伊集院静 大人の流儀に関するニュース

「大人の流儀」シリーズ最新作『許す力』ついに刊行!

PR TIMES / 2014年03月14日13時21分

累計110万部突破の国民的ベストセラーシリーズ4作目 株式会社講談社(本社・東京都文京区)は、作家・伊集院静氏によるエッセイ『許す力 大人の流儀4』を発売いたしました。 『許す力 大人の流儀4』(伊集院静 著)は、シリーズ累計部数110万部を突破した「大人の流儀」シリーズ待望の4作目にあたります。「最後の無頼派」が説く、大人になるための心のあり方とは――。 [全文を読む]

累計143万部突破! 伊集院静『大人の流儀』シリーズの5冊 待望の電子配信開始!

PR TIMES / 2016年07月08日11時13分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/1041/resize/d1719-1041-403302-3.jpg ] 写真:(C) 宮本敏明 株式会社講談社は、2016年7月8日(金)より、伊集院静氏のエッセイ『大人の流儀』シリーズ5冊を電子書籍として配信開始いたしました。同シリーズは週刊現代の連載「それがどうした 男たちの流儀」を書籍 [全文を読む]

日経小説大賞授賞式を一般公開!選考委員の辻原登氏、高樹のぶ子氏、伊集院静氏と受賞者との座談会参加者を募集!!

@Press / 2016年02月05日10時30分

伊集院静(いじゅういん・しずか)1950年山口県生まれ。1981年「皐月」で作家デビュー。1991年『乳房』で吉川英治文学新人賞、1992年『受け月』で直木賞、1994年『機関車先生』で柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で吉川英治文学賞、2014年『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』で司馬遼太郎賞を受賞。ほかに『お父やんとオジさん』『いねむり先生』『星 [全文を読む]

トーハン調べ 2017年4月期月間ベストセラー

DreamNews / 2017年05月02日15時00分

何がめでたい」佐藤愛子 著/小学館3位 「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」ケント・ギルバート 著/講談社4位 「素敵な日本人 東野圭吾短編集」東野圭吾 著/光文社 ★5位 「いのちの車窓から」星野 源 著/KADOKAWA ★6位 「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一 著/中央公論新社7位 「か「」く「」し「」ご「」と「」住野よる 著/新潮社8 [全文を読む]

トーハン調べ 2017年3月期月間ベストセラー

DreamNews / 2017年04月04日13時00分

何がめでたい」佐藤愛子 著/小学館2位 「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編」 村上春樹 著/新潮社3位 「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一 著/中央公論新社4位 「さよならの力 大人の流儀(7)」伊集院静 著/講談社 ★5位 「おしりたんてい かいとう VS たんてい」トロル 作・絵/ポプラ社 ★6位 「それでもこの [全文を読む]

カリスマ書店員のマイ流行語大賞は「いちいちうるせえ」

NEWSポストセブン / 2016年10月13日07時00分

ベストセラーになる本は、どれも世代を超えて読まれていくものですが、この本もまさにそうで、私は145万部を突破している伊集院静さんの『大人の流儀』シリーズが最初に発売された時の勢いと重なりました」 新井さんは「彼女がプッシュした作品はヒットする」といわれるカリスマ書店員として知られ、「新井ナイト」など、数々のイベントを主催している。その新井さんは先日、店頭で [全文を読む]

トーハン調べ9月期月間ベストセラー

DreamNews / 2016年10月04日15時00分

大人の流儀(6)」伊集院静 著/講談社12位 「言ってはいけない 残酷すぎる真実」橘 玲 著/新潮社13位 「つくおき 週末まとめて作り置きレシピ」nozomi 著/光文社 ☆ 14位 「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」八木龍平 著/サンマーク出版 ★15位 「君の膵臓をたべたい」住野よる 著/双葉社16位 「陸王」池井戸潤 著/集英社 17位 [全文を読む]

トーハン調べ8月期月間ベストセラー

DreamNews / 2016年09月06日13時00分

大人の流儀(6)」伊集院静 著/講談社20位 「君の膵臓をたべたい」住野よる 著/双葉社 *本資料を新聞・雑誌などに掲載される場合は、「トーハン調べ8月期月間ベストセラー」と明記して下さい。 *全集は除いています。 *★印は初登場 ☆印は再登場 *次回(9月期)は、10月4日発表になります。 *本資料の営利を目的とした第三者への2次利用を固く禁じます。* [全文を読む]

株式会社講談社の人気作品が、オーディオブック聴き放題サービス「Audible(オーディブル)」にて配信開始

PR TIMES / 2016年08月17日10時25分

初回ラインナップは、第153回直木賞受賞作『流』(東山彰良)、第146回芥川賞受賞作『道化師の蝶』(円城塔)、日常にひそむ恐怖を描いた短篇集『百鬼夜行 陰』(京極夏彦)、カリスマブロガーはあちゅう氏の人生指南本『半径5メートルの野望』、シリーズ累計150万部のベストセラー『大人の流儀』(伊集院静)、ティーンエイジャーに絶大な人気を誇る『都会(まち)のトム [全文を読む]

