インテリア 回転に関するニュース

【ビデオ】ホンダの「CR-Z」が、高回転型i-VTECエンジンとリチウムイオン電池でパワーアップ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年09月27日20時00分

今回のマイナーチェンジでは外観とパワートレインを中心に、足回りやインテリアまで改良の手が入れられている。 まずエンジンは「1.5リッター直列4気筒SOHC i-VTEC」と、これだけ見たら今までと変わらない。しかし、これまでは燃費のために低回転時は1バルブを休止させる「バルブ休止VTEC」だったのに対し、今回改良されたCR-Zのエンジンは、高回転でカムとロ [全文を読む]

家をもっと愛そう。新しい食と出会おう。横浜ベイクォーター 春のNEW SHOP2017年2月~4月に続々OPEN!

PR TIMES / 2017年02月09日13時53分

インテリア「リビングハウス」は 初のカフェ併設で横浜初登場「京樽」・「デリフランス」の新スタイル店も横浜駅東口のショッピングモール「横浜ベイクォーター」を運営する横浜ダイヤビルマネジメント株式会社(横浜市神奈川区/代表取締役:竹内和彦)は、2017年2月~4月に、春の新店を順次OPENいたします。働き方改革に世の中の関心が高まっている現在、『家をもっと愛す [全文を読む]

サーキュレーターだってこだわりたい!デザイン・機能・価格別にDCサーキュレーター3機種を同時発売!

@Press / 2017年04月28日10時00分

(2) 木目調DCサーキュレーター(FCS-193D)■インテリアを邪魔しない北欧家具のような雰囲気漂う木目調デザイン×首ふり角度調節 インテリアとの調和を大切にし木目調を部分使いして仕上げました。また、左右首ふり角度を30・60・90°から選べるため、部屋の大きさや置き場所に合わせて首ふりができます。(3) 360度回転DCサーキュレーター(FCS-19 [全文を読む]

蓋が回転する小さな卓上ゴミ箱「くるくるダストボックス」が新登場です。

DreamNews / 2014年09月30日09時00分

<2014年9月10日(水)より販売開始> くるくるダストボックス 販売価格:3,500円(税抜)http://www.taketora.co.jp/fs/taketora/sa00214 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■竹虎 (株)山岸竹材店 概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [全文を読む]

【試乗記】「先代は大成功した。新型は...」 2014年型起亜「ソウル」

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年10月19日16時00分

もし、読者の皆さんが新型ソウルのエクステリアに惹かれないようだったら、ぜひ飛躍的に良くなったインテリアに注目して欲しい。使用されている素材の見た目も質感も向上し、生まれ変わったデュアル・デンシティ(座面と背面が、それぞれセンターで2分割されている)のシートが背中や腰に心地よく、キャビンには洗練された雰囲気が漂っている。これは特に今回の試乗車のように多彩なオ [全文を読む]

【試乗記】「まさに10年に一度のクルマ」 ポルシェ「918スパイダー」に乗る(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年04月25日10時00分

ただしキャビンの豪華さは僅かに減らされており、標準モデルでは革張りだったインテリアは、アルカンターラとカーボンファイバーに替えられている。実際にコースを走らせてみると、はっきりとパフォーマンスが向上していることが分かった。コーナーではより軽くて敏捷で、ブレーキも強化されている。 そして、さらにうなりを上げるエンジン音が体感できるのもポイントだ。918を自分 [全文を読む]

インテリア雑貨の新ブランド『SeeMONO[シーモノ] 』誕生。新商品のウェブ販売を開始

PR TIMES / 2017年03月15日20時19分

株式会社フェリシモ(神戸市中央区)は、インテリア雑貨の新ブランド『SeeMONO[シーモノ] 』を発表しました。「日常に新しいもの、美しいもの、楽しいもの」をコンセプトにした4つの新アイテム、「壁面で遊べるインテリア TOI-BALLキット」「天井に揺れる北欧のモビール ナチュラルカラーのストローで作る手づくりヒンメリキット」「香りが呼び覚ますあの日の原風 [全文を読む]

【試乗記】マツダ CX-3、ガシガシと使い込みたくなる、AWD × MTに一番萌えた:今井優杏

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年03月08日16時00分

まずはインテリアからチェックしたい。まずは特別仕様車となる「Noble Brown」を見てみよう。 「CX-3」はこれまた先に試乗記を公開した「デミオ」とアーキテクチャーを共用している。そんなわけでマイナーチェンジのタイミングも同時であったのだが、双方でうまくシェアしながらも、それぞれのキャラクターを上手に棲み分けて作り込んできた。デザインにはこだわりのあ [全文を読む]

トヨタのLEXUS、ジュネーブモーターショーでLS500hをワールドプレミア

JCN Newswire / 2017年03月07日16時40分

- V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステムを採用- 日本の匠の技を見どころとした、繊細で個性的なインテリア- 新開発GA-Lプラットフォームにより実現した流麗なクーペシルエット- 最先端の予防安全パッケージによる安全運転支援LS500hは、2017年北米国際自動車ショー*2(デトロイトモーターショー)で発表したLS500のハイブリッドモデル。 [全文を読む]

インテリアにマッチするロースタイルマッサージチェアが発売

美容最新ニュース / 2016年09月20日18時00分

同商品は、低い背もたれ&低い座面で、座りやすく開放的な空間を演出する“ロースタイル”なデザインに、フジ医療器初のマッサージ機構を取り入れて首・肩・腰・骨盤周りまでくまなくもみほぐす機能を搭載した、インテリアにマッチする新しい高機能のマッサージチェアだ。リラックス性の高い座り心地でインテリアにもマッチ広々としてゆったり座れる低めの座面と背もたれの形状により、 [全文を読む]

