小早川秀秋 黒田長政に関するニュース

<テレビドラマとはフィクションである>大河ドラマ「軍師官兵衛」の史観もエンタテインメントとしてのひとつの見方

メディアゴン / 2014年12月28日02時43分

また、三成の西軍から徳川家康の東軍に寝返った小早川秀秋は当時18才。「司馬史観」の影響からか、常に優柔不断な小心者として描かれます。「関ヶ原」では、西軍の烽(のろし)を合図に陣取る松尾山から攻め下るという、合戦前夜の三成との取り決めを反古にし、勝ち戦を見定める様子見をしていたところ、戦略に長けた徳川家康が秀秋の本陣に撃ち込んだ砲弾に怯えて寝返ったという、主 [全文を読む]

「関ヶ原」岡田准一&有村架純らの扮装姿初解禁! 迫力の合戦シーンも

Smartザテレビジョン / 2017年03月13日08時00分

石田三成役の岡田、徳川家康役の役所、忍び初芽役の有村はもちろん、島左近役の平岳大、大谷刑部役の大場泰正、黒田長政役の和田正人、福島正則役の音尾琢真、井伊直政役の北村有起哉、加藤清正役の松角洋平、安国寺恵瓊役の春海四方、北政所役のキムラ緑子、蛇白役の伊藤歩、花野役の中越典子、尼僧妙善役の壇蜜、赤耳役の中嶋しゅう、前田利家役の西岡徳馬、直江兼続役の松山ケンイ [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大ら豪華キャスト出陣!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日12時00分

天下分け目の決戦の命運を握る小早川秀秋には相次ぐ出演映画それぞれで違った個性を見せる東出、島左近の妻であり、優秀な看護師でもあった花野にはドラマ、映画、ナレーションなど多岐に渡る活躍を見せる中越。 対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将・井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村が、初芽と同じく「伊賀の忍び」として家 [全文を読む]

“関ケ原の戦い”がチャンバラで現代によみがえる!

Walkerplus / 2016年10月17日15時14分

実際の関ケ原の戦いで活躍した七人の武将である徳川家康、石田三成、大谷吉継、黒田長政、福島正則、小早川秀秋、島津義弘にスポットを当て、それぞれの軍に分かれて対戦する形式となる。 対戦方法は、相手を全滅させた軍の勝利となるチーム戦と総大将を討ち取った軍の勝利となる大将戦、全員が敵の個人戦となる。 先着200名が参加できる大決戦。痛さとは無縁の、血がたぎる戦いに [全文を読む]

SNSを活用した関ケ原キャンペーン第2弾「9月15日は○○の日」キャンペーンを実施

PR TIMES / 2016年09月16日09時31分

(3)公式アカウント:@sekigahara_gifu 2 「ソーシャルフォトサイネージ」の設置 (1)期 間:9月23日(金)~9月25日(日) (2)場 所:東京ビックサイト (3)内 容:ゲーム・アニメ・カーデザイン・ロボットなど広い分野でプロを育成する専門学校「HAL東京」CG学部の学生が制作した「関ケ原の戦い」を代表する7人の武将(徳川家康・石 [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵瓊、宇喜多秀家、小西行長、島津義弘)の計16人をモチーフにしたアイコンで、個性あふれる兜が絢爛に並ぶ。 発売元は名古屋に本拠を持つ、その名もずばりの株式会社戦国。 ふだんは全国各地に点在す [全文を読む]

SNSを活用した関ケ原キャンペーン第1弾「戦国武将診断アプリ」等の配信をスタート!

PR TIMES / 2016年09月01日11時31分

(1)「戦国武将診断アプリ」 「関ケ原の戦い」を代表する7人の武将(徳川家康・石田三成・大谷吉継・黒田長政・福島正則・小早川秀秋・島津義弘)を自分の理想の彼氏に見立てた診断アプリを制作し、9月1日から配信スタート。簡単なアンケートに答えると、コメントとともに理想の武将のタイプが診断されます。診断結果はSNSでの投稿も可能です。 ■オフィシャルサイト ht [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

小早川秀秋……関ヶ原の勝敗を決定付けた19歳の若者です。・徳川家康……野戦は百戦錬磨の東軍総大将です。・黒田長政……黒田官兵衛譲りの謀略で、西軍を欺きました。・藤堂高虎……戦国の世における、世渡り上手といえる武将です。 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

個人的には、関ヶ原で東西に揺れる小早川秀秋(浅利陽介さん)や、主君・黒田長政との不仲に揺れる後藤又兵衛(哀川翔さん)あたりは、心を打つシーンを量産してくれそうな予感がプンプンしています。 単なる「ヒーロー」ではない主人公の泥臭さ 「真田丸」とは、真田信繁の建てた大阪城の出城です。丸く飛び出た出城で敵を挑発し、謀略・策略で相手を混乱させ、負けてもなお信繁が [全文を読む]

フォーカス