岡田斗司夫 オタキングに関するニュース

高須院長が激怒!「岡田斗司夫が金銭的援助を求めてきた」

NEWSポストセブン / 2015年02月07日07時00分

今回は女性問題で炎上騒ぎになったオタキングこと岡田斗司夫氏の話題についてお話を聞きしました。女性に交際を暴露された後に、最高80人の女性と同時に交際していたことがあると自ら告白。さらに交際していたと思われる女性をランク付けしていた実名リストがネットで流出してしまった岡田氏に、高須院長が怒りをぶつける! * * *──今回は何かと話題の岡田斗司夫さんの女性問 [全文を読む]

有料ブロマガ8本期間限定無料! 気になるブロマガ・生放送・動画をご紹介『週刊ブロマガ 10月25日号』――休刊します

ガジェット通信 / 2013年10月26日09時00分

●注目ブロマガ特集!! 編集部の中で今最も熱いブロマガ紹介 今回取り上げるブロマガは『岡田斗司夫のニコ生では言えない話』です。 『岡田斗司夫のニコ生では言えない話』 ニコ生ゼミでおなじみ、岡田斗司夫のコンテンツの文字起こしを公開。会員には講演や対談音声のMP3データもプレゼント。自分のライフスタイルにあったメディアで、オタキング・岡田斗司夫の世界を楽しめ [全文を読む]

岡田斗司夫が映画『バクマン。』を酷評する理由|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2015年10月14日18時00分

様々な著名人が絶賛し、岡田斗司夫は酷評する大根仁監督の映画『バクマン。』をボクも観てきました。いや、ホント面白かったですよ! 岡田斗司夫が「漫画を描くシーンが多くて地味すぎる」とか「漫画に対する敬意と尊厳がない」とか批判していたけれど、むしろ漫画を描くシーンが地味にならないための工夫とか、漫画に対する敬意が伝わってくる感じで。 で、なぜ岡田斗司夫が酷評した [全文を読む]

岡田斗司夫さんが「『けものフレンズ』これから観てみる」とツイート その結果……

ガジェット通信 / 2017年02月24日09時30分

2月23日、オタキングこと岡田斗司夫さん(@ToshioOkada)が『Twitter』にて 見てください!とあまりに依頼されるから、「けものフレンズ」これから観てみる とツイート。その後、作品を鑑賞しながら感想の投稿を連続して行った。 1分半経過。 すでに脳ミソが茹だりだす。 「ごめんね、私、狩りごっこ、大好きで」 このセリフをアリとできる若年オタクたち [全文を読む]

岡田斗司夫がイノベーション後の新キャラ確立か!?|ほぼ週刊吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2015年06月02日17時00分

3ヶ月ほど前、岡田斗司夫はこんなことを力強く言い切っていました。「私は、2015年初頭にネットで炎上騒ぎにあいました。普通の人なら、そこで『炎上を収めて鎮火』を考えると思います。しかし評価経済では、違う発想をします。(略)炎上とは『一時的に注目値が急上昇している状態』と解釈できます。急上昇した注目値なのに、それまでのキャラを守ろうとすれば、炎上はネガティブ [全文を読む]

『けものフレンズ』を岡田斗司夫がSFファン目線で分析。「人間が滅びたんじゃなくて、人間に見捨てられたんじゃないかな」

ニコニコニュース / 2017年03月01日11時00分

2月26日に配信された、『岡田斗司夫ゼミ』にて。元祖オタクの王、オタキングこと岡田斗司夫氏が"SFファン目線"で『けものフレンズ』を分析した。すべての写真付きでニュースを読むおじさんSFファンから見た『けものフレンズ』岡田: 『けものフレンズ』は一応7話まで見たので、今日はおじさんSFファンから見た、けものフレンズの入門編というのを話してみようと思います [全文を読む]

オタキングの今昔を堪能? 交流も? DMM Lounge『岡田斗司夫ゼミ室』

ガジェット通信 / 2016年10月20日15時00分

評論家で自称“オタキング”の岡田斗司夫さんが会員制ウェブコミュニティ『DMM Lounge』で自らのコミュニティメンバーを募集している。 『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』と冠したコミュニティではこれまで過去10年間に岡田さんが出演した『ニコニコ生放送』や公式オフ会、ラウンジ会員限定講義の動画が堪能できるだけでなく、SNSを介した交流も可能だ [全文を読む]

