千利休 切腹に関するニュース

大阪風お好み焼きが韓国起源か検証→東京風が韓国起源の可能性浮上

しらべぇ / 2016年05月01日07時30分

千利休ゆかりの地・堺市へまず訪れたのは、大阪風お好み焼きのルーツである「麩の焼き」を作った千利休ゆかりの地・堺市。ここには千利休の資料館が入った施設「さかい利晶の杜」がある。電車に乗り資料館へ入ると、千利休の生誕から秀吉に命じられ切腹するまでの歴史が詳しく書かれていた。また、お目当ての麩の焼きについても、再現したモデルが展示されている。■意外な事実発覚! [全文を読む]

秀吉を怒らせた千利休は切腹せずに九州に逃げていた?

NEWSポストセブン / 2017年04月01日16時00分

千利休は堺の豪商出身で、それまでの豪華な茶の湯に対し簡素の境地を目指した「侘び茶」を大成した。信長・秀吉に仕えたが、京・大徳寺の山門上に自分の木像を置いたことが秀吉の怒りに触れ、自害を強いられたとされている。利休の死後、茶道は弟子らに継承された。しかし、その定説を覆す説も登場。文教大学教授の中村修也氏が千利休の「まさかの素顔」を指摘する。 * * * 天正 [全文を読む]

“桂文枝不倫報道”が響き重厚さダウン!? 秀吉の狂気、女性陣にも見どころ多かった『真田丸』第25話「別離」レビュー!

おたぽる / 2016年06月29日17時00分

いい感じに緩急がついているし、“千利休・切腹”をどう描くのか? 歴史・歴史小説好きがひそかに注目していたエピソードが展開されるなど、今回も見どころ豊富であった『真田丸』(NHK総合)第25話「別離」をレビューする。 さて25話のあらすじをざっくりとまとめると、ついに秀吉は天下を統一。だがしかし、愛息・鶴松の病状は悪化の一途、さらに武器商人としての暗躍を突き [全文を読む]

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

戦国時代の権力者から寵愛を受けた代表的な芸術家といえば、茶人・千利休と狩野派の天才絵師・狩野永徳。そんな彼らの奇跡のコラボ作品を目に焼き付けるチャンスがまさに今、巡ってきています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』で紹介されているのは、通常は非公開ながら、3月26日まで特別限定公開されている大徳寺聚光院(じゅこういん)。著者の英 学さんによる襖絵や庭 [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

今回は千利休ゆかりの「大徳寺」のすべてを紹介してくださっています。広大な敷地を誇る同寺院はまるでテーマパーク。見どころは何と言っても個性溢れる数々の「塔頭」です。来年3月まで特別公開中の塔頭もあるとのことですので、まずはこちらの記事で情報を得、お運びになってはいかがでしょうか。 茶道との結びつきが強いお寺「大徳寺」 広大な境内に20以上のお寺を有する禅寺の [全文を読む]

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

NEWSポストセブン / 2017年06月07日07時00分

これまで数々の役者が演じてきた茶人・千利休。今回、映画『花戦さ』でその役を務めるのは佐藤浩一(56)だ。これまでの佐藤のイメージとはひと味もふた味も違う利休像をつくりあげていると評判を呼んでいる。その魅力について時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 先日公開された映画『花戦さ』で、一番びっくりしたのは、千利休を佐藤浩市が演じた [全文を読む]

この絵師がヤバい。戦国時代に絵筆で天下を目指した長谷川等伯。その激動の半生を描いた『焔色のまんだら』刊行のお知らせ

@Press / 2016年11月29日10時15分

その画力を気に入った千利休の助力もあって、すさまじい勢いで頭角を現す等伯。仕事も増え順風満帆であったが、ライバルであり目標でもあった狩野永徳が急死。さらに盟友の千利休が天下人・豊臣秀吉の命により切腹した……。失意の底にあった等伯を、さらに息子・久蔵の死という不幸が襲う。 挫折と栄光、そして喪失……男がその先に見た風景とは── ■書籍概要 書籍名:焔色(読 [全文を読む]

最強の陰陽師・安倍晴明を祀る京都のパワスポ「晴明神社」のご利益

まぐまぐニュース! / 2017年02月17日01時00分

豊臣秀吉が京都の大邸宅・聚楽第を建てた頃、この辺りには千利休の屋敷があったようです。利休は、秀吉の怒りを買い、切腹を命じられていますが、この地で切腹させられ、一条戻り橋で首をさらされたのです。 晴明神社の境内には五芒星(晴明紋)が描かれた井戸があります。五芒星は桔梗の花に似ていることから別名、桔梗門と呼ばれています。夏の季節には境内にも色鮮やかな桔梗の花 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

— 地雷魚『越天の空』7/9 新潮社より発売 (@Jiraygyo) 2016年6月26日■3位 千利休(18,044ツイート)利休が、まさかの誤発注しちゃった自身の等身大フィギュア登場に、動揺を隠せないツイッター民続出。しかも、このフィギュアが切腹を申し付けられる原因になるという展開は突っ込みどころ満載だった。茶々様、ねんどろいど利休みたいなのが欲しか [全文を読む]

真田丸『第25話』裏解説。当時の江戸が「湿地の不毛地帯」は嘘?

まぐまぐニュース! / 2016年06月26日13時00分

#真田丸 — トメ (@tome_3) 2016年6月26日 茶人であり堺の商人であり、そして死の商人であることを「業」と言った千利休の最期が、悪気ない茶々の行動によるものって、却ってドラマチックで好きかも #真田丸 — ぺけし@実況専門 (@P4iE5) 2016年6月26日 出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

茶道の異端児、秀吉の素顔 冗談連発の愉快な茶会、ド派手な衣装や高価な茶器で客を幻惑

Business Journal / 2015年08月22日06時00分

1日で突如中断された北野大茶会、茶の湯のカリスマ・千利休が制作に関わったとされる黄金の茶室、秀吉が切腹を命じたといわれる利休の死の理由……。 今回は、秀吉の茶の湯の現場を追うことで、天下人のリアルな人柄に迫ってみたい。●「入れや!」「飲めや!」「よく見せろや!」 信長が始めた茶の湯の政治利用を、秀吉はさらに推し進めた。秀吉の時代には、茶の湯の政治利用はピー [全文を読む]

大阪都よりも堺県の独立再興!/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年04月11日17時20分

豪商たちはみな秀吉に大阪城下への移住を命ぜられ、千利休なんか、さんざん利用されて切腹。おまけに、犬公方、綱吉の時代、天変飢饉が続いたせいで、河内池跡の沼地の治水開拓のために、1704年、上町台地を分断して運河が拓かれ、大和川が西流れに付け替えられる。これによって、堺港が奈良から流れ出てくる土砂に埋まり、陸路も北の大阪とは新大和川で切り離され、堺は大きく力を [全文を読む]

フォーカス