トーハン調べ7月期月間ベストセラー

DreamNews / 2016年08月03日09時00分

大人の流儀(6)」伊集院静 著/講談社 ★6位 「言ってはいけない 残酷すぎる真実」橘 玲 著/新潮社 7位 「コンビニ人間」村田沙耶香 著/文藝春秋 ★8位 「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和 著/サンマーク出版9位 「老いも病も受け入れよう」瀬戸内寂聴 著/新潮社10位 「すみっコぐらし このままでいいんです」よこみぞゆり 著/主婦と生活社 ★11 [全文を読む]

武豊の師匠!? 「ビル一棟分の金」を競輪につぎ込んだ小説家の“豪快伝説“にビートたけしもホレた

Business Journal / 2016年02月28日21時00分

それが、直木賞作家の伊集院静氏だ。 伊集院氏といえば、若いころは広告ディレクターとして人気CMを数多く手がけ、小説、エッセイと作家としても数多くの作品を残す「才人」。女優さんとの結婚や死別など女性関係でも世間をにぎわせた"モテ男"でもある。あのビートたけしが「あの人はかっこいい」と語るのだから、魅力的な人物に違いない。 そんな伊集院氏、現在は大人しくなった [全文を読む]

トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年02月02日15時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------ 1位 「火花」又吉直樹 著/文藝春秋2位 「業物語」西尾 [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 12月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年01月06日15時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2015年 12月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------1位 「火花」又吉直樹 著/文藝春秋2位 「きえた!? [全文を読む]

近藤真彦、35周年ライブチケットが急騰!! 新曲16位発進も「嵐参戦」予測で相場5万円に

サイゾーウーマン / 2015年12月11日11時51分

近藤は親交のある作家・伊集院静が作詞を担当した新曲「大人の流儀」を12月9日にリリース。新曲発売にあたって『VS嵐』(フジテレビ系、11月26日放送)、『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系、11月29日放送)、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系、12月3日放送)など、後輩の冠番組にも積極的に出演。『アブナイ夜会』ではHey!Say!JUM [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2015年12月08日17時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------1位 「新・人間革命 (27)」池田大作 著/聖教新聞社 [全文を読む]

紅白出場のマッチ、再ブレイクのトシちゃん、「たのきんトリオ」それぞれの人生

アサジョ / 2015年12月01日09時59分

本人も12月に作家・伊集院静氏の作詞による新曲『大人の流儀』をリリースするとあって、はりきっていますよ」(業界関係者) 近藤は、今年の6月に行われたトライアスロン世界選手権に日本代表としても出場し、見事完走。記念すべき35周年を迎え、喜びもひとしおのようだ。しかし盛り上がっているのは、近藤だけではないという。「かつて“たのきんトリオ”として、共に一世を風靡 [全文を読む]

「徹子とマッチは嫌な予感しかない」近藤真彦、『紅白』決定でファンが震え上がるワケ

サイゾーウーマン / 2015年11月27日09時00分

そんな近藤は12月9日に作家・伊集院静氏が作詞した35周年記念シングル「大人の流儀」をリリース。7月からスタートしたツアー『近藤真彦 THE三十五周年』が12月11日・12日の日本武道館公演でファイナルを迎え、その後も同22~26日にかけてディナーショーを開催するなど、年末に向けて大忙しだ。 「新曲リリースにあたり、テレビ露出も盛んになっています。11月 [全文を読む]

今さらなぜ? 近藤真彦に囁かれるNHK紅白出場のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2015年10月17日08時30分

7月から35周年記念全国ツアー「THE 三十五周年」がスタートしたほか、セルフカバーアルバム「三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲」をリリースするなど、活発に活動している。先日は、作家の伊集院静氏(65)から歌詞提供を受けたニューシングル「大人の流儀」を12月12日に発売することが明らかになったばかりだ。 「周年を大事にするジャニーズらしく、需要以上の [全文を読む]

ファン待望、6年ぶりの新刊が1位に。奇妙で愉快な脳内ドキュメンタリー

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月09日07時20分

5位は固定ファンも多い人気作家・伊集院静によるエッセイ。遠慮のないストレートな語り口で綴られる、生きる指針になるような人生論が支持された。 ランキング全体では、かつて人気があった“癒やし系”より、未知の世界や人物を知り、より深く心に突き刺さるものを求めている読者が増えたという印象を受ける結果になった。――本誌より一部抜粋 同誌では、1位の岸本佐知子のイン [全文を読む]

フォーカス