世界遺産 仁和寺に関するニュース

【京都絶景桜】京都一の遅咲き!樹高が低く視界一面に広がる「仁和寺」の御室桜

Walkerplus / 2017年03月16日06時00分

1994年に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。京都では遅咲きの桜として有名な「御室桜」は、江戸時代から庶民の桜として親しまれ、背丈は低くとも色が濃く、大ぶりな花弁を持つ立派な姿から、「お多福桜」とも呼ばれている。国の名勝に指定され、桜の名所として随一の人気を誇る。 ■ 数多くの和歌でも詠まれた美しさに定評のある御室桜 御室桜の樹高は約2mのた [全文を読む]

仁和寺「349日連続勤務」「残業240時間」、ブラック職場はなぜなくならないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年04月26日10時18分

世界遺産・仁和寺(京都市)の宿坊元料理長の男性が、長時間労働で抑うつ状態になったとして、寺に約4700万円の損害賠償を求めた裁判で、京都地裁は4月12日、「極めて過酷ともいうべき長時間労働」だとして、約4253万円の支払いを命じた。報道によると、男性は2005年、料理長に就任した。2011年には月140時間以上の時間外労働が常態化し、月に約240時間になっ [全文を読む]

京都 世界遺産の桜をミニチュア化した「京都小鉢シリーズ 京桜」2015年分 販売開始

PR TIMES / 2015年03月04日10時46分

京都の四季をご家庭のテーブルで味わう、新しいカタチの京風インテリア有限会社フラワーハウスおむろ(本社:京都市右京区/代表取締役:島本壮樹/以下、京都花室おむろ)は、京都の四季をご家庭でも味わえるよう、京都 世界遺産の桜をミニチュア化、鉢植えにした京都小鉢シリーズから「京桜」の2015年度の販売を開始いたしました。[画像1: http://prtimes.j [全文を読む]

「そうだ 京都、行こう。」でなぜ比叡山延暦寺?「延暦寺は滋賀県やねん」

おたくま経済新聞 / 2017年05月16日19時15分

ちなみに、滋賀県民にとって比叡山延暦寺を京都くくりで紹介している点についてどう感じるか聞いてみると「『古都京都の文化財』だし、文句を言うような人はほとんどいないと思いますが、でも「実は滋賀県の世界遺産やねん」って言い出す人はやはりいると思いますよ」とのことでした。 所在は滋賀県だけれども、境内には京都が含まれ、さらに世界遺産としては「古都京都の文化財」カ [全文を読む]

仁和寺で阿弥陀三尊像や吉祥天立像などを公開!

Walkerplus / 2016年10月26日19時32分

平成6(1994)年には、世界遺産へも登録。国宝や重要文化財なども数多く、日本だけでなく、世界中から多くの観光客が訪れている。 ■ <秋の特別公開>国宝や文化財の仏像や絵画、書跡などを展示 2016年10月1日(土)~11月23日(水)にかけて、「仁和寺霊宝館 秋季名宝展」を開催。展示されるのは、仏像や絵画、書跡など、60点以上。国宝である阿弥三尊来像、御 [全文を読む]

うぶ餅に金粉ソフトも!金閣寺周辺のおすすめグルメ10選

Walkerplus / 2016年09月16日17時09分

柔らかな求肥に自家製のあんと国産の大納言甘納豆を混ぜ込み、きな粉をまぶした一品はお土産に最適だ! ■ 名水でいれるお茶とスイーツでひと息 世界遺産の仁和寺のたもとにある、モダンテイストな和カフェ「御室さのわ」。“おもてなしの心”を込めて、一煎ずつ丁寧にいれる日本茶と、洋菓子をはじめとするスイーツのコラボレートが楽しめる。用意される洋菓子は、全国の有機栽培茶 [全文を読む]

残業や休日出勤の命令を拒否したら、場合によっては解雇も有り得るの?!

相談LINE / 2016年04月28日21時30分

また大々的に報道された、世界遺産・仁和寺による宿坊元料理長への連続349日勤務の件でも、有効な36協定が結ばれていなかった。 もしもこれをご覧の読者の中に、36協定が結ばれずに残業や休日出勤を強制されている労働者、あるいは強制させている会社は、早急に労使協定を作ることをお薦めしたい。 [全文を読む]

JTBグループの国内旅行キャンペーン『日本の旬 京都・びわ湖・奈良』キャンペーン概要

PR TIMES / 2016年02月22日17時36分

(1)有名社寺の貸切企画(醍醐寺、仁和寺、奈良興福寺の時間外特別拝観)(2)京都の“朝”観光への提案(京都五山での坐禅体験など)(3)伝統文化の体感(浴衣を着て祇園祭を体験、五山の送り火鑑賞プランなど)(4)広域周遊観光(エースJTB専用のバスや定期観光バスを利用した「周遊バス旅」)(5)「地恵のたび」プロジェクト(地域の特性を活かした魅力ある企画のご紹介 [全文を読む]

京都・仁和寺、バイオテクノロジーで培養した八重桜の開花に成功

インターネットコム / 2014年04月11日18時30分

世界遺産の1つである京都府の仁和寺で、バイオテクノロジーで培養した桜が開花した。プロジェクトにたずさわった住友林業が発表した。 仁和寺の「御室桜」は17世紀に植えられたと伝えられる八重咲きの桜で、人の背丈ほどまでにしか成長せず、遅咲きなのが特徴。京都の春の最後を彩る花として知られるが、樹齢360年を超えて衰えが目立ち、一部は枯死の恐れも出ている。 後継とな [全文を読む]

京都老舗花屋が開発した「インテリア盆栽」がシンガポールで大人気

PR TIMES / 2017年05月26日10時00分

○海外に無縁の老舗が海外展開に至るきっかけ京都花室おむろは、京都 世界遺産である仁和寺の眼前で4代にわたって営業してきた老舗花屋で、その伝統と品質が評価され、国内10,000社以上との取引実績を有しています。2016年3月に開催されたシンガポール最大級の植物園である「Gardens By the Bay」が開催した展示会にて「京都小鉢(ミニ盆栽)シリーズ [全文を読む]

フォーカス