新築 豊中市に関するニュース

【パナホーム】エネルギー収支ゼロを超える住まい『ゼロエコ』誕生~戸建住宅商品にZEH仕様として展開~

PR TIMES / 2015年03月17日15時26分

▼『ゼロエコ』ホームページhttp://www.panahome.jp/sumai/zeroeco/『ゼロエコ』は、国が2020年までに標準的な新築住宅で実現を目指すZEHを先取りした未来標準の仕様。パナホームが独自に提案する「3つの未来標準」、1.「太陽光+蓄電システム」2.「家まるごと断熱」+「エコナビ搭載換気システム HEPAプラス」3.「スマートH [全文を読む]

阪急のマンションブランド〈ジオ〉25周年記念 阪急電車内にて約11ヶ月間阪急100年の街づくりの歴史や〈ジオ〉の紹介をします

PR TIMES / 2015年01月29日16時37分

(〈ジオ〉は当社新築分譲マンションのブランド名です) 阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:島田隆史)は、本年3月に〈ジオ〉の第1号物件である「ジオ緑地公園」(大阪府豊中市:1990年3月竣工)のご入居開始から25周年を迎えることを記念して、阪急電鉄の神戸線、宝塚線、京都線に各1編成ずつ、合計3編成の車両内に、2015年2月3日から12月2 [全文を読む]

【パナホーム】工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大~「空気の質」を究めた健康・快適なくらしを提案

PR TIMES / 2017年08月08日15時00分

国が2020年までに標準的な新築住宅として実現を目指すもので、住宅の躯体・設備の省エネ性能向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ、または概ねゼロとなる住宅 ※3:PM2.5は粒径が2.5μm以下の微小粒子状物質の総称 ※4:PM0.5は粒径が0.5μm以下の微小粒子状物質の総称 ※5:HEPAフィルターの [全文を読む]

【森友問題】土地払い下げ根拠のごみ、存在しないこと示す証拠公開…財務省の背任が決定的

Business Journal / 2017年07月12日06時00分

国は敷地内に2万tのごみが埋まっていることを理由に、国有地を8億円値引きして森友に売却していたが、同マニフェストには「新築混合廃棄物」が194.2tとの記載があり、国が主張していた量の100分の1であることがわかった。今回は、同マニフェストが持つ重大な意味を考えたい。 ●急な動き 籠池氏の自宅や森友が運営する保育園に家宅捜査が入り、大阪府議会で籠池氏が参考 [全文を読む]

「ローレルスクエア健都ザ・レジデンス」第1期販売好調契約戸数において北摂エリア第1位に

@Press / 2017年04月27日12時00分

また、この販売数は、※北摂エリア新築分譲マンションの2017年1月~3月の契約戸数において、第1位となりました。 なお、好評につき、 2017年4月15日から第2期の販売を開始しています。※MRC 2017年4月調べ、2017年1月~3月の新築分譲マンション契約数、北摂は 池田市、箕面市、豊中市、吹田市、摂津市、茨木市、高槻市■第1期販売の状況(4月26 [全文を読む]

【パナホーム】世界初、ULの「住宅向けグリーンガード認証」を取得 - NEW『CASART(カサート)』新発売

PR TIMES / 2016年04月08日17時38分

また、新築後の末長い安心と満足を育む生涯おつきあいのサービスクオリティを向上させ、業界トップクラスの初期保証に加えて「60年長期保証延長システム」を今回新しく用意。建物の構造耐力上主要な部分や雨水の浸入を防止する部分においては、所定の条件に基づき、引渡し後、最長60年まで保証延長を行います(※5)。さらに、NEW『CASART』は、国が2020年までに標準 [全文を読む]

【パナホーム】2015年秋 くらし体感『トキメキフェア』を開催~女性の感性に応えるアイテムをプラスしたモデル邸のオーナーさまも募集

PR TIMES / 2015年09月18日19時07分

[画像: http://prtimes.jp/i/3442/1909/resize/d3442-1909-765913-1.jpg ]パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、新築住宅をご検討中のお客さまに対して、新生活への潜在的なニーズを引き出し、理想の住まいづくりを応援するために、“2015年秋 パナホーム くらし体感『トキメキフェ [全文を読む]

〈ジオ〉25周年記念キャンペーン実施のお知らせ 宝塚歌劇団 台湾公演観劇付き2泊3日海外旅行や阪神甲子園球場 個別観覧席 ロイヤルスイートなど豪華賞品が抽選で当たる!

