事故 豊田市に関するニュース

トヨタ、高齢者の交差点事故低減を目指し豊田市で社会実験

JCN Newswire / 2013年04月22日16時01分

交差点での注意喚起と、高齢ドライバー対象の安全運転講習の効果分析を実施Toyota City, Apr 22, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、増え続ける高齢者事故の低減を目指し、特に高齢ドライバーの事故が多い交差点事故を対象とした社会実験を4月22日に公開した。この社会実験は、愛知県豊田市内で50名の [全文を読む]

トヨタ、2013年度 幼児向け交通安全教室『トヨタセーフティスクール』を開催

JCN Newswire / 2013年05月10日16時25分

トヨタは、「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するためには、「より安全な車両・技術開発」、「交通環境整備への参画」、「人に対する交通安全啓発活動」の3分野からの取り組みを強化していくことが必要と考えており、本年も引き続き交通安全キャンペーンなどの交通安全啓発活動を積極的に実施していく。各イベントの実施概要は以下のとおり。イベント名: 第39回トヨタセーフティ [全文を読む]

トヨタとコメダ珈琲店とKDDI、日本初の試み「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクト始動

JCN Newswire / 2016年09月20日16時18分

KDDIによるスマホアプリで楽しく交通事故低減Toyota City, Japan, Sept 20, 2016 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(本社: 愛知県豊田市/代表取締役社長 豊田章男、以下トヨタ)と、株式会社コメダ(本社: 愛知県名古屋市/代表取締役社長 臼井興胤、以下コメダ珈琲店)、KDDI株式会社(本社: 東京都千 [全文を読む]

トヨタが交差点事故を撲滅する予防安全システムを実用化!

clicccar / 2014年11月08日08時03分

警察庁が発表した「平成26年中の交通事故発生状況」統計によると、今年9月末までに全国で発生した累計約42万件の交通事故による死亡者数は約2,800人で、そのうち約半数となる46.6%の方が交差点事故で亡くなっています。 車・車間事故では「出会い頭衝突(33%)」、「右折時衝突(13%)」が特に多く、対人事故では「道路横断中(68%)」が圧倒的な割合を占め [全文を読む]

トヨタなど、ドクターヘリの早期出動判断を行う救急自動通報システム(D-Call Net)の試験運用を開始

JCN Newswire / 2015年11月30日16時29分

D-Call Netは、交通事故発生時の車両のデータを活用し、新たに開発した死亡重傷確率推定アルゴリズムを用いて、乗員の死亡重傷確率を推定し、ドクターヘリ基地病院に通報することにより、ドクターヘリやドクターカーの早期の出動判断を行い、交通事故での救命率向上を図る。国内では、日本緊急通報サービスが緊急通報システム「ヘルプネット」を2000年から提供しており、 [全文を読む]

山奥の池に「怖い」伝説が残りがちな「優しい」理由… 伝説が守る2つのもの

しらべぇ / 2015年06月14日08時00分

さて、その伝説とは… 一、昔し南方約二〇キロの所に小さな沼有り 其の沼の主白蛇が一朝美女と成り此の池に来り主と成りたとの事 此の池で雨乞いをすれば必ず雨が降ると云う 一、此の池の魚を取ると発狂し又事故死すると云われている 村人は今でも決して此の池を荒らす事は無い 一、此の池に石を投げると必ず雨が降る 一、此の池の水は年中変わる事も無く昔のままで有り尚池の [全文を読む]

クルマの深刻な「右直事故」を防止するトヨタ最新技術

FUTURUS / 2014年10月31日11時11分

交通事故が発生する場所はどこか? 警察庁が発表した2013年の資料「平成25年中の交通事故の発生状況」によると、約62万9,000件の事故のうち53.6%が交差点で発生している。その内容は、「出会い頭」「右折と直進車」「左折巻き込み」などである。近年、衝突被害軽減自動ブレーキ(AEB)が安全デバイスとして、急速に普及が進んでいるが、AEBは直進路を得意とす [全文を読む]

トヨタ・コメダ珈琲店・KDDI、「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクトの取り組み結果を発表

