源義経 平清盛に関するニュース

【京都】絶世の美女・常盤御前の生涯と、義経が剣を磨いた鞍馬寺

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日16時12分

悲劇の英雄・源義経の母、「常磐御前」は身分こそ低かったものの、絶世の美女と伝わります。そんな彼女の生涯はまさに源氏と平氏に翻弄されたと言ってもいいでしょう。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、常磐御前の生涯を追いながら、義経が剣の腕を磨いたことでも知られる源氏ゆかりの地「鞍馬寺」の魅力に迫ります。 常盤御前と牛若丸が武者修行した鞍馬寺 夫が敗れた [全文を読む]

日本史上初の東西対決「源平合戦」 どちらに加勢する?

しらべぇ / 2016年10月03日05時30分

それに関しては源氏側の指揮官だった源義経が才能を発揮したと言われているが、一方で「この時の平家は海賊勢力から見放されていた」とも考えられる。現に大河ドラマでは、そのように描かれていた。この源平合戦は、「どのようにして各勢力を味方につけるか」ということが初めて露呈した戦争でもあったのだ。・合わせて読みたい→「近代戦の目覚め」戊辰戦争 あなたはどちらに味方する [全文を読む]

日本の歴史を変えた源平の名刀 「小烏丸」「薄緑」を紹介

NEWSポストセブン / 2016年04月26日16時00分

【薄緑】(うすみどり) 重文 鎌倉時代(*伝承と、推定制作年代が異なる) 所有者:源満仲→源家→源義経 刃長:87.8cm 反り(※):3.7cm 京都大覚寺蔵 (※「反り(そり)」とは、切先と茎(なかご、柄部分に隠れた部位)を直線で結んだ際に、棟(刃の反対側)と最も離れた距離のこと。より少ない力で効果的に切るための工夫と言われている。) 「源平の戦い」 [全文を読む]

なんだこれは!馬を背負った武士の銅像に隠された真実!

Business Journal / 2015年08月31日06時00分

しかしながら、全国的な知名度はいまいちで、平清盛、源頼朝や源義経といった源平合戦の時代のスーパースターと比べると、あまり知られていない。どちらかといえば、脇役キャラだ。 寿永3(1184)年2月。平家追討軍を率いる義経と源範頼らは、摂津国福原(現在の兵庫県神戸市)で、崖の上から平家軍を急襲した。一ノ谷の戦いにおける「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」である。 [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

人物の声は、「聖徳太子」「紫式部」「平清盛」「源義経」「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」「ペリー」「坂本竜馬」「福沢諭吉」「西郷隆盛」の11名の人物について、日本音響研究所(東京都渋谷区)の協力のもと、編集部独自に声の再現に取り組み、上記の「しゃべる歴史巻物年表」が完成しました。 この「しゃべる歴史巻物年表」は、進研ゼミ小学講座「チャレンジ6年生」受講生 [全文を読む]

フォーカス