舞妓 先斗町に関するニュース

のんびり屋で人見知りの「舞妓はん」が一流の芸妓になるまで

NEWSポストセブン / 2017年03月23日07時00分

客前に出たばかりの17歳の舞妓が、20歳になり芸妓として一人前になるまでの4年間を撮り続けた写真家・小林鷹氏はこう話す。 「明治時代に鏑木清方や上村松園が描いた美人画のような女性を、いつか撮ってみたいと思っていました。 ある日、京都の老舗呉服店の社長さんの紹介で初めてお座敷遊びをしたときに、舞妓の小扇(こせん)さんと出会いました。小扇さんは顔立ちもプロポー [全文を読む]

新緑に映える艶やかな舞。チャップリンも愛した京都「鴨川をどり」

まぐまぐニュース! / 2016年05月06日10時00分

見どころは総踊形式の都をどりや京おどりと違い、第1部が舞踊劇、第2部が舞妓らの出演による尾上流で純舞踊の2部構成です。派手で楽しいという印象があり伝統的な踊りというよりショーと言った感じもします。そのため舞踊「をどり」の知識や経験が無くても見ていて楽しさが伝わってきます。 先斗町は江戸時代初期に鴨川の州を埋め立て、茶屋や旅籠が置かれていたのが始まりと言わ [全文を読む]

京の都に舞う、桜の花と舞妓衆。絢爛「北野をどり」で楽しむ古都の春

まぐまぐニュース! / 2016年04月01日03時00分

舞台の前列で芸舞妓さんを目の前で見ることが出来るだけでなく、開演前に舞妓さんが目の前でお点前を披露してくれます。私などは常に一番前の舞台中央の一番良い席を選んで観ることにしています(週末とかでなければほぼ必ずと言っていいぐらい当日券でも1枚とかなら手に入ります)。 次ページ>>雅やかな舞に魅了される80分は、感動で涙があふれる それでは上七軒歌舞練場の北野 [全文を読む]

レディースアートネイチャー、訪日外国人旅行者も楽しめるイベントを初開催!『オーダーメイドウィッグためせるフェア おしゃれ体験会』

PR TIMES / 2016年01月29日19時40分

“和”をイメージした会場内では、京都先斗町より本物の舞妓さんが毎日来場。ウィッグをご試着いただいた方には、お手持ちのカメラで舞妓さんとのツーショット写真を撮影できる特典などもご用意しております。 このフェアを機会に、日本でのウィッグ市場を開拓してきたアートネイチャーの技術力・商品力を国内外のお客様に広く発信してまいります。 [画像1: http://prt [全文を読む]

京都の春を告げる京都東山花灯路~幻想的な京都の夜を愉しむ

ガジェット通信 / 2017年03月06日19時00分

八坂神社で”舞妓さんの舞”を鑑賞 18時から境内の舞殿で京都五花街”舞妓さんの舞”が始まりました。今回のイベントでは祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東の5つある花街の舞妓さんたち。今日4日は祇園甲部の舞妓さんの舞が見られました。 ちなみに残りの日程は、10日(金)先斗町、11日(土)上七軒、12日(日)祇園東となっています。6日(月)・9日(木)に [全文を読む]

「京都・東山花灯路2017」15回記念事業について

@Press / 2017年03月09日17時00分

2 花街からのお祝いの舞『京都五花街“舞妓さんの舞”』 祇園甲部,宮川町,先斗町,上七軒,祇園東の五つの花街の舞妓による奉納舞踊『京都五花街“舞妓さんの舞”』を実施します。花灯路開催15回目を記念し,例年の八坂神社での舞踊に加え,清水寺でも奉納舞踊を行います。青月泰山 (1)日時:3月4日(土)祇園甲部,5日(日)宮川町, 10日(金)先斗町,11日(土) [全文を読む]

【京都案内】龍馬も通った京の花街「島原」の意外な地名の由来

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日01時05分

京都と聞いて思い浮かぶのは、舞妓さんや芸鼓さん。今でも京都には5つの花街がありますが、かつてはもう1ヶ所「島原」と呼ばれる花街が存在していました。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者で京都通の英学(はなぶさ がく)さんが、その島原について詳しく解説するとともに、「おもてなしの心」を学ぶ観光名所も紹介しています。 大夫が活躍した花街・島原 京都を [全文を読む]

