野球 野村祐輔に関するニュース

【プロ野球】正田耕三が1試合6盗塁で逆転盗塁王! 今こそ振り返りたいカープの歴史に輝くタイトルホルダーたち!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日17時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島野球の象徴するタイトルは盗塁王 広島の伝統的な野球スタイルといえば機動力野球。この機動力野球を語る上で盗塁は欠かせない。これまでにスピードスター・高橋慶彦、トプルスリー・野村謙二郎、緒方孝市ら、そうそうたる顔ぶれが盗塁王のタイトルを獲得している。その数、実に18回。 特に1990年代 [全文を読む]

侍ジャパン「WBCで世界一奪回」のカギ

日刊大衆 / 2017年02月07日12時30分

その栄冠を取り戻すべく船出する野球戦士たちの起用法はこれだ! 4年前の雪辱を果たす時がやって来た。3月7日からワールド・ベースボール・クラシック2017(以下、WBC)が始まる。 それに先駆け、出場メンバーが発表されたのだが、その顔ぶれに対し、野球ファンの間では「史上最弱」などという落胆の声が、あちこちから聞こえてくる。「メンバーは国内勢中心の構成で、現役 [全文を読む]

【高校野球】第98回全国高校野球選手権大会観戦記~甲子園で成長していく選手たち~

デイリーニュースオンライン / 2016年08月23日16時05分

連日熱戦が繰り広げられた第98回全国高校野球選手権大会が、作新学院(栃木)の54年ぶりの優勝で幕を閉じた。 今夏は日本のメダルラッシュで沸くリオ五輪と日程がかぶったものの、連日甲子園には超満員の高校野球ファンが詰め掛けた。 「甲子園の雰囲気にのまれる」とよくいわれる。甲子園の大観衆は時として球児たちをのみこんでしまうことがあるからだ。 このことを昔から「甲 [全文を読む]

【プロ野球】昨季の不振から一転…今シーズン復活した男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■狙うはFA移籍!?”糸井嘉男” 2015年に主将としてシーズンに臨んだ糸井嘉男(オリックス)は、レギュラーとして試合に出場するようになった2009年から続いていた打率3割が途切れてしまった。チームも糸井の成績と同じように2014年の2位から下降して5位に終わった。 その糸井が開幕から好調 [全文を読む]

【プロ野球】自らの打撃で援護する”自援護”(ジエンゴ)な投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月14日16時05分

野球には「投手は9人目の野手」という格言がある。その言葉通り、今季のセ・リーグ投手陣のなかには、野手顔負けの勝負強い打撃をみせている投手たちが多い。 そんな、自らを慰めるように「自援護(ジエンゴ)して勝つ!」を実践している投手たちを紹介しよう(記録は5月10日現在)。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■巨人のエースは打つ方 [全文を読む]

【広島】カープにも「アベ」がいる “カープ黄金世代”の10年目・安部友裕がブレイク間近

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

決してサッカー派ではない、インフィールドフライくらいは説明しなくても分かるであろう野球女子にこう言われて私は愕然とした。 Google先生に「ヒーロー安部」と検索したら、優しい先生は「あなた、漢字間違えていますよ」と「次の検索結果を表示しています:ヒーロー阿部」を表示。画像に並んだのは阿部寛だ。阿部慎之助じゃないだけまだましじゃけど……。カープの背番号60 [全文を読む]

【プロ野球】復活を遂げた広島・野村祐輔の今までとこれから

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ピークは1年目 史上5人目の防御率0を記録するなど、明治大では1年生から大活躍した野村。 菅野智之(巨人)、藤岡貴裕(ロッテ)と並び、大学ビッグ3と呼ばれドラフトの目玉選手とまで成長した野村は、2011年のドラフト会議で、広島から単独1位指名を受け、広島に入団。目玉選手の評価通り、1年目 [全文を読む]

好調広島カープ支える“5年目のジンクス” 今年はその年

NEWSポストセブン / 2012年07月29日16時00分

ここが「目に見えない転機となった」と、野球担当記者は解説する。 「今年、2012年はドラフトにいわゆる逆指名制度がなくなってから5シーズン目に入ります。育成力と練習量に定評のある広島に、ようやくチャンスが出てきたといえるでしょう。 投手では1位で獲った野村祐輔(2011年)、今村猛(2009年)が安定した活躍をし、野手も1位の岩本貴裕(2008年)、2位の [全文を読む]

