フィギュア 村上隆に関するニュース

離婚直後の元妻が高価なフィギュアを破壊 賠償請求は可能か

NEWSポストセブン / 2014年06月11日16時00分

現代美術家の村上隆のフィギュアに10億円以上の値が付けられるなど、これまで“一部のマニアのもの”として扱われてきたフィギュアに対する世間の見方もだいぶ変わってきた。しかしその価値を見出さぬ人が依然多く存在するのは紛れもない事実。離婚直後の元妻が高価なフィギュアを破壊してしまった場合、賠償を請求することはできるのか? 弁護士の竹下正己氏はこう回答している。 [全文を読む]

全長100メートル! 村上隆の超大作「五百羅漢図」が日本初登場

太田出版ケトルニュース / 2015年09月21日11時05分

村上隆は、フィギュア、アニメなどを題材としたオタク系文脈の作品を手かげる一方、ルイ・ヴィトンなどとのコラボ商品も実現させている世界的芸術家。2008年には、サザビーズに出品されたフィギュア「マイ・ロンサム・カウボーイ」が約16億円(≒1500万ドル)で落札され、大きな話題となった。 今回の展覧会は、東日本大震災を機に制作された全長100メートルにおよぶ超 [全文を読む]

映画公開『ゴジラ』フィギュア特集! ガメラや“ゴジラ対エヴァ”も【ワンフェス2016[夏]】

ガジェット通信 / 2016年07月30日14時15分

有名造型師のゴジラから“ガメラ”や“ガラモン”のフィギュア、“ゴジラ対エヴァ”のフィギュアやジオラマまで一挙にお見せします! ※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信でご覧ください http://getnews.jp/archives/1498834 精巧なシン・ゴジラ 有名造型師・竹谷隆之がキャラクターデザインを担当した『シン・ゴジラ』。迫力あ [全文を読む]

【韓国珍スポ探訪記】ひとりでじっくり挑みたい、硬派な近現代エロアート「エロティックアートミュージアム」

日刊サイゾー / 2016年09月29日19時00分

あちらに見たことある村上隆の作品があると思ったら、村上フィギュアを韓国の画家がリアルに写生した「パロディ作品」であった。パンフにそう書いてよ……。 それはそれとして、細密に性器を描写した韓国作家のエロアートを鑑賞できるのはなかなか貴重。こんなアーティストもいるのかと、勉強になりました。 30分ほどの観覧で、ミュージアムは終了。 カップルで楽しむことを目的 [全文を読む]

村上隆が集めた美術作品を公開 『村上隆のスーパーフラット・コレクション』

太田出版ケトルニュース / 2016年01月18日09時53分

2008年には、サザビーズに出品されたフィギュア「マイ・ロンサム・カウボーイ」がおよそ16億円(≒1500万ドル。当時)で落札され、大きな話題となった。 同展は、芸術家として創作活動に勤しむ一方、キュレーター、プロデューサー、ギャラリストとしての活動も展開する村上の美術コレクションを紹介するもの。タイトルの“スーパーフラット”には、既存の基準やカテゴリーを [全文を読む]

宮脇社長は“クールジャパン“にもチクリ! 業界をリードする海洋堂・造型師が明かしたフィギュア制作の極意

おたぽる / 2015年06月04日21時00分

6月3日、『探検バクモン』(NHK総合)にて、特集「フィギュアはおきらいですか?」が放送された。番組では、進行役の爆笑問題らが世界的フィギュアメーカー・海洋堂の宮脇修一社長と共に、同社の工房を訪問。3人の有名原型師がフィギュア製作の秘訣などを語っていた。 最初に登場したのは、ミクロな造形を得意とする寺岡邦明氏。これまで「旭山動物園シリーズ」などのヒット作を [全文を読む]

「クール・ジャパンなんてウソ」"精子人形"村上隆が日本のアニメ業界に苦言

日刊サイゾー / 2012年01月21日08時00分

僕は村上隆という一人の芸術家として海外で注目されているのであってクール・ジャパンとは何の関係もない」 村上氏の作品といえば、旧来の日本のマンガやアニメからの影響が色濃く、2008年には競売会社・サザビーズが行ったオークションに裸の少年が精液を飛ばすフィギュア『My Lonesome Cowboy』が出品され、1,516万ドル(約16憶円)で落札されたことが [全文を読む]

CDデビューした小林麻耶アナが歌詞に込めた憧れとは? 「男をたぶらかしていると思われがちですけど、すごく恋愛ベタで…」

週プレNEWS / 2016年02月06日11時00分

―そういえば、TVで自分のフィギュアのパンチラとか見せて喜んでましたよね。 麻耶 そうなんです。ああいうことが今すごく楽しいんですよ。 ―本当に楽しそうに話してますもんね。 麻耶 はい。実は『ブリカマぶるーす』のカップリング曲が『テノヒラニ』というラブバラードになってるんですけど、この曲を聴いてもらうと、私の女性としての未熟さがわかってもらえると思います [全文を読む]

美少女展、青森県立美術館にて開催。手塚治虫から村上隆まで300作品展示

FASHION HEADLINE / 2014年06月01日21時00分

日本のマンガ・アニメにおける突出したモチーフである「美少女」をテーマに、美術のみならず文学、漫画、アニメ、フィギュアなどの領域を横断し、江戸時代から現代まで振り返る。 1902年創刊の雑誌『少女界』を始めとする少女雑誌を紐解く「ガールの誕生」、戦う少女を特集した「駆け出す少女」、アニメや漫画で人気の「魔女っ子」を紹介する「魔法少女と変身願望」など16のセク [全文を読む]

日本発展に「ラーメンに胡椒入れるな!」的アーティスト必要

NEWSポストセブン / 2014年05月17日07時00分

現代美術家・村上隆氏の1/1フィギュアは1体10億円以上で売れる。もちろん、国民全員が美術作家になれ、という意味ではない。新興国と争ってコモディティ(汎用品)を作るのではなく、フランスやイタリアのようにブランド価値を売りにする策である。 かつてローマに出張した際、時間がない中で土産を買うため街のネクタイ店に入り、店主に「適当に10本包んで欲しい」と頼んだら [全文を読む]

フォーカス