「『君の名は。』が"萌え"に支配されたアニメ業界から僕を救った」山本寛・アニメ監督への復帰を語る

ニコニコニュース / 2016年09月27日19時11分

オタキングこと岡田斗司夫と、『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズ等のアニメーション演出家であり、『らき☆すた』『かんなぎ』の監督・ヤマカンこと山本寛の初対談が行われた。岡田のオタク解散宣言である『オタク・イズ・デッド』を見て号泣し、その影響を受けて今年、講演で『アニメ・イズ・デッド』を表明した山本。オタクが死に、アニメが死んだ今、『シン・ゴジラ』と山本の復帰のきっ [全文を読む]

乃木坂46、欅坂46、岡田斗司夫……2015年“流出騒動”の舞台ウラを関係者が大暴露!!

サイゾーウーマン / 2015年12月31日13時00分

そして最後は、15年最初のネット炎上となってしまった、オタキングこと評論家・岡田斗司夫氏のキスプリクラ流出騒動について。 「ネット上に流出したキス写真は、岡田氏の“元愛人”とされる女性によってSNS上にアップされました。岡田氏は当初『当たり前ですけどニセ写真です』と釈明しましたが、その後一転して合成説を否定。しかし、岡田氏の対応に誠意が見られなかったこと [全文を読む]

2015年上半期“輝く!有名人スキャンダル大賞!”「岡田斗司夫の“80股”って…」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時57分

水 80股騒動の岡田斗司夫。この事件も豪ちゃん、スペシャリストだね。日本でいちばん詳しいけど、岡田斗司夫の話、テレビでしても誰も食いつかないよ。吉 これも病ですよね、たぶん。水 今回は、岡田斗司夫をここに入れてもいいなと思ってたの。吉 座談会のメンバーに?水 「伊集院だ」って(笑)。吉 ははははは。その2人は仲悪いけど。博士に相談してたんですよね?水 そう [全文を読む]

岡田斗司夫“SEX名簿”流出で、「ニセ写真騒動」が再燃中! 教え子やあのエッセイストまで……!?

日刊サイゾー / 2015年01月19日15時00分

オタク評論家・岡田斗司夫氏(56)のキス写真騒動、裏アカの“ランク付けリスト”も流出で…… ITライター・Dr.T (以下、Dr.T) 「オタキング」としても知られる評論家・岡田斗司夫氏のスキャンダル(http://youtu.be/qAfbdDWaTy4)に続報だよ。新米編集者・アキ(以下、アキ) 24歳の女性とのキス写真がネットに流出して、本人も本物と [全文を読む]

岡田斗司夫が愛人とのキス写真流出に釈明も、「当たり前ですけどニセ写真です」がネットで大流行中!

日刊サイゾー / 2015年01月06日17時00分

“オタキング”の異名を持つプロデューサーで評論家の岡田斗司夫氏(56)の愛人を名乗る女性が出現し、騒ぎとなっている。 今月、自称24歳の女子大生を名乗る人物が、Facebookで「私は岡田斗司夫の愛人でした。でも昨日捨てられました。綺麗な指輪をくださって、ベッドで『お前が世界一かわいい』とも『将来のことは考えてあるから心配するな』ともおっしゃってたのに。( [全文を読む]

岡田斗司夫がリバウンドで自らの“レコーディングダイエット“を全否定

リテラ / 2014年11月03日13時00分

岡田斗司夫が新しい本を出版した。『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(PHP出版)。だが、その中身より、表紙の著者写真を見て目が点になった。 ええっ!? 完全に元に戻ってるじゃないか! 岡田といえば、かつては「オタキング」という愛称で、オタク評論家として知られていたが、今から7年前にダイエットに成功。身長171センチにして120キロという巨体を65 [全文を読む]