京都五花街の舞妓等による熊本地震の義援金の募金活動について

@Press / 2016年04月21日15時30分

「平成28年熊本地震」により,犠牲となられた方へ哀悼の意を表するとともに,被災地の一日も早い復興にお役立ていただくため,門川京都市長と被災地である熊本県や九州地方出身の舞妓を中心に,五花街の舞妓10名とが義援金の募金活動を行いますので,取材いただきますようお願い申し上げます。 なお,舞妓は普段着の着物姿で募金活動を行います。 記 1 日 時 4月23日(土 [全文を読む]

”一見さんお断り”の六花街の置屋と提携 「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」舞妓さんとお茶屋遊び 体験オプション開始

PR TIMES / 2017年08月16日11時23分

「THE JUNEI HOTEL 京都 御所西」の各客室には茶室を模した畳の小上がりスペースをご用意しており、客室内で舞妓さんによる踊りの披露やパネルディスカッション、ご質問や、一緒に記念撮影などが可能です。[画像2: https://prtimes.jp/i/25840/4/resize/d25840-4-731497-1.jpg ][画像3: http [全文を読む]

古都の景観を守れ 京都・先斗町で「無電柱化」事業スタート

ZUU online / 2017年05月10日06時30分

先斗町は飲食店や茶屋、舞妓らが踊りを披露する歌舞練場が軒を連ね、細い格子やひさしを備えた伝統的な木造建築物が並んでいる。京都ならではの風情が漂う通りとして連日、大勢の観光客でにぎわっているが、電柱や電線が情緒を台なしにしていた。先斗町では住民が5年ほど前から景観に合わない大型看板、ネオンなど広告物を自主的に撤去してきた。しかし、看板がなくなると電線が余計に [全文を読む]

魔を滅する。豆まきの長い歴史を持つ「京都」の意外な節分

まぐまぐニュース! / 2017年01月27日04時30分

舞妓が舞う、艷やかな舞楽奉納が行われる神社も 平安時代に起源を持つ追儺式や鬼法楽など節分の儀式が行われている神社やお寺をご紹介します。 吉田神社 2月2日と3日は参道や境内に沢山の露店が並び多くの人で賑わいます。2日の18:00から行われる追儺(ついな)式は有名でとても見ごたえのある神事です。 黄金の四つ目の仮面をかぶった方相氏(ほうそうし)が松明(た [全文を読む]

一見さんも大歓迎! 絶景&舞妓さんの超贅沢ビアガーデン

anan NEWS / 2016年07月07日21時00分

鴨川畔の絶景ビューや舞妓さんのおもてなし付きでお楽しみ倍増! ビールがますます進みそうな京都で話題のビアガーデンをご紹介します。 ■焼肉の名門 天壇(てんだん) 祇園本店 鴨川スカイBBQガーデン の鴨川や、先斗町(ぽんとちょう)の川床の灯を一望できる。良質な肉を使ったコースは、BBQ、焼肉、サムギョプサルの3種類各¥5,000(税込み/100分)。天壇 [全文を読む]

「舞妓さんになりたい!」と千葉県から14才で京都に来た女性

NEWSポストセブン / 2014年11月03日16時00分

舞妓さんになりたい!」という大きな夢を持って。顔にあどけなさが残る少女はその日から住み込みで舞妓修業をしている。ふく音さんの家は宮川町にある置屋「河よ志」。 置屋とは舞妓が所属するプロダクション兼、ふく音さんのような舞妓見習いや舞妓が住む家で「屋形」とも呼ばれる。お客が飲み食いして遊ぶ場所は「お茶屋」といい、そこに置屋から舞妓が派遣される仕組みになってい [全文を読む]

【ホテル日航プリンセス京都】京都の師走行事、艶やかな嶋原の太夫道中をご覧ください

PR TIMES / 2013年12月19日10時22分

《お問い合せ・お申込み》 司事務所 TEL/FAX 075(541)8898 料金:お一人様 16,000円 (食事・記念品付) 会場:ホテル日航プリンセス京都 3F宴会場「ローズ」 時間:13:30~16:30(受付 12:30~) 【司太夫プロフィール】 幼少より日本舞踊や茶道、華道、筝を習い始め、中学卒業後と同時に祗園甲部で修業、舞妓となる。年季が [全文を読む]