インテリアが一気に変わる!照明は北欧デザイン

&GP / 2016年03月30日11時00分

上手なインテリアのコツは、統一感。素材や色のグラデーションなどを整えると、印象もグッと変わります。ただし、同じ色やブランドでそろえ過ぎると平坦で無個性にもなりがち。椅子やクッションンなど、お気に入りはワンポイントで個性あるデザインを加えるのがコツです。 そして忘れがちなのが照明です。照明は空間のイメージに大きな影響力を与えるインテリア。明かりをつけている時 [全文を読む]

【アウディA1 1.0 TFSI試乗】品の良さと活発な走りが◎の、オトナの小型ハッチ

&GP / 2015年10月23日18時00分

インテリアの仕上がりも“アウディクオリティ” フロントマスクが、スポーティ版の「S1」に通じるデザインとなった、ニューA1。従来の1.4リッター直列4気筒ターボのほか、新たに、1リッターモデルがラインナップに加わりました。 ニューカマーである1.0 TFSIのエンジンは、999ccの直列3気筒。フォルクスワーゲン「up!」に用いられるものをベースに、タ [全文を読む]

【スパイショット】アルファロメオ「4C」のインテリアをキャッチ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年02月13日15時30分

そのインテリアをキャッチしたのでご紹介しよう。 ボディはカモフラージュされているものの(カモフラ無しの外観はコチラの記事で)、カメラはインテリアをとらえることに成功した。センターコンソールにはトランスミッションボタンと、オート・マニュアルモードを示す"A/M"の文字が見える。ドライブモードを変更する金属製のスイッチや、ハザードランプ、ウインドウ、サイドミラ [全文を読む]

【マツダ ロードスター RF試乗】デザイン力の高さに改めて感心!GT的味わいのAT仕様も◎

&GP / 2017年03月18日11時00分

“マシーングレープレミアムメタリック”のボディカラーは、先に試乗したRSと同じですが、高級グランツーリズモを思わせるこのインテリアカラーも、RFの個性的なデザインと調和が取れているのではないでしょうか。「デミオ」や「CX-3」しかり、こうした大人の心をくすぐるコーディネートは昨今のマツダの得意ワザですが、RFも「お見事!」とばかりに、ついニヤリとしてしま [全文を読む]

初心者でもがっちり固定!! 2タイプの回転式チャイルドシート「KURUTTO4」シリーズがエールべべから発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年02月23日11時00分

KURUTTO4シリーズでは、従来同様のラグジュアリーな革調テイストのグランスの他、スポーティなカーボン調柄やナチュラルテイストの杢調柄を採用したプレミアムも登場し、今まで以上に様々なインテリアにマッチするデザインに仕上げられている。 チャイルドシート初心者でしっかりと装着できるか不安な人や、よりインテリアにマッチしたこだわりのチャイルドシートを探してい [全文を読む]

もっとも売れた新車は! 2015年の乗用車系車名別ランキングTOP10

clicccar / 2016年01月31日19時03分

とくにインテリアは色と素材にまでこだわり抜かれており、足を踏み入れた瞬間から高級感を味わわせてくれます。 また、マツダを象徴するテクノロジーであるディーゼルエンジンを搭載。1498ccと排気量は少ないですが、1400~3200rpmと幅広い領域で220Nmものトルクを発揮するため、街乗りから高速まで様々な場面で力強く走ってくれます。 ちなみに、ガソリンエ [全文を読む]

置くだけで顔を認識して自動撮影するスマホスタンドに低価格モデルが登場

ITライフハック / 2015年12月14日13時00分

■製品概要製品名:パパラッチくん Jr.型番:DN-13394価格:7,999円(税込)■製品仕様サイズ:本体直径77mmリモコン:73(縦)mm×42(横)mm重量:122g(本体)、27g(リモコン)※電池除く対応OS:iOS 7.0~、Android 4.3~通信規格:Bluetooth 4.0電源:・本体:USB/内蔵充電池・リモコン:単四乾電池× [全文を読む]

【試乗記】「地上で最も美しい車! でもエンジン音は...」 パガーニ「ウアイラ」に乗る

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年12月15日15時00分

以前ゾンダに試乗した時は、インテリアの素晴らしさに目を奪われっぱなしだったので、今回はウアイラのドライビング性能に集中しようと決めたのだ。これまでもレザーとピカピカのアルミをミックスするパガーニ氏のデザインセンスについては、一部のメディアからは批判を受けている。しかし、何を言われようと、当の本人はあまり気にしていないようだった。今回のインテリアにもピカピカ [全文を読む]

クリーンディーゼル時代突入か? 社運を賭けた渾身の1台!!【マツダ CX-5試乗記】【レビュー:マツダ】

CORISM / 2012年04月20日08時08分

インテリアはSUVらしさを備えるとともに、乗用車らしい質感や洗練されたイメージを併せ持つものとされた。インパネの上部がすべて手触りに優れたソフトパッドで覆われているのはその典型で、ピアノブラックによる加飾も質感を表現している。 ボディサイズは、全長は4540mmと手頃なサイズだが、全幅は1840mmとかなり大きい。日本では大きすぎるサイズだが、ヨーロッパ [全文を読む]

もちろん機械式!手塚プロダクション監修の鉄腕アトム腕時計

&GP / 2017年05月30日11時00分

レトロチックな表紙デザインは、ケースをインテリアとして置いていてもかっこいい仕上がりです。価格は、3万9800円(税別)。かわいらしくもあり、渋さもあるアトムの腕時計。限定物の価値ある逸品と言えるでしょう。 >> PREMICO「ATOM THE AUTOMATIC」 (文/&GP編集部) [全文を読む]

フォーカス