長州藩 高杉晋作に関するニュース

「花燃ゆ」ゆかりの地巡りをどこよりも早く紹介!!

Walkerplus / 2015年01月04日20時00分

同作品は、長州(山口県)の萩を舞台に吉田松陰ら長州藩士の活躍する姿が生き生きと描かれており、井上は吉田松陰の妹、文(ふみ)を演じている。萩市には、大河ドラマに登場する志士たちのゆかりの地が数多く残っている。そこで今回は、半日で史跡を巡るコースを紹介したい。 「松陰神社」や「伊藤博文別邸」がある旧松本村は、ドラマを深く味わう上でも必須のエリア。まず訪れたいの [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

その時に立ち会った長州藩士・小幡高政は次のような談話を残している。 すぐに死罪を申し渡す文書の読み聞かせがあり、そのあと役人が松陰に、「立ちませい!」と告げます。すると、松陰は立ち上がり、私の方を向いて、ほほ笑みながら一礼し、ふたたび潜戸から出て行ったのです。 すると……、その直後、朗々と漢詩を吟ずる声が聞こえました。それは、「吾、今、国の為に死す。死して [全文を読む]

「花燃ゆ」松下村塾が始動!久坂&高杉が松陰と運命の出会い

Smartザテレビジョン / 2015年02月21日20時02分

激動の長州藩の運命に翻弄(ほんろう)されながらも、新しい時代へと兄・寅次郎(後の松陰・伊勢谷友介)の志を引き継いでいった文(井上真央)の姿を描く「花燃ゆ」。2月22日(日)放送の第8話では、ついに舞台は野山獄から松下村塾へ。幕末・維新で活躍する優秀な志士を多数輩出した松下村塾のメンバーの紹介と合わせ、2月22日(日)放送から登場する、東出昌大演じる久坂玄瑞 [全文を読む]

維新の傑物ここにあり!第1回「長州幕末歴史検定」9月6日(日)山口・東京・大阪で開催

DreamNews / 2015年01月06日16時30分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、吉田松陰や高杉晋作など、魅力あふれる人物を輩出した長州藩を中心に、幕末期の歴史に関する知識を問う「長州幕末歴史検定」を、9月6日(日)に、山口・東京・大阪にて開催します。本検定は、株式会社エフエム山口(本社:山口県山口市、代表取締役社長:佐本 敏朗、略称:FM山口)および [全文を読む]

腹がへっては戦はできぬ!“刀を模したお箸”「侍箸」第4弾は幕末! 幕末志士「坂本龍馬」「高杉晋作」2015年3月発売

DreamNews / 2014年12月12日13時00分

ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市曙町/ 代表:清水一行)は、“日本刀を模したお箸”「侍箸」シリーズ第4弾として、幕末志士として有名な土佐藩郷士「坂本龍馬」と長州藩士「高杉晋作」を2015年3月に発売予定です。坂本龍馬は愛刀「陸奥守吉行」をモチーフにしつつ、鍔は実際寺子屋事件の際に持っていた刀についていたと言われる「唐獅子牡丹鍔」を元に造型、高 [全文を読む]

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の準主役 楫取素彦(小田村伊之助)のことが一番詳しくわかる決定版『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』

PR TIMES / 2014年12月10日12時24分

松陰の死後、その志を継ぎ、長州藩の中で外交官的な役割を担い、活躍しました。 幕末、長州藩主の側近として各地を飛び回り、坂本龍馬を桂小五郎に紹介して薩長同盟の端緒役となります。 維新後は初代群馬県令として活躍し、妻・寿の死後は、久坂玄瑞に嫁いで寡婦となっていた松陰の妹・文(大河ドラマの主人公)と再婚しました。 そして富岡製糸場の危機を救い、のちに群馬の父と [全文を読む]

