女子アナ 小郷知子に関するニュース

NHK女子アナ黄金時代到来 なぜ1強5弱になったのか

NEWSポストセブン / 2016年09月05日07時00分

最近の若い女子アナは顔と名前が一致しない──。そんな読者は多いのではないか。それもそのはず、民放各局は若手女子アナの育成に頭を抱えているのだ。反面、これまで「地味」とされてきたNHKが「女子アナ黄金時代」を迎え一人勝ち状態。なぜ“1強5弱”となったのか。 日本選手団の歴代最高の「41個」のメダルラッシュに沸いたリオ五輪。選手の活躍同様に注目を集めたのがNH [全文を読む]

本当に好きな女子アナ 有働由美子、小野文恵ほかNHK勢健闘

NEWSポストセブン / 2013年01月15日07時00分

『週刊ポスト』が読者890人を対象に「本当に好きな女子アナ」アンケートを実施した結果、圧倒的な人気を見せたのは、「新女王」の呼び声高いフジテレビの加藤綾子アナ(27)だった。 2位以下は、NHKのアナウンサー陣の健闘が目立った。30位以内に8人、ベストテン圏内には4人がランクインした。硬派ニュースに関心の高いサラリーマンが多いポスト読者ならではの結果である [全文を読む]

女子アナ人気投票でNHK上位 知的さと抜群のプロポーション

NEWSポストセブン / 2013年01月15日16時00分

『週刊ポスト』が読者890人を対象に「本当に好きな女子アナ」アンケートを実施した結果、NHKのアナウンサー陣の健闘が目立った。 2位の有働由美子アナ(43)を筆頭に、3位に小野文恵アナ(44)、6位に鈴木奈穂子アナ(30)、8位に井上あさひアナ(31)、19位に小郷知子アナ(34)、23位に久保田祐佳アナ(30)、25位に杉浦友紀アナ(29)、28位に上條 [全文を読む]

『クローズアップ現代+』のNHK女子アナ神セブン、美女ぞろいで話題もファンからは若手を望む声

メンズサイゾー / 2016年04月17日18時00分

キャスターには7人の女子アナを起用。最年長は『日曜美術館』を担当するなどアートに造詣の深い伊東敏恵(43)で、その下に中国語が堪能な鎌倉千秋(37)と、11年から14年まで『ニュース7』のメーンキャスターを務めた小郷知子(こごう・ともこ/37)の同い年コンビが続く。 11年から15年まで『ニュースウオッチ9』のメーンMCを務めた井上あさひ(34)と、これ [全文を読む]

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

今回の改編は女子アナたちにとって「大人事異動」となりそうだ。近年、女子アナの存在感が低下し、それに伴うかのように視聴率も下降気味のテレビ朝日では、「屋台骨」ともいえる番組でキャスター交代が控える。 『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキ [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(2)夜のニュース戦線にNHKが抜擢した7人の美女アナたち

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

それぞれの女子アナの得意分野を生かしながら、日替わりで登板させることになる。毎日美女アナが代わればオヤジの視線を釘づけにでき、古舘が降りてパワーダウンした『報ステ』を一気に叩けるわけです」(芸能デスク) NHKの豊富な人材から選りすぐりで抜擢された7人の美女侍は杉浦友紀アナ(32)、久保田祐佳アナ(33)、井上あさひアナ(34)、松村正代アナ(34)、小郷 [全文を読む]

民放女子アナ軒並み凋落 唯一期待が持てそうなのはテレ東か

NEWSポストセブン / 2016年09月07日07時00分

これまで「地味」とされてきたNHKが「女子アナ黄金時代」を迎え一人勝ち状態だ。リオ五輪で注目を集めた杉浦友紀アナ(33)のほか、小郷知子アナ(38)、井上あさひアナ(35)ら美熟女アナたちが鎬を削り合う。そのほか、『ブラタモリ』の桑子真帆アナ(29)や近江友里恵アナ(27)ら次から次へと人気アナが生まれている。まさに女子アナ界はNHKが民放を大きく引き離す [全文を読む]

NHK女子アナ神セブン ツートップ追う久保田・杉浦らの評判

NEWSポストセブン / 2016年04月13日07時00分

同番組のキャスターには7人の女子アナが抜擢された。伊東敏恵アナ(43)、鎌倉千秋アナ(37)、小郷知子アナ(37)、井上あさひアナ(34)、松村正代アナ(34)、久保田祐佳アナ(33)、杉浦友紀アナ(32)の7人(入社年次順)。 看板番組に抜擢されたこの7人の女子アナを、今後のNHKの“顔”と位置づけていることは間違いない。AKB48の上位メンバー7人は [全文を読む]