PR TIMES / 2015年01月15日19時32分

(〈ジオ〉は当社新築分譲マンションのブランド名です) 阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:島田隆史)は、本年3月に〈ジオ〉の第1号物件である「ジオ緑地公園」(大阪府豊中市:1990年3月竣工)のご入居開始から25周年を迎えることを記念して、〈ジオ〉の会員組織である「ジオラブ倶楽部」への新規ご入会の皆さま及び〈ジオ〉の各モデルルームにご来場 [全文を読む]

千里ニュータウンにおける大規模マンション建替事業 『ジオ千里中央』(大阪府豊中市新千里北町:総戸数514戸)7月13日(土)より会員優先案内会を開始いたします

PR TIMES / 2013年07月12日16時34分

本年5月からは新築工事に着手しており、本年7月13日より会員優先案内会を開始します。 新しく建て替わる「ジオ千里中央」は、総戸数514戸、地上6~15階建の6棟と共用棟1棟で構成しており、一般分譲住戸は子育てファミリー層をターゲットとした3LDK・70平方メートル台中心のプランとしております。(販売価額は未定) 太陽熱温水パネルとガスコージェネレーションを [全文を読む]

森友学園の籠池夫妻 家庭教育も疑問…目撃された“異様な姿”

WEB女性自身 / 2017年03月16日06時00分

三男二女の5人を育ててきた夫妻は、92年ごろに大阪市西淀川区に3階建ての一軒家を新築した。諄子副園長は小学生への傷害容疑や府の調査妨害など、激情的な 事件 が数多く伝えられてきている。彼女のそうした側面が見られるようになったのは、95年以降。父で初代園長だった森友寛氏が亡くなり、園の運営が夫の籠池理事長に移ってからだった。 「遺産相続やお金の問題で親族ト [全文を読む]

【パナホーム】『Vieuno9』(ビューノナイン) 2017年1月15日新発売 - 工業化住宅最高の9階建多層階住宅(重量鉄骨ラーメン構造採用)

PR TIMES / 2016年10月14日14時32分

パナホームは、3階建から工業化住宅最高となる9階建までの多層階事業を新築請負事業の牽引役として、2018年度の受注目標1,000億円を目指します。【パナホーム 多層階住宅40年の歴史】・1977年 3階建店舗併用住宅を発売・2000年 4階建住宅 『ソルビオス4U』発売・2004年 5階建住宅 『ソルビオス5U』発売・2011年 多層階住宅 『Vieuno [全文を読む]

パナホームグループ『環境報告書2016』 NEXT ECO REPORT(ネクスト エコ レポート)を発行

PR TIMES / 2016年07月15日17時52分

その後、パナソニックの「エコアイディア宣言」(2007年)に合わせて環境経営を加速させるとともに、新築戸建住宅を「エコアイディアの家」として、環境性能を向上させてきました。パナホームの環境性能は、現在、“エネルギー収支ゼロを越えるエコ性能を備えた「ゼロエコ」”となり、より一層の進化を遂げています。さらに、パナホームでは、事業分野が拡大する中、事業活動と環境 [全文を読む]

【パナホーム】同社初となる多層階工業化住宅 『Vieuno(ビューノ)』の6階建物件が仙台に完成

PR TIMES / 2016年01月29日19時40分

近年、住宅の新築は、建築資材や人件費の高止まり等により建設費が高騰する傾向が続いている中、パナホームは、工業化住宅としての強みを生かしながら、敷地を有効活用し、住む人のこだわりに応え、収益生活も実現できる多層階住宅『Vieuno』で、今後も積極的に住宅需要を開拓してまいります。【仙台市内でパナホームが受注した多層階住宅の特長】●首都圏・京阪神と異なり、敷地 [全文を読む]

