マッキンゼー 大前研一に関するニュース

ビットコイン入門、大前研一ビジネスジャーナル他、 電子書籍をお得な50%割引で販売 3/24~4/2の10日間限定「春のKindle本フェア」

DreamNews / 2017年03月27日11時00分

●本件に関するお問い合わせ先 株式会社masterpeace 〒107-0062 東京都港区南青山4-15-5 TEL 03-5770-5869 電子メール:contact@masterpeace.co.jp 担当:窪田 <参考資料>●キャンペーン販売タイトル(masterpeace発行タイトル:全70点)『おもてなし経営 はじめの一歩』(著:濱川 智) [全文を読む]

ビットコイン入門・大前研一氏著作他、電子書籍がお得な50%割引・100円均一で特別販売! 「楽天Kobo お買い物マラソン」にて

DreamNews / 2017年02月06日15時00分

http://books.rakuten.co.jp/e-book/●本件に関するお問い合わせ先株式会社masterpeace〒107-0062 東京都港区南青山4-15-5TEL 03-5770-5869 電子メール: contact@masterpeace.co.jp 担当:窪田<参考資料>●キャンペーン販売タイトル(masterpeace発行タイトル [全文を読む]

NextPublishingの電子書籍 Reader Storeで正式販売開始!同時に期間限定セール!大前研一関連書籍22点がセール価格で購入可能に

PR TIMES / 2015年11月27日11時12分

・『大前研一ビジネスジャーナル No.1 「強いグローバル戦略/脆いグローバル戦略」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジネスジャーナル No.3 「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジ [全文を読む]

マッキンゼー出身者が優秀な理由「そうなりそうな人を採用」

NEWSポストセブン / 2012年08月03日16時00分

ディー・エヌ・エー(DeNA)創業者の南場智子氏、経済評論家の勝間和代氏、京都大学客員准教授の瀧本哲史氏など、経営コンサルティング会社・マッキンゼー出身者の活躍が目覚ましい。なぜマッキンゼー出身者は成功・活躍するのか。その理由を自身もマッキンゼー出身の大前研一氏が解説する。 * * * 私の古巣であるマッキンゼーは、ビジネス界で活躍する人物を輩出し続ける企 [全文を読む]

外資コンサル最高峰のマッキンゼー辞めて実家を継ぐ人もいる

NEWSポストセブン / 2012年07月15日16時00分

外資系企業を目指す学生にとって最高峰に君臨する企業のひとつが、コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーだ。大前研一氏、勝間和代氏など多彩で優秀な人材を輩出してきたことでも知られている。だが「マッキンゼー卒」は起業するばかりではない。実家を継いだ例もある。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏がキャリアの多様性について考察する。 * * * 皆さ [全文を読む]

「世界で通用する仕事の作法」、「オープンイノベーション」関連等、 電子書籍を50%割引で販売 ~5/12~5/21期間限定「Kindle ビジネス・自己啓発書フェア」~

DreamNews / 2017年05月15日15時00分

●本件に関するお問い合わせ先株式会社masterpeace〒107-0062 東京都港区南青山4-15-5TEL 03-5770-5869 電子メール:contact@masterpeace.co.jp 担当:窪田<参考資料>●キャンペーン販売タイトル(masterpeace発行タイトル:全36点)『悪魔のサイクル』(2013年新装版)(著:大前 研一)『 [全文を読む]

大前研一「マッキンゼー経営戦略シリーズ第5弾」発行!電子書籍/印刷書籍のハイブリッド出版モデルにより絶版書籍のデジタル復刊を実現

PR TIMES / 2015年03月10日10時23分

[画像: http://prtimes.jp/i/5875/631/resize/d5875-631-254330-0.jpg ]インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、オンデマンド出版good.bookを運営する株式会社masterpeace(本社:東京都港区、代表取締役社長 [全文を読む]

NextPublishingの電子書籍 BookLive!で正式販売開始!同時に期間限定セール!大前研一関連書籍26点がセール価格で購入可能に

PR TIMES / 2015年12月15日11時23分

・『大前研一ビジネスジャーナル No.1 「強いグローバル戦略/脆いグローバル戦略」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジネスジャーナル No.3 「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」』(希望小売価格1,000円)・『大前研一ビジ [全文を読む]

大前研一×マッキンゼー×good.book 大前研一氏編著による マッキンゼーコンサルタントが語る経営戦略の名作4点 新コンテンツを追加収録し、新装刊行!

PR TIMES / 2014年08月07日10時39分

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、オンデマンド出版ソリューションgood.bookを運営する株式会社masterpeace(本社:東京都港区、代表取締役社長:磯部純一)との共同出版事業として、マッキンゼーコンサルタント時代の大前研一氏の編著による「マッキンゼー経営戦略シリ [全文を読む]

独身女性は自立志向強く男性よりスキル重視の傾向と大前研一

NEWSポストセブン / 2013年08月02日16時00分

私自身、マッキンゼー時代に2~3人の優秀な女性社員から「大前さん、私は夫の5倍の給料をもらっているので、もうこれ以上、昇進させていただかなくてけっこうです。その代わり、長く勤めさせてください」と頼まれたことがある。 だが私は、若い人を毎年数多く採用していくマッキンゼーは「UP or OUT」だから、昇進しなければ会社を去るしかない、と宣告した。非情なよう [全文を読む]

