村上龍 限りなく透明に近いブルーに関するニュース

村上龍による書き下ろし短編小説を通じて、都市に生きる人々を応援!「山手線、新しい風景の物語」

IGNITE / 2017年04月17日18時00分

スマホも触れないほどの満員電車中、車内の中吊り小説を読んでほっとさせられた経験はないだろうか? 都市に生きる人々を応援してくれそうな、村上龍の完全新作短編小説を用いた企業広告がこの春スタートする。 「山手線、新しい風景の物語」は、山手線沿線にあるNTT都市開発の所有・管理するビルや街を舞台に、そこに生きる人々の物語を季節感あふれる風景の中で描くシリーズだ。 [全文を読む]

SUPER JUNIOR-YESUNG待望の両A面シングル6月28日リリース決定!!作家・村上龍が海外アーティスト初となる作詞を担当!!

THE FACT JAPAN / 2017年05月16日13時32分

2曲目に収録の「愛してるって言えない」は、『限りなく透明に近いブルー』『コインロッカー・ベイビーズ』『半島を出よ』など数々の名作を生み出し、経済トーク番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)でホストとしても活躍中の作家・村上龍が海外アーティストに初めて作詞を提供したバラードソング。「愛してる」という言葉が簡単に使われてしまう現代でどこか「愛してる」という言葉が [全文を読む]

「SJ」イェソン、両A面シングル6月28日発売決定! 作家・村上龍が海外アーティスト初となる作詞を担当

Wow!Korea / 2017年05月16日13時27分

2曲目に収録の「愛してるって言えない」は、「限りなく透明に近いブルー」「コインロッカー・ベイビーズ」「半島を出よ」など数々の名作を生み出し、経済トーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京)でホストとしても活躍中の作家・村上龍が海外アーティストに初めて作詞を提供したバラードソング。「愛してる」という言葉が簡単に使われてしまう現代でどこか「愛してる」という言葉が [全文を読む]

村上龍があの名作を書く前に言われた言葉とは?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年09月25日19時00分

◆文壇に突如現れた新星『限りなく透明に近いブルー』(1976年)でセンセーショナルなデビューを果たした村上龍。処女作の主人公の名前は「リュウ」といい、明らかに自叙伝的な書き方をしている。続けて書かれた今回取り上げる作品『海の向こうで戦争が始まる』(1977年)は、そんな彼の2作目にあたる。ひとつの夢想が成長し展開し、たった1日で終わっていく様を描いているよ [全文を読む]

ラノベを知らない大人たちは、ラノベをどう理解すればいいのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月12日12時20分

60年代では大江健三郎、80年代では村上春樹や村上龍が「新たなる現代」というビジョンを物語化して当時の若者たちから熱く支持されたわけだが、ゼロ年代以降はラノベにこそ「新たなる現代」をひも解く鍵が隠されているというのだ。 そこで「ライト」と対比されるのが「ポップ」というワードだ。60年代にアンディ・ウォーホールによって世界的に流行したポップアートは、やがてア [全文を読む]

「電子書籍アワード2012 by ダ・ヴィンチ電子ナビ」 ノミネート作品決定! 「読者賞」投票スタート!

PR TIMES / 2012年02月01日15時16分

『週刊少年ジャンプ15号 特別無料配信』(集英社、Yahoo! JAPAN) 『限りなく透明に近いブルー』(村上龍/G2010) 『Al Gore - Our Choice: A Plan to Solve the Climate Crisis』(Al Gore/Push Pop Press) 『あたらしいBCCKS』(BCCKS) 『定額ハーレクインカ [全文を読む]

フォーカス