話題の映画『この世界の片隅に』を実写で撮れぬ日本映画界の惨状

まぐまぐニュース! / 2016年11月30日21時00分

試写状やフライヤーのイメージからだいたいのこの映画の感覚が掴めていただけに正直わざわざ観る映画とは思えなかったが、水道橋博士、町山智浩、ライムスター宇多丸、「オタキング」岡田斗司夫が軒並み絶賛していることもあり、背中を押される形で観た。 要は広島県広島市南部と呉を舞台にした戦前・戦中・終戦直後の日本のある家族の悲喜こもごもで、そこにゆるゆるふわふわなタッチ [全文を読む]

“大人アイドル”prediaが投げキッスで悩殺!

Smartザテレビジョン / 2016年01月22日05時00分

今回もオタクカルチャーに精通している「オタキング」こと岡田斗司夫が各アイドルを鋭く分析。辛口コメントは相変わらずだが、「全体的なバランスがすごく良い」「完璧」と絶賛する場面も。岡田をうならせるアイドルのパフォーマンスに元気をもらおう。 [全文を読む]

あの清純派アイドルが解散を懸けてパフォーマンス!

Smartザテレビジョン / 2016年01月15日09時30分

今回は、オタクカルチャーに精通している「オタキング」こと岡田斗司夫氏が各アイドルを鋭く分析。 「汚れ方が少な過ぎる」「面白みがない!」など、ファンが炎上しそうな辛口コメントばかりだが、そんな批評を吹き飛ばし1位を獲得するアイドルはどのグループか。 まず登場するのは、前回3位でリベンジを果たした肉食系アイドル・predia。「絶対1位を取ります!」と意気込 [全文を読む]

アサ芸が決定!ウラ流行語大賞2015「広瀬すずはお蔵入りしたCMで…」

アサ芸プラス / 2015年11月28日17時57分

こんなことは絶対言わないと思いますが‥‥」「愛人80股」をカミングアウトした評論家の岡田斗司夫氏(57)も話題を呼んだ。「どこまで本当のことかわからないが、これは衝撃でした。まさか、キム・ミョンガンのあの奉仕隊に参加していたとは驚きました。それにしてもなぜAV界は彼を放っておいたのか。折しもAV界はオヤジ男優ブーム、MUTEKIから初の男優AV『オタキング [全文を読む]

知り合いで一番面白い人を紹介してもらっていくと最終的に松本人志にたどり着く?

AOLニュース / 2015年08月06日12時00分

しかし、アニメの制作に携わっているという若者を介して、13人目で岡田斗司夫が登場すると状況は一変。そこから キングコング・西野亮廣 ホームレスの小谷さん ジャルジャル・福徳秀介 天竺鼠・川原克己を経て、ついに18人目で松本の名前が出るという結果に。 今週の放送は・・・▼児嶋一哉:知り合いで一番面白い人を紹介してもらっていくと、最終的に松本人志にたどり着く説 [全文を読む]

キス画像に愛人リストも流出…岡田斗司夫“大炎上問題”にホリエモンとひろゆきが「なんかヘンだよね」

週プレNEWS / 2015年02月05日19時40分

“オタキング”こと評論家の岡田斗司夫(としお)氏が、ネット上で大炎上した事件が大きな話題となった。 「レコーディング・ダイエット」を大ヒットさせ、容貌まで大変身したことでも知られる岡田氏だが、事の発端は、自称愛人だった女性がふたりのキス画像を流出させたこと。それを岡田氏自身がニコ生で「現在9人と交際中」「過去に80股をしていた」などとカミングアウトしたため [全文を読む]

就職しなくても、どうにか生きられる方法はある! 人間の値打ちを決める3つのCとは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月04日12時20分

関連情報を含む記事はこちら 評論家で文筆家のオタキングこと岡田斗司夫氏は著書『僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない』(PHP研究所)の中で、就活をめぐる学生たちの行動を無駄だと言い切っている。たとえば、お見合いサイトとか出会い系が「若くて美人」「高収入でイケメン、高身長」といった人に有利にできているように、就活サイトは、高学歴や資格保持者ばかりが有利。 [全文を読む]

フォーカス