【パナホーム】関西初の多層階住宅向け戦略営業拠点「Vieuno Plaza(ビューノ・プラザ)神戸元町」 2015年11月21日オープン

PR TIMES / 2015年11月19日14時49分

JR元町駅から徒歩約1分という利便性の高い立地に新築された、4階建て『Vieuno』の建築実例の1階にオープンします。「今の敷地に何階まで建てられる?」「どんな広さ・間取りで予算はどのくらい?」「賃貸併用住宅の収支シミュレーションが知りたい」など、多層階住宅にご興味のある方はお気軽にご相談ください。皆さまのお越しをお待ちしております。▼『Vieuno Pl [全文を読む]

パナホームグループ『環境報告書2015』を発行~拡大する全ての事業における環境貢献活動を紹介~

PR TIMES / 2015年07月10日13時22分

新築請負事業や街づくり事業に加え、ストック活用のためのリフォーム事業や東南アジア地域へ住宅を提供する海外事業など、全ての事業において事業活動そのものが環境貢献につながることを目指しています。お客さまはもちろん、社員を含むパナホームに関わる全ての人々が、それを誇りと感じることができるように取り組む姿勢について紹介しています。(2)コンセプト: 環境貢献の考え [全文を読む]

【パナホーム】スマートハウス NEW『CASART(カサート)』発売~エネルギー収支ゼロを超えるエコ性能「ゼロエコ」標準採用

PR TIMES / 2015年04月02日12時02分

▼『CASART(カサート)』スペシャルサイトhttp://www.panahome.jp/casart/NEW『CASART』は、国が2020年までに標準的な新築住宅で実現を目指すZEH(※1)を先取りした未来標準の住まい。国の誘導施策より2年早い2018年に戸建住宅の100%ZEH化を目指すパナホームの主力商品として、高い環境性能と経済性を両立するとと [全文を読む]

阪急のマンションブランド〈ジオ〉25周年記念 阪急不動産オーナーズ倶楽部 プレミアムパーティを開催!3つのテーマを設けたフォトコンテストも実施します。

PR TIMES / 2015年03月26日17時47分

(<ジオ>は当社新築分譲マンションのブランド名です)阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:島田隆史)は、本年3月にの第1号物件である「ジオ緑地公園」(大阪府豊中市:1990年3月竣工)のご入居開始から25周年を迎えます。このたび、お客さまへの感謝の気持ちを込めて、「阪急不動産オーナーズ倶楽部 プレミアムパーティ」を開催いたしました。また、2 [全文を読む]

パナホームが『ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014』において特別優秀賞と優秀企業賞を受賞

PR TIMES / 2015年02月27日17時37分

一般的な新築住宅における搭載容量<平均約4.26kW(※2)に比べ、約2倍以上の大容量太陽光発電パネル(10kW以上)の搭載が可能です。また、パナソニック製の「スマートHEMS」(※3)によるエネルギーの見える化と、エアコンなどの対応機器を省エネ制御することで、一次エネルギーの自給率約300%を実現します。シリーズの最新商品として2014年10月に発売した [全文を読む]

思わず赤ちゃんに「かわいいなぁ~」 西島秀俊さんを新CMキャラクターに起用! 「美しい空気と、くらす家。」誕生 パナホーム エコ・コルディスII「訪問」編 10月1日(水) 夜O.A開始

PR TIMES / 2014年10月01日09時11分

子供のため、健康に配慮した家を新築した後輩を、いつの間にか頼もしくなったと温かい眼差しで見つめる西島さんの表情にもご注目ください。 “エコ・コルディスIIの健康・快適な住み心地”を伝える新CMは、西島さん自らが醸し出す落ち着いた空気感を通して「美しい空気と、くらす家。」をナチュラルに表現しています。<CM情報>【CM O.A.スケジュール】エコ・コルディス [全文を読む]

パナホーム、進化したスマートハウス『エコ・コルディス2』を新発売

PR TIMES / 2014年09月30日13時33分

◆『エコ・コルディス2』商品スペシャルサイトhttp://www.panahome.jp/eco-cordis2/■開発の背景近年深刻化するエネルギー問題を受け、国の政策では住宅のゼロエネルギー化を推進しており、「2020年までに、一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を標準的な新築住宅とする」ことを [全文を読む]

フォーカス