織田信長 安土城に関するニュース

歴史探訪!安土で信長に会いにいく

WEB女性自身 / 2017年02月22日17時00分

最近でも何かと主人公の座をかっさらいがちな、戦国武将「織田信長」。 歴史に造詣が深くなくても、 聖地を巡れば楽しめる!? 安土城で織田信長に想いを馳せてみた。 人間は、広い世界のほんの一部で生きている。全てを知ることはできない。世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。そんな人が集まると、小さなブームになる。誰かの世 [全文を読む]

新感覚“エンターテイメント時代劇”見参!映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年07月20日11時00分

戦国時代にタイムスリップし、織田信長として生きることになった主人公・サブローと、かつて信長だった男・明智光秀との最後の戦いを描いています。主人公・高校生サブローと織田信長の一人二役に挑む小栗旬を筆頭に、柴咲コウ、向井理、山田孝之といったまさに日本のエンターテインメント界を牽引する豪華キャスト陣が集結し、監督もテレビ版を手がけた松山博昭が続投しました。フジテ [全文を読む]

大ヒット映画『信長協奏曲』Blu-ray・DVD7/20(水)発売決定!!

NeoL / 2016年05月20日07時24分

2016年公開実写邦画No.1! 興行収入45億円を突破した大ヒット映画『信長協奏曲』Blu-ray・DVD7/20(水)発売決定!! あの織田信長が、実は現代からタイムスリップした高校生だったら・・・? 2009年から「ゲッサン」(小学館)で連載をスタートし、その奇想天外なアイディアとポップな世界観から累計350万部を突破する大人気コミックとなった「信長 [全文を読む]

なぜ真田信繁は敗れ、家康は徳川幕府300年の礎を築けたのか

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日02時20分

一拠点に固執しない 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康たち、いわゆる戦国時代の三英傑が天下を取れたのはなぜか、その理由は多くの歴史家に研究されてきました。 その性格、家臣団をまとめる経営術、軍略の巧みさなど、いろいろな理由はあります。でも、全国各地の戦国大名や領主たちと見比べて、なぜ彼ら三英傑が天下を取って、その他の大名や領主たちは天下を取れないのか、という視 [全文を読む]

劇場版『タイムスクープハンター』要潤、「寅さんを目指す!」

AOLニュース / 2013年09月02日12時21分

NHKで放送中のドキュメンタリー・ドラマ風の人気番組の映画化で、戦国時代の武将・織田信長が天下統一の拠点としたが、その消滅原因に諸説ある名城・安土城最後の一日の謎に、要演じる時空ジャーナリスト沢嶋が肉迫するタイムワープ娯楽巨編! 安土城という映画的な題材を得た今作は、「5年間、必死にテレビシリーズを続けていく中で、早くなく遅くなく、ちょうどいいタイミング [全文を読む]

信長が家康にもてなした『安土饗応膳』が現代に蘇る!休暇村近江八幡が7月15日までの期間限定で再現・発売 ~ 歴史を動かした 天下人の会食 ~

@Press / 2016年05月17日10時30分

織田信長が明智光秀に命じ、徳川家康をもてなした400年以上前の料理を、地元有志と博物館の研究者の協力により再現。当時は塩と酢が中心の味付けでしたが、現代風の味付けやアレンジで美味しくお召し上がりいただけます。■「安土饗応膳」とは1582年(天正10年)5月、織田信長が明智光秀に饗応(接待役)を命じ、武田討伐に功をなした徳川家康を安土城でもてなした膳。山海の [全文を読む]

織田信長は「神を冒涜する悪魔」だった?キリスト教を利用し兵器生産

Business Journal / 2015年09月11日06時00分

ほかの武将と違い、織田信長は本拠地となる居城を固定することはなかった。居城の固定化は地域支配を磐石にするが、信長はそれを否定したのだ。 清洲城、小牧山城、岐阜城、安土城への移転は、明らかに戦略目標に沿ったものである。天下を統一するため、それにふさわしい拠点を必要に応じて変えるというものだ。信長のこの柔軟性は、見習うべきものがある。 信長が安土城の次に考えて [全文を読む]

戦国時代の料理を再現!「信長おもてなし御膳プラン」を予約開始~信長の天下取り足がかりの地、岐阜県の長良川河畔で当時の料理を~

@Press / 2014年06月02日16時00分

旅館すぎ山(所在地:岐阜市長良73-1、総支配人:杉山寛典、URL: http://www.gifu-sugiyama.com )は、戦国大名・織田信長が客人をもてなすために用いた料理を再現した「信長おもてなし御膳プラン」の提供を開始致しました。すぎ山ホームページ: http://www.gifu-sugiyama.com 織田信長は接待上手として知られ、 [全文を読む]

信長なら新国立競技場を500億円で作れる。堺屋太一氏の大胆な考察

まぐまぐニュース! / 2016年03月11日08時00分

無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』にて、堺屋太一・渡部昇一両氏が徹底討論した最新刊の中から、堺屋氏が織田信長について述べた評論の一部が特別公開されています。さすがは信長、と妙に納得してしまうエピソードです。 もし、信長が新国立競技場をつくったら? 信長は安土城で相撲の興行をよくやりましたね。 その第1回目の相撲の興行が終わって、人がいっぺんに退 [全文を読む]

視聴率16.9%へ急落も、歴史好きやオタからは好評の『真田丸』。第6話目を視聴者の反応とともに振り返る

おたぽる / 2016年02月16日21時00分

第6話『迷走』は、織田信長が本能寺の変で倒れ、混乱する安土城から真田信繁(堺雅人)は明智勢に占拠された城から姉・松(木村佳乃)を連れて脱出を図る。その頃、真田家では織田家につくのか、北条家につくのか。真田昌幸(草刈正雄)、信幸(大泉洋)が次の手を考えあぐねていた……といったストーリー。 ざっとネット上の声を拾ってみると、まず「前半かったるかった」「まつが [全文を読む]