「人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」(木戸孝允)【漱石と明治人のことば236】

サライ.jp / 2017年08月24日06時00分

木戸孝允は、ご存じのように、幕末の長州藩にあっては、はじめ桂小五郎として活躍していた。のち木戸貫治を名乗り、ついで準一郎、孝允と改名した。慶応2年(1866)1月、坂本龍馬を仲立ちとして、長州藩を代表し、薩摩藩代表の西郷隆盛との間に薩長同盟を成立させる大役を果たした。大久保利通、西郷隆盛とともに維新の三傑とたたえられる所以である。 天保4年(1833)生 [全文を読む]

高杉晋作を救う“ようかん”作り 「花燃ゆ」第30回

Smartザテレビジョン / 2015年07月24日18時15分

「花燃ゆ」では、吉田松陰の妹・美和を主人公に、長州藩を中心とした幕末の動乱が描かれている。夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)に仕えている。 前回放送では、藩主・敬親(北大路欣也)が山口から萩へと居城を移転。狭い萩城に移るため、奥御殿でも女中を減らすことになり、美和は女中の選別 [全文を読む]

井上真央がリストラを断行!?「花燃ゆ」第29回

Smartザテレビジョン / 2015年07月17日05時00分

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上真央)を中心に、その家族や長州藩の志士たちを描く青春群像劇。 前回放送では、夫の死の真相を知るため、周囲の反対を押し切って藩の奥御殿の女中見習いとなった文が、異国との停戦交渉に臨む高杉晋作(高良健吾)に再会。 「人には勝手に言わせておけ。心の内は、ただその者だけが知ればいい」と背中を押された文は、美和と名を改め、正式に奥 [全文を読む]

井上真央がリストラを断行!?「花燃ゆ」第29回

Smartザテレビジョン / 2015年07月17日05時00分

「花燃ゆ」は吉田松陰の妹・文(井上真央)を中心に、その家族や長州藩の志士たちを描く青春群像劇。 前回放送では、夫の死の真相を知るため、周囲の反対を押し切って藩の奥御殿の女中見習いとなった文が、異国との停戦交渉に臨む高杉晋作(高良健吾)に再会。 「人には勝手に言わせておけ。心の内は、ただその者だけが知ればいい」と背中を押された文は、美和と名を改め、正式に奥 [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

例えば、4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、妹の文(ふみ・井上真央)の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画 [全文を読む]

『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

高杉は、武士と庶民の混成部隊「奇兵隊」を組織、長州藩を倒幕に向かわせた。大河ドラマでは若手人気俳優の高良健吾が高杉役を務めている。 菊屋横町には「高杉晋作誕生地」の石碑が立っており、その「生家」には入館料100円(中高生は50円)を払って多くの観光客が訪れる。萩市観光協会もネット上で説明、NHKの花燃ゆ公式ガイドブックでも紹介されている。 ところが、「高 [全文を読む]

大河ドラマ『花燃ゆ』展 吉田松陰や高杉晋作らの貴重な資料登場

太田出版ケトルニュース / 2015年05月29日10時14分

そして文は長州藩の毛利家につかえ、その後「美和子」と名前を変え、群馬県令・楫取素彦と再婚。群馬の産業や教育の発展に尽した夫を支え、1921年に亡くなった。 展示は、文や吉田松陰の生まれた育った萩の街の紹介、文や松陰の家族写真・書簡・資料、松下村塾に関する資料、幕末の歴史、長州藩と幕府との戦い、楫取素彦の功績を伝える資料など、文および彼女の周りを巡る事柄を [全文を読む]

大河に『花燃ゆ』ごり押し? 安倍首相が愛する「長州藩」はテロリスト集団だった!

