スバル 太田市に関するニュース

個性的なモデルが沢山あった! スバル、54年にわたる軽自動車の生産を終了

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年03月01日07時30分

Filed under: コンパクトカー/エコノミー, 日本, 工場/製造, スバル 富士重工業は29日、全ての軽自動車の生産を終了したと発表。1958年に誕生した「スバル360」から始まり、数々の個性的なスモール・カーを生み出してきたスバルの軽自動車の歴史が今、幕を閉じた。 ドイツ・フォルクスワーゲンの国民車「ビートル」=「かぶと虫」にちなみ、それより小 [全文を読む]

スバル最大の魅力は「人間力」と、「スバルのメディア向け衝突試験見学会」&「ひととクルマのテクノジー」でわかった!

clicccar / 2017年05月28日10時28分

5月25日スバル新型「XV」の発売日、群馬県太田市にあるスバル群馬製作所本工場において、メディア向けの衝突試験見学会が行われました。スバルといえばこれまでは、「クルマ好きのクルマ」というイメージでしたが、ここ最近では「アイサイト」のCMコピー「ぶつからないクルマ」というキャッチフレーズのおかげで、すっかり安全イメージが定着しています。しかも去年発売された新 [全文を読む]

【オトナの社会科見学】知っているようで知らない、100年ブランド「スバル」の雑学10選(1)

&GP / 2016年09月15日20時00分

100年ブランドの「そうだったの!?」的なトリビアを、アレコレ発掘してきました! <関連記事> 【オトナの社会科見学】スバル・ドライビング・アカデミーでテストドライバー1日体験! ■前身が飛行機メーカーならではの豆知識が盛りだくさん 1.本館を上から見ると飛行機のカタチが浮かび上がる! 先述したように、スバルの前身は中島飛行機。航空機メーカーだったんですね [全文を読む]

佐野研二郎氏のロゴが群馬で採用された不透明な過程とは?

アサ芸プラス / 2015年08月22日09時59分

「太田はスバルの工場がある企業城下町で、全国的に話題になるのはせいぜいお正月の“ニューイヤー駅伝”くらい。それがいま、テレビやネットで太田の名前がバンバン出るので不思議な気分です(笑)」 その佐野氏がデザインした東京五輪の公式エンブレムが発表されたのは、7月24日のこと。つまり太田市が佐野氏案を採用したのは、盗用疑惑が浮上するよりも前のことだったのだ。太田 [全文を読む]

スバリストの聖地「スバルビジターセンター」の見学者数が100万人を達成!

clicccar / 2014年09月08日19時18分

スバルの見学施設「スバルビジターセンター」の見学者数が本日100万人を達成し、記念式典が開催されました。 記念式典には100万人目となる川口市立新郷東小学校の5年生94人と先生5人の99人と、富士重工業関係者、さらに群馬県のマスコットキャラクター兼群馬県の宣伝部長でもある「ぐんまちゃん」もお祝いに駆けつけました。 スバルビジターセンターは、群馬県太田市にあ [全文を読む]

ルーツは航空機メーカー!! 意外と知らないクルマメーカーの歴史・スバル編

clicccar / 2015年10月31日19時03分

ボクサーエンジンと呼ばれる水平対向エンジンや、シンメトリカルAWDと称する左右対称の4WDシステムなど、独自性あふれるメカニズムで多くのファンを魅了する「スバル」こと富士重工業株式会社。 その前身となったのは、1917年に群馬県太田市に設立され、当時の陸軍の主力戦闘機を送りだしていた日本最大規模の航空機メーカーの中島飛行機でした。 しかし、敗戦を機に航空機 [全文を読む]

スバルの工場見学ツーアの第2弾では歴史的な”あの”場所も公開!【スバルアクティブライフスクエア】

clicccar / 2016年04月11日10時03分

2016年3月21日に群馬県太田市にある富士重工業 群馬製作所 矢島工場と本工場にて、「スバルスピリットにふれる!工場見学ツアー」の第2弾が開催されました。 前回の工場見学もクリッカーではツアーに同行し、その充実したツアー内容に驚かされるばかりでした。第2弾となる今回も前回同様の充実した行程となっていました。 特に、あらたに見学コースが追加され、さらなるパ [全文を読む]

レアな工場見学をスバルがシルバーウィークに開催!

clicccar / 2015年08月28日20時33分

自動車工場の見学といえば、小学校や中学校時代に社会科見学で行ったことがある人も多いのではないでしょうか? そんな工場見学を、スバルがツアーとして募集を開始しました。このイベントはスバルが推進している「SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE」の一環として開催されます。 このツアーは、群馬県太田市の群馬製作所内を巡るツアーとして開催され、スバルのク [全文を読む]

最下位スバルのビジネスモデル、なぜ世界で注目?オンリーワン戦略&堅実経営で高収益

Business Journal / 2014年01月25日01時00分

富士重工業(以下、富士重)は1月9日、同社製乗用車の統一ブランド名「スバル」の国内生産が2000万台を突破したと発表。同日、群馬製作所矢島工場(群馬県太田市)で盛大な記念式典を開催した。「わが国初の国民車」と謳われた軽自動車「スバル360」の生産開始(1958年)から56年目の達成。2000万台目はスポーツ用多目的車「フォレスター」だった。 吉永泰之社長は [全文を読む]

香里奈とハリウッドセレブで明暗…日米セックススキャンダルの違い

まぐまぐニュース! / 2015年11月20日23時00分

(飯島一絵) 記事提供:NewSphere 【関連記事】 世界の自動車メーカー城下町に明暗 スバルの太田市に米紙注目 その評価は? 排ガス問題:日本メーカー3社も規制値超え 懸念される日本ブランドへの影響 韓国:歴史教科書の国定化になぜ国民は怒りを爆発させたのか? 朴大統領の目的とは SEALDsを海外はどう報じたか?ファッショナブル、極端に礼儀正しい、 [全文を読む]

フォーカス