ユニクロ週休3日制はブラック批判への過剰反応と大前研一氏

NEWSポストセブン / 2015年09月25日16時00分

マッキンゼーの例を挙げると、自分が会社で働いている時間の15%を社会貢献に割り振ることができるシステムになっていた。具体的には、無料のボランティアで地元のバレエ団のコンサルティングをしたり、病院のコンサルティングをしたりといった具合である。そういうコミュニティ活動に使った時間が、休みではなく出勤した時間として認められるのだ。 マッキンゼーの社員は頭脳集団 [全文を読む]

大前研一氏「出版40周年」記念 氏の著作をデジタルリマスターで新装刊 第一弾 処女作『悪魔のサイクル』以降順次リリース開始

PR TIMES / 2013年11月26日09時25分

経営コンサルティング会社マッキンゼー& カンパニー日本社長、本社ディレクター、アジア太平洋地区会長等を歴任。94年退社。96 ~ 97年スタンフォード大学客員教授。97年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授に就任。 現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長。オーストラリアのボンド大学の評議員(Trustee)兼教 [全文を読む]

大前研一氏経営セミナー本、マッキンゼー経営戦略本他、 電子書籍を500円ぽっきりで販売 「honto5周年記念ワンコインフェア」5/18~5/31開催

DreamNews / 2017年05月19日13時00分

●「honto 5周年記念ワンコインフェア」販売ページ https://honto.jp/cp/ebook/2017/one-coine?cid=ip_eb_albn_ctr_03<エントリー書籍>『大前研一ビジネスジャーナル』シリーズ Vol.1~12『企業参謀』(2014年新装版)『マッキンゼー ボーダレス時代の経営戦略』(2015年新装版)『世界で [全文を読む]

大前研一氏は飛行機で隣の席の人に必ず話しかける なぜか?

NEWSポストセブン / 2015年09月18日16時00分

かつて世界最強の経営コンサルタント会社・マッキンゼーの日本支社長やアジア太平洋地区会長を務めた大前研一が、マッキンゼーで使われている社員教育を体系化し、厳選した新刊『大前語録 勝ち組ビジネスマンになるための88か条』(小学館刊)より、人脈作りの要諦を紹介しよう。 * * * 【「自分から最も遠い人こそ自分の人脈にする」──これが人脈作りの最大の要点である】 [全文を読む]

大前研一氏の 「ビジネス・ストラテジスト・シリーズ」がスタート 第一弾として代表作『企業参謀』の 新装デジタルリマスター版を発行

PR TIMES / 2014年02月25日14時46分

今後は、『StrategicMind―変わり続ける状況の中で決断するための4つの思考法―(仮)』(2014年3月発行予定)をはじめ、マッキンゼー支社長時代の同氏著作の新装刊、未発表作の新刊本を順次リリースしていく予定です。≪ビジネス・ストラテジスト・シリーズ≫「ビジネス・ストラテジスト・シリーズ」は、経営コンサルタントとして、企業戦略立案に携わってきた大前 [全文を読む]

就活解禁騒動に大前研一氏苦言 なぜ青田買いがいけないのか

NEWSポストセブン / 2015年12月10日16時00分

たとえば、私の古巣のマッキンゼーでは「青田買い」が当たり前だった。 ハーバード大学、スタンフォード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)などのビジネススクール別にその大学出身のリクルーター(採用担当者)を置き、各大学の施設を借りて2年生を対象に企業説明会を開催する。その後のカクテルパーティーには、学生を安心させるため、先生たちにも出席してもらう。そこでリ [全文を読む]

大前研一氏が推奨 定年を引き下げる「大前式定年制」を解説

NEWSポストセブン / 2013年03月10日16時01分

私がマッキンゼー時代に導入した独自の定年制度がある。それは従来からの60歳定年制は残したまま、「年齢+勤続年数=75歳」を過ぎたら、いつでも定年退職できる、というものだ。 たとえば、あなたが23歳で会社に入り、49歳を迎えたとする。その場合、勤続年数は26年だから「49+26=75」で、めでたく正規の退職金を全額もらって定年退職できるのだ。実際、私は自分で [全文を読む]

コンサルティングファームのインターン参加の注意点、事前に準備しておくこと

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年11月19日12時00分

外資系大手コンサルティングファームで著名な企業には、マッキンゼー&カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニーなどがあります。国際会計事務所から派生したコンサルティングファームとしては、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティング、プライスウォーターハウスクーパースが著名です。また、野村総合研究所、三菱総合研究所、大和総研などのシ [全文を読む]

大前研一氏 アジア富裕層はビザなし訪日可能にすべきと提案

NEWSポストセブン / 2014年07月15日16時00分

ベルリンで開催されたマッキンゼーのOB役員会議出席に合わせて計画したのだが、なかでも私がとくに気に入ったのは、ナポレオンの出身地として知られるコルシカ島だ。 急峻な山の外周に建設された対面通行の狭い道路が高さ数百メートルの断崖絶壁の上を走り、眼下には透明度の高いコバルトブルーの海が広がっていた。まさに「絶景」だった。こんな小さい島からほぼヨーロッパ全土を制 [全文を読む]

フォーカス