【ホテル日航プリンセス京都】京と江戸、はんなりVS粋なお座敷遊びくらべ

PR TIMES / 2013年01月28日14時33分

【司太夫プロフィール】 幼少より日本舞踊や茶道、華道、筝を習い始め、中学卒業後と同時に祗園甲部で修業、舞妓となる。年季があけて舞妓をやめた後、嶋原の輪違屋よりスカウトされ、23歳で司太夫を名乗る。本業のほか、講演やテレビ出演を通じて、京都の文化や伝統芸能を国内外に紹介するなど幅広い活動を行っている。 【櫻川ぴん助プロフィール】 1985年家元を襲名、「豊 [全文を読む]

【ディープ観光】京都や祇園のマル秘スポットをご紹介するちょっと危険な動画番組『京都×祇園ディープ探訪』第2回~2017年葉月~

ガジェット通信 / 2017年09月19日22時00分

歴史を感じる古い街並み、生活のすぐそばにある清水寺や金閣寺、銀閣寺、平安神宮などの神社や仏閣…、華やかな花街を歩く舞妓さん、高尾や貴船、鴨川の納涼川床、碁盤の目のように入り組んだせまい路地、町家づくりの家々、古都に住む人々の息遣い、街の一歩奥へ入るとすぐに顔を覗かせる緑豊かな自然…はんなりとした京都観光の魅力というのは、訪れれば、訪れただけ深まっていくもの [全文を読む]

【ディープ観光】京都や祇園のマル秘スポットをご紹介するちょっと危険な動画番組『京都×祇園DEEP案内』

ガジェット通信 / 2017年08月04日16時00分

歴史を感じる古い街並み、生活のすぐそばにある清水寺や金閣寺、銀閣寺、平安神宮などの神社や仏閣…、華やかな花街を歩く舞妓さん、高尾や貴船、鴨川の納涼川床、碁盤の目のように入り組んだせまい路地、町家づくりの家々、古都に住む人々の息遣い、街の一歩奥へ入るとすぐに顔を覗かせる緑豊かな自然…はんなりとした京都観光の魅力というのは、訪れれば、訪れただけ深まっていくもの [全文を読む]

<羅針盤>京の四季を愛でる、日本最古の葵祭り、都大路を行く牛車の音ものどかに=望まれる南座の再開―立石信雄オムロン元会長

Record China / 2017年06月03日05時20分

舞妓による踊りの公演「都をどり」などの会場となっている祇園甲部歌舞練場の本館が、昨年10月の公演「温習会」の終了後耐震調査などのために一時休館しているのは寂しい限り。数年かけて建物を調べたり、必要な改修をしたりするというが、今春の「都をどり」は京都造形芸術大(左京区)の京都芸術劇場春秋座で行ったが、祇園から離れた場所なので、稽古や公演には不便をかこつとい [全文を読む]

渋谷マルイ■神南キッチン■バレンタインのスペシャルショップが期間限定オープン!!

PR TIMES / 2016年02月05日17時15分

<フランソワ・ドゥルミアン氏 実演イベント> ・2月8日(月)17:00~19:00 ・2月9日(火)16:00~18:00 [画像2: http://prtimes.jp/i/3860/666/resize/d3860-666-257436-2.jpg ] 【商品の一例】 ・ドゥルミアン 4個入り 税込1,296円 ・ドゥルミアンドーム 9個入り 税込 [全文を読む]

【ホテル日航プリンセス京都】京の冬の風物詩、嶋原太夫による節分会 「おばけ」で鬼を化かして福をよぶ!

PR TIMES / 2013年01月23日16時49分

大晦日の夜、歳神が新しい年の恵方に異動する隙間をぬって現れる鬼が、自分に憑かないように、自分とは違うものに化けて、鬼(厄・疫)を化かすという「おばけ」は、古くから京都でも盛んに行われていましたが、戦後、次第にその風習も廃れてしまい、現在では花街で芸舞妓が行なう行事として知られています。 この「おばけ」を再び街中の風習として呼び戻そうと、司太夫(つかさたゆ [全文を読む]

フォーカス