もはや爽快!あの男の「恥知らず」処世術!織田信長を裏切り→逃亡→秀吉の家臣…

Business Journal / 2015年09月16日06時00分

さて、今回は織田信長の有能な部将の1人である、荒木村重の話です。 村重は、信長に仕えて高い評価を受け、次々に重要な役割を与えられて出世しました。その村重が、信長を裏切ります。 昔から、村重の裏切りは大きな謎とされてきました。もともと、村重は摂津国の池田城主、池田家の家臣でした。ところが、近畿地方における勢力拡大を図る三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友 [全文を読む]

織田信長の改革を「経営のイノベーション」として見ると?

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日03時00分

天下統一こそなりませんでしたが、織田信長が行った数々の革新が戦国時代の終焉を早めた事実に疑いはありません。無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』に、信長の具体的なイノベーションと、我々現代人が彼から学ぶべきことが記されています。 戦国時代のイノベーション イノベーションということを言いだしたのは、オーストリアのシュンペーターという経済学者です。 少しやや [全文を読む]

【話題の信長バイク】織田信長をモデルにした自転車が当たる信長生誕キャンペーンを開催中!

DreamNews / 2015年05月29日11時00分

京都の自転車メーカー株式会社MBC(京都市、代表 伊澤慎一)は織田信長の誕生日6月23日を祝して、今春4月に発売した織田信長をモデルとした自転車が当たるプレゼントキャンペーンを2015年5月23日より実施中。話題の信長自転車が当たるキャンペーンを実施京都発、自転車製造・販売を行う株式会社MBC(本社:京都市、代表:伊澤慎一)は、今春4月に発売した新自転車の [全文を読む]

戦国武将・織田信長の絶倫の源は玉ねぎだった!?

アサ芸プラス / 2014年08月04日09時59分

全国統一を夢見、疾風怒濤、戦国時代を駆け抜けた織田信長は絶倫だった。その源は彼の意外な“食”にもあった。 天正10年(1582年)家臣・明智光秀の謀反にあい、京都本能寺で自害(享年49)したとされる戦国武将・織田信長の“人生50年”は絶倫生涯でもあった。 濃姫をはじめとする10指に余る妻・側室を持ち、22人の子供をもうけたうえ、森蘭丸に代表されるように小姓 [全文を読む]

UEI、コーエーテクモゲームスのスマートフォンアプリ「下天の華 刻の詩」の企画及び開発に協力

@Press / 2014年03月13日09時30分

プレイヤーは“くのいち”となって織田信長が住まう安土城に潜入し、与えられた密命をこなしていきます。織田信長を筆頭に、明智光秀や羽柴秀吉など個性的なキャラクターたちとの交流の中で、互いに疑惑を抱きながらも次第に深まっていく縁。密命を帯びたくのいちと、動乱の時代を生きる武将達とのスリリングな恋と疑惑のドラマをお楽しみください。[商品概要]●発売日iPhone版 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】世界が久能山東照宮に目を向けた理由

GOTRIP! / 2017年03月06日05時30分

我々現代人が連想する日本の城の形は、織田信長が宮大工を集めて安土城を造らせたことに由来します。つまり寺社仏閣や皇居の建築技術を、信長が大金を積んで買い占めたということです。 信長の弟分である家康も、その路線を継承しました。だからこそ、現代人は久能山東照宮という歴史的建造物を見学することができるのです。 Post: GoTrip! http://gotrip [全文を読む]

『寄生獣』『ヒストリエ』の岩明均が原作として戦国時代を描く! 大絶賛相次ぐ、話題の本格時代劇マンガ『レイリ』レビュー!!

おたぽる / 2016年11月29日11時00分

なお長篠の戦い以後、中央では織田信長が越前侵攻、右近衛大将就任、安土城築城、そして対本願寺、対毛利戦と大張りきり。歴史小説やドラマは、どうしても信長を中心とした多くなりがちで、この年代の甲州を舞台とした物語は意外と少ない。だが、奇しくも今年のNHK大河ドラマ『真田丸』は“甲州征伐”から物語が始まっており、この年代を武田家視点で描く点が珍しくかぶっている。 [全文を読む]

この絵師がヤバい。戦国時代に絵筆で天下を目指した長谷川等伯。その激動の半生を描いた『焔色のまんだら』刊行のお知らせ

@Press / 2016年11月29日10時15分

> 天正十年(1582)六月、織田信長が横死──戦国の世を驚愕させた大事件の裏で、己の新たな道を見いだした一人の男がいた。男の名は長谷川等伯。能登の仏画師だった彼は、一念発起して京に上ったものの、当寺最高峰の絵師・狩野永徳から弟子入りを断られ挫折。うだつの上がらない日々を送っていた。しかし「本能寺の変」の際、燃え落ちる安土城の中に決死の覚悟で潜り込み、永徳 [全文を読む]

豊臣秀吉の「夢の跡」指月伏見城の石垣が400年ぶりに地上へ

しらべぇ / 2016年11月27日17時30分

織田信長の安土城を例に取っても、巨大な石材をどう動かしたのか未だに分かっていない。トラックもクレーン車もない時代、物資ひとつ運ぶにも高度な技術が必要なのだ。信長も秀吉も、職人に対して金銀を惜しみなくばら撒いた。しかも秀吉の場合は、指月城に明国の使者を迎え入れるつもりだった。この時は唐入りの最中だったが、「明を征服する」という当初の目標から妥協した秀吉が停戦 [全文を読む]

フォーカス