師が、フラスコ入りの金平糖を献上したという記録も残っているそう。南蛮趣味で知られた天下人の信長にとって、最高の贈り物だったでしょうね。 金平糖って駄菓子でもあり、とっておきでもあるんです。京都には、今でもとっておきの金平糖を2週間以上もかけて昔ながらに手作りするお店も残っているんですよ。 ▲フ [全文を読む]

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.1 (2/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月07日09時00分

そもそも“数寄屋”は茶室を意味するが、一説によると織田信長の実弟で、千利休にも学んだ茶人・織田有楽斎長益(おだ うらくさい ながます)がこの辺りに住んでいて、数寄屋をいくつも建てたことが語源になっている。 外堀は1964年の東京オリンピックが開催される数年前に埋め立てられ、同時に橋もなくなってしまった。 来る2020年に再びオリンピックを控えた東京は変化 [全文を読む]

フォーカス