池井戸潤 七つの会議に関するニュース

今年の父の日は「本」をプレゼント! 30代・40代・50代男性に人気の本は…?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月18日09時00分

なんと、すべての年代で池井戸潤の『七つの会議』がランク入りする結果に。2016年6月19日(日)の父の日が近づく中、プレゼントに悩む方は、今年は人気ランキングの本をプレゼントしてみては? <50代ランキング> ■1位:『七つの会議』 著:池井戸潤 発売日:2016年2月19日(金) 出版社:集英社 会社組織を舞台に繰り広げられるおなじみ勧善懲悪の池井戸作品 [全文を読む]

原作を読まない派vs.読む派の攻防【甲本雅裕×山崎樹範 池井戸ドラマ対談】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月24日11時30分

役者目線で見た池井戸作品の魅力とは? 『ダ・ヴィンチ』8月号の池井戸潤特集では、2人の対談を掲載している。関連情報を含む記事はこちら【甲本】 俺は『空飛ぶタイヤ』と『花咲舞が黙ってない』にも出たけど、全部つらい役柄だったね。『空飛ぶタイヤ』では被害者の遺族。『七つの会議』では倒産寸前のねじ工場の社長。『花咲舞が黙ってない』では上司のイエスマンでなければなら [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年2月21日~2016年2月27日)

PR TIMES / 2016年03月01日09時38分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/132/resize/d11577-132-342905-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『七つの会議(集英社文庫)』池井戸潤 集英社(http://honto.jp/netstore/pd-book_276 [全文を読む]

「七つの会議」と「半沢直樹」池井戸潤原作ドラマ対決の要諦

NEWSポストセブン / 2013年07月27日16時00分

2本とも、直木賞作家・池井戸潤原作の企業ドラマ。視聴者としてはなんという贅沢。嬉しい悲鳴。まるで、旬にしか味わえない個性的なご馳走を2皿続けていただくような至福感。「七つの会議」が後発でスタートしたので、「『半沢直樹』の迫力と哀しみにどこまで迫り、伍することができるか? 注目です」と私はコラムに書きましたが、はてさて蓋を開けると……「七つの会議」の速度に [全文を読む]

池井戸潤の人気シリーズが一冊に!『合本 半沢直樹』電子書籍で本日発売

@Press / 2017年09月07日13時45分

文藝春秋電子書籍編集部では、9月7日(木)、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)をまとめた電子書籍『合本 半沢直樹』を発売します。 大手銀行を舞台にした痛快エンターテインメント小説「半沢直樹」シリーズは、2013年にTBSテレビでドラマ化され(主演:堺雅人)、「倍返しだ [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時54分

取材・文/大谷道子池井戸潤:1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。「下町ロケット」で直木賞を受賞。著書に半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』、花咲舞シリーズ『不祥事』、『ルーズヴェルト・ゲーム』『民王』『七つの会議』『陸王』など多数。 [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(1)物語は著者の半生にちなんだキーワードが関わる

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時54分

ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」などの原作で知られる人気作家の池井戸潤氏。ファン待望の最新作は、銀行を舞台にした渾身作だ。すでに7月放送のドラマ化が決定したばかりか、池井戸氏としては珍しい青春小説を彷彿(ほうふつ)させるストーリーが注目を集めている。その傑作の舞台裏を著者が語り尽くした。 父の経営する町工場の倒産を見て育った息子、山崎瑛(あきら)。名門 [全文を読む]

トーハン調べ「2016年 上半期ベストセラー」発表

DreamNews / 2016年06月01日09時00分

文庫総合は1位=池井戸潤「七つの会議」(集英社)、2位=東野圭吾「夢幻花」(PHP研究所)。株式会社トーハンは、「2016年 上半期ベストセラー」(集計期間=2015年11月27日 ~2016年5月25日)を発表しました。【概況】総合第1位は、石原慎太郎著「天才」。週間ベストセラーでは18週連続でランクインしています。「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『2016年honto 3月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年04月06日11時47分

~人気作家の文庫新刊が上位独占 池井戸潤『七つの会議』が1位~-ハイブリッド型書店サービス「honto」- ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍の [全文を読む]

池井戸潤が描く企業の不祥事隠蔽 ―働く意味を見失った普通の人々

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月05日15時00分

池井戸潤著『七つの会議』(集英社)は、会社に属する人たちにとってのそんな虚しい現実をありありと描き出す。NHKでドラマ化もされたこの作品は、7つの会議、7人の登場人物が織りなす群像劇によって、ある会社組織の闇を映し出している。「正しい」ことを全うする、そんな当たり前のことがどうしてこんなにも難しいのだろうか。サラリーマンにとっての「正しさ」とは何なのか。 [全文を読む]

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月12日05時50分

2014年、春から夏にかけてのテレビ界は、池井戸潤が席巻した、といっても過言ではないだろう。6月、好評のうちに完結した連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』と『ルーズヴェルト・ゲーム』。2作同時の映像化は、昨年の『半沢直樹』『七つの会議』に続いてのことだった。関連情報を含む記事はこちら 『ダ・ヴィンチ』8月号ではそんな池井戸潤を大特集。ロングインタビューを掲載し [全文を読む]

『半沢直樹』で人気拡大中の池井戸潤作品、その秘密は“少年マンガ”にあり?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月08日15時00分

原作者の池井戸潤さんも取材依頼が殺到しているそう。 関連情報を含む記事はこちら 池井戸人気の兆しは、実はドラマ放送前からあった。昨年に発売された『ロスジェネの逆襲』と『七つの会議』はドラマ化決定前の時点で、それぞれ10万部近くを発行していた。今年6月には、著作を出す出版社5社が集い、「池井戸祭」なるプロモーションを敢行。堺雅人と池井戸の語り下ろし対談、池井 [全文を読む]

池井戸ドラマ両方必見?万人受け『半沢直樹』、会社員の痛々しさが切実な『七つの会議』

Business Journal / 2013年07月27日06時00分

ネジドラマ……もとい、小説家・池井戸潤原作の企業ドラマが話題になっている。視聴率絶好調の『半沢直樹』(TBS系)が万人にウケる、老若男女問わず飲みやすいキャラメルラテだとすれば、『七つの会議』(NHK)は良質の豆から挽いたブラックコーヒーだ。企業に勤めるビジネスパーソンであれば、後者のほうにぐぐっと惹かれているのではないだろうか。 中堅電機メーカーの内部 [全文を読む]

「ナツイチ」2016 キャンペーンキャラクターは田辺誠一&中条あやみに決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月20日06時30分

全86作品のラインナップの中には、54万部を突破した池井戸潤の『七つの会議』や、99万部突破の東野圭吾『マスカレード・ホテル』をはじめ、朝井リョウの『世界地図の下書き』『チア男子!!』、村山由佳の『天使』シリーズ最新作『天使の柩』など、夏の読書にふさわしい人気タイトルや、注目の新刊が揃っている。また、アニメ「おそ松さん」が文庫型ノートになった『おそ松さんノ [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年4月3日~2016年4月9日)

PR TIMES / 2016年04月12日09時17分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/143/resize/d11577-143-591149-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『天才』石原 慎太郎 幻冬舎(http://honto.jp/netstore/pd-book_27658607.ht [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年3月27日~2016年4月2日)

PR TIMES / 2016年04月05日09時31分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/141/resize/d11577-141-702989-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『天才』石原 慎太郎 幻冬舎(http://honto.jp/netstore/pd-book_27658607.ht [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年3月20日~2016年3月26日)

PR TIMES / 2016年03月29日09時27分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/140/resize/d11577-140-433065-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『七つの会議(集英社文庫)』池井戸潤 集英社(http://honto.jp/netstore/pd-book_276 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年3月13日~2016年3月19日)

PR TIMES / 2016年03月22日09時26分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/139/resize/d11577-139-743840-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『七つの会議(集英社文庫)』池井戸潤 集英社(http://honto.jp/netstore/pd-book_276 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年2月28日~2016年3月5日)

PR TIMES / 2016年03月08日09時31分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/135/resize/d11577-135-206432-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『七つの会議(集英社文庫)』池井戸潤 集英社(http://honto.jp/netstore/pd-book_276 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2016年honto 2月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2016年03月04日11時51分

2016年2月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説 総合ランキング上位は、池井戸潤や吉田修一などの人気作家作品、読み聞かせるだけで子どもがすぐに寝るというスウェーデン発の『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』、人気のアドラー心理学関連作品などバラエティーに富んだ作品がランクイン。電子書籍ランキングでは、BL作品やマンガで学ぶ系の作品が上位 [全文を読む]

フォーカス