ペリー 吉田松陰に関するニュース

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

ぜひ挑戦してみてください!【クイズ1】ペリーが再来航した嘉永7年(1854)、吉田松陰はある企てに失敗し、その一件で罪に問われました。このとき彼が企てたのは、どんなことでしょう?(い)密航しようとした(ろ)老中を暗殺しようとした(は)江戸の町に放火しようとした(に)公使館を焼き打ちしようとした【クイズ2】松下村塾は、幕末の維新の志士を多く輩出しました。では [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

その後、ペリーの黒船が浦賀に来航した際に、国防のために西洋文明を学ぼうと乗船を求めたが拒否され[、幕府に自首。しばらく長州萩の野山獄に幽囚となった後、生家に蟄居となった、この時に松下村塾を開き、門人の教育に励んだ。 そして今度は、老中・間部詮勝の要撃計画がもとで、死刑の判決を受けたのである。この松陰の人生のどこが「収穫の時」なのか。松陰はこう続ける。 私 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊勢谷友介が現代の“松下村塾”始める。NHKの番組で「ホントに! マジで!」と宣言。

TechinsightJapan / 2015年01月27日18時20分

当時の国禁を犯してペリーの黒船に乗り込もうとするなどは、狂ったほどの思いがなければできないことだ。彼が命がけで実行したことにより世の中が動き出した。「立身のために自分がどうあるべきかではなく、世の中のためにどう動くべきかを考えて、公のために命を捨てられる」のが吉田松陰だ。 そんな吉田松陰の志に共感する伊勢谷が「皆もできる! ただ、やっていないだけ。だから、 [全文を読む]

幕末版『花より男子』の目線で見る『花燃ゆ』の魅力

WEB女性自身 / 2015年01月31日13時00分

今回は“胸キュン”要素が盛りだくさん!と太鼓判を押すのは、時代劇評論家でもあるペリー荻野さん。「ヒロインを巡る4人のイケメンという構図は“幕末の『花より男子』”。しかも、松蔭が主宰した松下村塾は現代の男子校みたいなものでしょう。まさしくイケメンパラダイスですね。若くして死んでゆく“薄幸の美少年”好きには、幕末はたまらない(笑)」 そこで、イケメン大河の見ど [全文を読む]

【三菱電機】製造業向けビジネスレポート最新号:河合敦氏「歴史を学び、歴史から学ぶ」

PR TIMES / 2014年01月23日09時23分

▽内容のご紹介◆第1回:いにしえより受け継がれた日本のモノづくり◆江戸幕末、開国の際にペリーから贈られた1/4スケールの蒸気機関車をもとに、わずか半年後、本物の蒸気機関車の製作に成功。長く鎖国下にありながら、なぜ当時の日本人はこれほど高度な技術を有していたのか。日本人の特性、歴史的背景を交えながら“モノづくりの国・日本”に迫ります。◆第2回:天下統一を成し [全文を読む]

小中学校で「聖徳太子」や「鎖国」が消える?そのワケは?

JIJICO / 2017年03月06日09時00分

ペリー来航の際、密航を企てアメリカ船に乗り込んだ吉田松陰たちは罰せられていますし、ペリー来航に先立つ1844年に開国を勧めてきたオランダ国王の親書を、幕府は無視しています。 三代家光の時代以降、鎖(とざ)された国の状態であったことを積極的に否定するほどの理由として、先ほど上げた諸条件は当たらず、「鎖国」の中でそういう例外もあった、ということで十分なように [全文を読む]

徳川幕臣の川路聖謨 国境交渉でロシアの譲歩を引き出した

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

いずれも特に外交で奮闘した優秀な官僚たちです」(以下、カギ括弧内は原田氏) ペリーが1853年に浦賀に来航し、翌年に再び来航して日米和親条約を結んだ頃、ロシアも対日接近を図っていた。 1853年に長崎に来航したプチャーチンとの交渉に臨んだのは、勘定奉行で海防掛を兼務していた川路聖謨。川路は全権大使としてプチャーチンと渡り合った。 「幕府は外交交渉を援護すべ [全文を読む]

イケメン大河ドラマで歴史を学ぶと副産物いっぱい?

ANGIE / 2015年01月14日10時59分

鎖国の日本がペリー来航により、海外貿易をスタートし、明治政府設立までを描いています。 幕末維新は、仕事のデキる男子の大好物時代。 その時代に詳しくなるだけで、男子との話題が盛り上がります。 歴史に詳しいと、「この子頭いいな」という印象を残せます。 幕末維新を自分の価値観刷新に活かす 幕末は明治政府という新しい時代に大きく変化した時代。 実はこの大きな変化 [全文を読む]

フォーカス