NHK女子アナ「神セブン」 エースは井上か小郷か?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

「NHKの代名詞の硬派番組がすっかり民放チックになっちゃって」というお堅いお叱りはさておき、看板番組に抜擢されたこの7人の女子アナを、今後のNHKの“顔”と位置づけていることは間違いない。AKB48の上位メンバー7人は「神セブン」と呼ばれるが、さしずめ彼女たちは「NHKの神セブン」か。 『クローズアップ現代+』のキャスターを務めるのは、伊東敏恵アナ(43 [全文を読む]

“女っ気”乏しいテレ朝『報ステ』新体制はお先真っ暗? 目玉は「ミス富士山グランプリ」のド新人だけ!?

日刊サイゾー / 2016年04月10日12時00分

結局、新体制で常時スタジオ出演する女子アナは、小川アナと新人の森川アナの2人だけ。これでは、男性視聴者が番組を見なくなる可能性も十分。折しもNHK総合では、リニューアルして午後10時開始に移動した『クローズアップ現代+』が同4日よりスタート。井上あさひアナ、杉浦友紀アナ、久保田祐佳アナ、鎌倉千秋、小郷知子アナら、同局選りすぐりの美人アナ7人が日替わりでM [全文を読む]

【女子アナ妄想箱根駅伝】若手不足だが安定感ある早稲田大学

NEWSポストセブン / 2015年01月05日16時00分

仮に、年末年始の特番に引っ張りだこだった人気女子アナたちが出身大学別に分かれて戦えば、一体どの大学が強いのだろうか? 箱根駅伝と同様、距離の長い「花の2区」「山登りの5区」に有力ランナーを配置。1区はじめ往路には若手のフレッシュなアナを、プレッシャーのかかる復路にはベテラン中心の起用が多いが「何となくキャラクターがその区間っぽいこと」を最優先にし、早稲田大 [全文を読む]

テレビ東京の新エースに成長! 狩野恵里アナの恋愛体質を暴露

週プレNEWS / 2013年11月17日06時00分

先日発表された『週刊文春』の「好きな女子アナランキング」では、なんと夏目三久アナ(フリー)、小郷知子アナ(NHK)と同率で7位にランクインしたのだ。 女子アナ評論家の戸部哲也氏が彼女の魅力を解説する。 「番組の前任アシスタントだった大江麻理子アナはおっとり型でしたが、彼女はカラダを張るタイプ。妙にバッティングがうまかったり、ウンテイが得意だったり。はたま [全文を読む]

久保純子や小郷知子らNHK女子アナの系譜は時代映す鏡の意見

NEWSポストセブン / 2012年02月09日07時00分

本誌新年号(1月1日・6日号)の特別年表企画『史上最強の女子アナは誰だ!』は、オールドファンを中心に大反響を呼んだ。今回は第2弾として「NHK編」をお届けする。 NHKの女子アナには、大きく分けて2つの系譜がある。「報道・キャスター型」と「スポーツ・バラエティ型」だ。現在、「報道のエース」と目されているのが小郷知子。森田美由紀以来、7時のニュースでは12年 [全文を読む]

Fカップお天気キャスター・酒井千佳、連日の五輪コスでファン魅了

メンズサイゾー / 2016年08月13日18時00分

そんな朝のニュースで注目を集める女子アナがいる。NHK『おはよう日本』のお天気キャスターを務める酒井千佳(31)だ。連日にわたって五輪にちなんだコスプレを披露しており、ネットを中心に話題になっているのだ。 五輪開幕直後となる8日の放送では、現地のサンバダンサーを真似た派手なコスチュームで登場した酒井。サンバのリズムでステップを踏みながら、「リオ五輪も盛り上 [全文を読む]

「クローズアップ現代」改編報道で気になる“NHK美女アナ”トップは誰?「中高年層を釘付けにした井上あさひ」

アサ芸プラス / 2015年11月23日17時57分

ただ、京都に行ってわずか1年で戻すのは難しいのではないか」 透き通るような白い肌が特徴の森花子アナ(31)に太鼓判を押すのは、女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏だ。「今、最も注目しているNHKアナです。3月から『おはよう日本』のスポーツを担当。登場する時に後ろ姿を撮られるのですが、タイトなスカートの下半身がとても色っぽいんです。シャツもサイズが合っていなく [全文を読む]

フォーカス