株価 太平洋に関するニュース

歴史が教える「お金の超確実な貯め方、稼ぎ方」

プレジデントオンライン / 2016年12月15日09時15分

景気やバブルに連動し、ときに暴落するのが株価である。しかし100年以上の長期の視点で見れば、一貫して上昇を続けていることがわかるという。長年の富裕層研究から導き出した法則を公開する。 ■なぜ長期的な視点が必要なのか 社会は日々進化を続け、経済的な環境はめまぐるしく変化する。ITを軸に新しいイノベーションが次々に登場する現代は、変化のスピードがさらに加速して [全文を読む]

世界的な社会的責任投資指標「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に選定されました

DreamNews / 2016年09月13日14時00分

野村総合研究所は、社会的責任投資(SRI)の世界的な株価指数であるDow Jones Sustainability Indicesのアジア・太平洋版「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に、今回初めて選定されました。 http://www.nri.com/jp/news/2016/160913_2.aspx(以下、ニュースリリース本文)株式会社野 [全文を読む]

ずさんすぎる中国経済が、世界をデフレ不況に追い込んでいる

まぐまぐニュース! / 2016年02月07日20時00分

東京市場の日経平均株価が1万7,000円を割り込むなど、今年に入って中国経済の減退が世界にさらに大きな影響を与え始めました。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、全ての原因は中国の「過剰生産」にあるとした上で、その調整の成否如何によっては世界大恐慌もありうると分析しています。 カタストロフィーの予感!? 今年に入って、本格的に「中国リスク [全文を読む]

スターバックス“中国が最大の市場になる”、積極出店へ ブーム到来で毎年18%成長の予測も

NewSphere / 2016年01月25日11時30分

株価は7年連続上げ スターバックスは、昨年のクリスマス・シーズンに、これまでのクリスマスデザインのカップからシンプルな赤いカップに変更。クリスマスを祝わない客に配慮したこのポリティカリー・コレクトな決断に苦情が殺到し、売り上げに影響すると危惧されたが、ふたを開けてみればそれほどでもなかった、とウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は伝える。10-12 [全文を読む]

時事通信が選ぶ国内10大ニュース

インフォシーク / 2015年12月28日14時00分

個人株主は、株価下落で損害を受けたとして同社や旧経営陣に賠償を求める訴訟を相次ぎ起こしているほか、同社自身も旧経営陣を提訴。東芝は不正会計の一因となったパソコンなど不採算事業の見直しや人員削減に迫られている。第7位 新国立競技場建設、エンブレム白紙にエンブレム使用中止を受け、東京都庁内で2020年東京五輪・パラリンピックのポスターをはがす職員=9月1日、東 [全文を読む]

アジア太平洋地域でM&Aの初期段階の活動が大幅に減速

DreamNews / 2015年10月29日11時00分

我々のデータでは、減速しつつある中国経済、第3四半期の中国および新興国市場における株価のメルトダウンが、APACに大きな影響を与えています。ただし、日本、東南アジアは、この減速に持ちこたえており、APAC地域内での明るい材料となっています。「アベノミクス2.0」が2016年、日本のM&Aの成長にどのような影響を与えるか、これは非常に興味深い観点です。」 イ [全文を読む]

[遠藤功治] 【タイヤバルブのガリバー、高収益謳歌】~“キラリと光るダイヤモンドの原石企業” 岐阜県編 1~

Japan In-depth / 2015年06月25日20時00分

株価は現在、上場来高値を更新中ということもあり、時価総額は約700億円、2015年3月期の売上高はほぼ1,000億円、営業利益は約70億円と、過去最高益更新の企業です。主力製品のタイヤバルブとはまさにその名前通りで、タイヤに空気を入れる口の所のバルブです。当社はこの分野で国内100%シェアと独占、海外でも20%強のシェアを握っています。 [全文を読む]

世界のアメリカ離れが加速。中国からもナメられ始めたトランプ外交

まぐまぐニュース! / 2017年05月30日05時00分

しかし、この状況下でも米国の株価が上昇している。米国の投資家は楽観主義者が多いが、その理由はトランプ大統領が辞任して、ペンス副大統領が大統領になれば、米国経済はよりよくなるという期待感からである。しかし、この投資家の楽観主義を心配して、イエレンFRB議長は、6月の利上げに踏み切ることになる。この利上げで株価を抑え込み、バブル形成を押さえたいようだ。 第2 [全文を読む]

このままでは、中国が米国に代わって貿易秩序の主導者になる=日本はRCEPの旗振り役を―渡辺頼純慶大教授

Record China / 2017年05月01日05時40分

「グローバル・パワー」にとどまるのか、それともアジア太平洋地域の「ミドルパワー」に成り下がるのか?⇒TPPや日EU・EPAで生産ネットワークを強化し、国際競争力を強化できれば日本のプレゼンスの維持は可能◆トランプ大統領誕生と米国のTPP「離脱」トランプ大統領:「米国はTPPから離脱する」「米国の雇用を増やすような二国間の公平な貿易協定を結ぶ」(二国間主義) [全文を読む]

競争の激しいホテル業界、それでもやっぱり強いヒルトン

Forbes JAPAN / 2017年01月06日15時00分

2016年末時点で、同社の株価は年初の17ドル(約1,980円)から28ドル(約3,260円)超にまで上昇した。アナリストの中には、今後最低でも33ドル(約3,845円)まで上がり続けると予想する者もいる。「ヒルトンの稼働率は今後10年、業界最速のペースで拡大を続けると予想している。同社には業界トップのパイプラインや評価の高い(顧客)ロイヤリティ・プログラ [全文を読む]