リテラ / 2015年02月22日19時00分

今回の主人公は、吉田松陰(伊勢谷友介)の妹で、長州藩士の久坂玄瑞(東出昌大)の妻・文(井上真央)、舞台はもちろん長州・山口県なのだが、こういう設定になったのは「NHKが安倍首相の地元をどうしても取り上げたかったからだ」「安倍首相がNHKに圧力をかけたんじゃないか」と関係者のあいだでまことしやかに噂されているのだ。 こうした疑惑を、ジャーナリスト・鵜飼克郎氏 [全文を読む]

没後150年…高杉晋作を語ろう 11月18日、大和ハウスがフォーラム

産経ニュース / 2017年09月18日10時02分

晋作は天保10(1839)年に長州藩で生まれ、松下村塾門下の俊才として知られた。奇兵隊創設や四国艦隊下関砲撃事件後の講和交渉で活躍し、第二次長州征討では藩を指揮して幕府軍を各戦線で破るが、維新目前の慶応3(1867)年に27歳で病没した。フォーラムでは、厳しい国際情勢の中で日本の独立保持へ尽力した晋作の外交力や決断力などについて、歴史学者の磯田道史さんを [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

久坂は長州藩出身の志士で、松下村塾で知られる吉田松陰の弟子であり、義弟でもあります。 司馬作品にも、幕末の長州藩を舞台にした小説があります。兵学者・大村益次郎が主人公の『花神』や架空の武士・天堂晋助を中心にした『十一番目の志士』などがありますが、特に好きなのは『世に棲む日日』です。吉田松陰と高杉晋作が主人公で、久坂も重要人物として登場します。 今回の役作り [全文を読む]

DVD『究極の自燃人・高杉晋作に学ぶ“異端児”が組織を救うとき! 歴史や偉人に学び、明日の経営や志事に活かそう! 映像版:偉人に学ぶ臥龍セミナー 第9巻』が、Amazon DODストアで販売開始!!

DreamNews / 2016年08月19日17時00分

長州藩士として活躍した高杉晋作は、まさに異端の人と呼ぶべきにふさわしい豪快な人物でした。松下村塾で吉田松陰先生に師事した晋作は、24歳という若さにも関わらず四カ国連合艦隊との和議交渉役に任命されることとなりました。その交渉を奇跡のような見事な計らいによって、切り抜けた晋作の驚くべきアイディアは、現代に生きるビジネスマンにとっても、企画力を養う大きなヒントと [全文を読む]

長州藩と幕府が激突!「花燃ゆ」第35回

Smartザテレビジョン / 2015年08月28日07時00分

8月30日(日)夜8時からの大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)では、長州藩と幕府軍が戦った第2次長州征討が描かれる。 前回放送では、坂本竜馬の仲立ちで薩長同盟が成立。仇敵と手を結ぶことに複雑な思いを抱く美和(井上真央)だったが、義兄・伊之助(大沢たかお)から許すことの意味を説かれ、納得する。薩摩藩からひそかに武器を入手することが可能になった長州藩は、幕 [全文を読む]

高杉晋作立つ! 疾風怒濤の「花燃ゆ」第32回

Smartザテレビジョン / 2015年08月08日07時00分

8月9日(日)の大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK総合ほか)では、ついに高杉晋作(高良健吾)が革命ののろしを上げる! 「花燃ゆ」では、吉田松陰の妹・美和(井上真央)を主人公に、長州藩を中心とした幕末の動乱が描かれている。夫・久坂玄瑞(東出昌大)を亡くした美和は、藩の奥御殿に入り、藩主の世継ぎ・毛利元徳(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)付きの女中として仕えている [全文を読む]

“大奥編”開幕! 文が女の園へ 「花燃ゆ」第28回

Smartザテレビジョン / 2015年07月11日05時00分

しかし、そのころ長州藩は、イギリスをはじめとする四カ国艦隊から攻撃を受けていて、敗戦必至の状況だった。 藩主・毛利敬親(北大路欣也)は、停戦の交渉役に高杉晋作(高良健吾)を指名。晋作の父・小忠太(北見敏之)は文の元を訪れ、息子に交渉の場で身に着ける正式な装束を届けてほしいと頼み込む。講和に反対する勢力が暗躍する中、男ではかえって危険と白羽の矢が立ったのだ。 [全文を読む]

フォーカス