JCN Newswire / 2016年11月15日15時27分

地球約65周分の「ながらスマホ運転」防止を達成Toyota City, Japan, Nov 15, 2016 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(本社: 愛知県豊田市/代表取締役社長 豊田章男、以下 トヨタ)と、株式会社コメダ(本社: 愛知県名古屋市/代表取締役社長 臼井興胤、以下コメダ珈琲店)、KDDI株式会社(本社: 東京都千 [全文を読む]

12月は交通事故死亡者数が最も多い!あなたの街は大丈夫!?TOYOTAが全国市区町村の危険度判定コンテンツを公開~ワースト1位は愛知県名古屋市~

PR TIMES / 2016年10月07日11時47分

トヨタの衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載した「特アクア・特プリウス」の新CMは明日10月8日(土)より公開 ディーラーマンに扮した“ミニ鶴瓶”さんが登場!あなたの街から安全宣言!「この街の、安全のために」をテーマに掲げたご当地店頭ツールも展開トヨタ自動車株式会社(愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田 章男)は、12月の交 [全文を読む]

トヨタとNTT、「コネクティッドカー」向けICT基盤の研究開発に関する協業に合意

JCN Newswire / 2017年03月27日12時40分

1.協業の狙いトヨタとNTTグループは、各社が持つ技術やノウハウを共有し、クルマから得られるビッグデータを活用することによって、事故や渋滞といった社会が直面している様々な課題の解決や、お客様への新たなモビリティサービスの提供に必要となる技術の研究開発に共に取り組むことで、将来の持続可能なスマートモビリティ社会の実現をグローバルな視点を持ってめざしていく。2 [全文を読む]

自宅や老人ホームでの看取り率に自治体間で大きな差 そのワケは?

JIJICO / 2017年02月20日09時00分

その数は、2014年の全死亡者から事故や自殺などを除き、「看取り率」として算出したもので、人口20万人以上の自治体間格差は約3倍、3万人以上20万人未満では約13倍の開きがあったようです。 その背景には、在宅医療・介護体制の違いがあるとみられ、「最期は自宅で」の望みがかなうかどうかは、住む場所によって決まる実態がうかがえます。 各市町村での看取り率、その [全文を読む]

トヨタ、2016年度 幼児向け交通安全教室「トヨタセーフティスクール」を開催

JCN Newswire / 2016年05月10日15時48分

豊田章男社長は「この活動は1975年当時、急増していた幼いお子さんの事故を未然に防ぐことが、自動車メーカーの社会的責任との思いから始まりました。その後40年以上にわたり、大切な活動として継続してまいりました。年長園児の皆さんは、来年の春には、ひとり歩きを始めます。みんなで安全に道路を歩けるようになって、元気よく小学校に通っていただきたいと思います。これから [全文を読む]

高性能テールシール「FHブラシシール」を開発(ニュースリリース)

PR TIMES / 2016年03月18日11時51分

この結果、裏込材がシールド機内へ逆流することになり、流出したパテグリスの代わりにブラシ内部に裏込材が入り込みブラシ内部で固化することで、さらに漏水が多くなり、出水事故やブラシ交換といったトラブルの原因となります。[画像2: http://prtimes.jp/i/2296/606/resize/d2296-606-580978-2.jpg ] このFHブラ [全文を読む]

顧客とブランドをつなぐ新たな広告コミュニケーションツールとして、トヨタ自動車が、スパイスボックスのダンボール製VRゴーグルMilboxを採用。

PR TIMES / 2015年04月07日12時02分

1.追突による事故に備えるプリクラッシュセーフティーシステム(レーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方の障害物を検知し、衝突回避もしくは被害軽減をはかるブレーキシステム)動作の疑似体感 [全文を読む]

『事業化フェーズに突入したHEMS/BEMS/MEMS最新技術動向2014』を2月20日に発行

PR TIMES / 2014年02月20日14時46分

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに伴って起こった福島第一原子力発電所の事故は、日本の電力エネルギーの安定した供給体制を直撃しました。このような背景に登場したスマートグリッドと日本における電力自由化の波は、電力エネルギー供給の危機という事態を打開するキーワードとなると同時に、地域独占体制の終焉を告げるものとなりました。政府は電力システム改革専 [全文を読む]

フォーカス