IFCとADM Capitalが、アジアの新興市場の発展、中小企業再建、雇用確保のための新型プラットフォームを開始

JCN Newswire / 2016年05月18日15時15分

通常このような状況では、株価評価が非常に下がりますので、株主は希薄化を望みません。同時に特殊な状況か窮状にある企業は、融資制限に直面し、事業続行のための資金提供を緊急に必要としています。Somei Platformでは、長期融資を必要とする企業にそれを提供する一方で、貸手のために超過担保の立場を利用した値下がりの抑止と、利益配当による穏やかな値上がりに寄与 [全文を読む]

燃費水増し問題発覚前に自社株を売却! ヒュンダイ・起亜にインサイダー取引の疑い

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年12月26日08時30分

発表後は、予想通り両社の株価は暴落している。実際、アジアの国々では、インサイダー取引は珍しいものではない。シドニーにある研究機関(CMCRC)の調査結果によると、アジア太平洋諸国では、今年の第1四半期だけでも、株価に影響を与えるような企業発表の26%について、事前に情報が漏えいしていたという。これは、北米の約2倍にあたる数字だ。そこには、アジア諸国において [全文を読む]

復興で株価上昇期待企業 「除染」関連技術持つロート製薬

NEWSポストセブン / 2012年03月07日16時00分

直近の株価は950円前後で横ばいが続いているため、今後の反発も期待できるでしょう」 震災関連銘柄に投資することによって復興を後押しできれば一石二鳥である。 ※週刊ポスト2012年3月16日号 【関連ニュース】復興特需株 日成ビルド工業は経常利益成長率514.6%外国人投資家 中国高齢化で日本のヘルスケア関連銘柄に注目景気がいい仙台 牛タン店長蛇の列も「徒花 [全文を読む]

日本郵政、巨額減損発生でノウハウなき海外進出頓挫か…西室前会長の独断的買収が危機招く

Business Journal / 2017年05月01日06時00分

高い成長イコール高い株価につながるからである。だが、投資家は「日本郵政は成長性に乏しい」と、厳しい評価を下した。「機関投資家が望ましいと考えるROE(株主資本利益率)は平均11%以上です。日本郵政は上場時点で3.4%と、上場企業3500社の下位にとどまっていました」(国内の機関投資家) だが、機関投資家が拒否反応を示した根本的な原因は、別にあった。持ち株会 [全文を読む]

世界の不動産バブル国ランキング!1位は意外なアノ都市

ZUU online / 2017年04月21日16時40分

1990年代にバブル景気がはじけ、地価や株価が下落していきます。日本経済は不況に陥り、有名企業が多数倒産しました。不動産バブル指数とは、スイスの大手銀行であるUBSがまとめた指数です。バブルの兆候があるかどうかを示すもので、毎年レポートとして発表されます。単に不動産の価格が高いというのではなく、経済成長に見合った動きをせずに過剰な価格高騰がみられることなど [全文を読む]

安倍政権の奇妙な安定 受け皿ない自民と野党

Japan In-depth / 2017年02月16日01時08分

確かに株価は上昇しているが、最初の1年余の大金融緩和(量的緩和と低金利)を除くと、最近はひとえにアメリカのトランプ相場に引っ張られているもので日本の内在的要因で上昇しているわけではない。日本の成長率は1%前後だし、日銀が約束した物価上昇2%目標は4年経っても実現していない。ちょっと上昇する時はドル高・円安で輸入物価が高まっているケースが多い。頼みの成長戦略 [全文を読む]

2017年元旦、「初日の出」時刻と天気の全国一覧はこちらでどうぞ!

sorae.jp / 2016年12月31日11時11分

一方、トランプ氏の勝利から急激な円安と株価上昇などの現象も起きています。とりこむの酉にあやかって、そろそろ庶民にも実感のある景気回復が訪れることを期待しましょう! Image Credit: tes.com ■初日の出情報(2017年1月) http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/01-topics01.html?utm_s [全文を読む]

【デジタルリスクを検知・解決するソリューションを手掛けるエルテス】“7th APT Cybersecurity Forum”に当社事業戦略室の池田啓宏が登壇

PR TIMES / 2016年10月14日10時24分

講演では、日本国内で高まりをみせるソーシャルリスクについて、株価や時価総額にまで影響する新 たな脅威であることを、スマートフォンの浸透とそれに伴うSNS の急激な普及を背景として述べると共 に、事例も踏まえながら解説。さらに、ソーシャルリスクに次ぐ第二の脅威として、内部要因により引 き起こされる不正「内部不正」について海外と比較しながら説明致しました。 [全文を読む]

寒波を迎える世界の海運業、日韓企業は再編に活路―中国紙

Record China / 2016年09月07日07時30分

今年は株価が66%も値下がりし、時価総額は3040億ウォン(約284億円)に縮小した。 米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が8月31日に伝えたところによると、米国の輸出入企業は韓進の船で太平洋を行き来する貨物を大急ぎで他の海運企業のコンテナに積み替えているという。アナリストは、「韓進の状況が悪化すると、世界の海運業のコストが高騰し、韓進と取引してきた [全文を読む]

米中で好調のスタバ、欧州事業は伸び悩み 「氷ばかりでコーヒーが足りない」?

Forbes JAPAN / 2016年07月23日08時30分

それを反映するかのように、同社の株価は同日の時間外取引で下げに転じた。世界全体での純利益は前年同期比20%増となった一方で、今一つ振るわないとの見方される結果となった原因は、欧州、中東、アフリカの各地域の業績が振るわなかったことだ。これらの地域では売上高が前年同期比7%減の2億7,340万ドル(約289億8,000万円)。地元企業とブランド利用に関するライ [全文を読む]

フォーカス