オリ岡田監督 立ち入り禁止区域に入る韓国報道陣に不快感

NEWSポストセブン / 2012年02月29日07時00分

プロ野球は現在オープン戦真っ盛り。野球ファンにとっては贔屓チームの状態が気になるところだが、内情を知る番記者たちから上がってくる情報は、必ずしも良い情報ばかりではない。こちらは昨季Bクラスに沈んだ広島とオリックスの情報だ。野球に詳しい記者やジャーナリストが座談会を行なった。 * * * スポーツ紙デスクA:「セでは広島が一番評判いいみたいだけど……」 在阪 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。辛口評論でお馴染みの江本孟紀氏は、12球団すべてに手厳しい評価を下している。いったい、来季のペナントレースはどうなってしまうのか? 江本氏が解説する。 * * * 結局ね、セもパも大混戦 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・投手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月23日17時05分

※通信簿は「大変よくできました」(5)、「よくできました」(4)、「まぁまぁです」(3)、「もう少し」(2)、「頑張りましょう」(1)の5段階評価、選手は背番号順に掲載、選手名の前の数字は背番号 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■優勝を置き土産に引退した黒田博樹、エースへと成長した野村祐輔 11 福井優也 13試合:5勝 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■まずは強化試合の投手陣を役割で振り分け 昨年のプレミア12も含め、主に13人の投手で世界大会に挑んでいる侍ジャパン。 強化試合に臨むにあたって以下の15人が選出されているが、大谷翔平(日本ハム)が含まれているので14人とも取れる。これまでより1枠多いが、試してみたい投手がいることが伝わっ [全文を読む]

25年に1度の「神っている」最強カープを元監督2人が語る!テレビでは言えない徹底カープ分析。第二次黄金時代をカープコンビが切る!『広島カープの血脈』9/21発売!

PR TIMES / 2016年09月23日09時19分

また1988年カープに入団した野村謙二郎氏は、その野球人生全てをカープに捧げ、2010年から4年間、監督としても長年Bクラスに低迷していたチームを率い、Aクラスに押し上げたのです。「この広島カープの文化は、これから先もずっと変わらず継承していってほしいと思う」山本浩二「カープには昔から選手を育てる伝統やノウハウが多くあり、それが今。花開いている」野村謙二郎 [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりリーグ優勝のトピックスは? 広島・劇的優勝の歓喜をもっと噛み締めよう!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■野村祐輔が先発の柱に成長 今季の広島の前評判は高いものではなかった。その要因がチームを支えてきたエース・前田健太のドジャースへの移籍だった。前田の抜けた穴は埋まるのか……。そんな広島ファンの不安を覆したのは野村祐輔の活躍だった。 昨年はわずか5勝と悔しい結果に終わった野村。だが今季は、3 [全文を読む]

えっこの人も!?じつは双子のプロ野球選手【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2016年01月20日10時30分

さて、みなさんはプロ野球界の双子と聞くと誰を思い出しますか? すぐに思い浮かぶ人はかなりの野球通でしょう。そこで本記事では、実は双子だったプロ野球選手を何人かご紹介しようと思います。■あの西武の名プレーヤーが!画像出典:Amazon西武の外野の守備職人、大友進選手といえば誰の記憶にも残っていることでしょう。じつはこの大友選手は双子だったんです。弟の猛さんは [全文を読む]

広島カープ・黒田博樹はなぜ「“男気”復帰」に動いたのか?(1)野村祐輔とのある約束

アサ芸プラス / 2015年01月21日09時54分

その時、野球部一行を見つけた黒田が、声をかけました。一同が恐縮する中、広陵高校時代に甲子園で活躍した野村の顔を知っていた黒田はなんと、右手を差し出して『広島で会おう』と告げたというんです。感激した野村は両手でその右手を握り返すことしかできなかったと言っていました」 その年の秋、野村はドラフト1位で晴れて広島に入団した。一方の黒田はヤンキースへと移籍したが、 [全文を読む]

カワイイだけじゃない! “美人カープ女子”の実態がなんかスゴイ

週プレNEWS / 2014年06月09日16時00分

このあたりは多くの方に納得いただけると思うが、「野球のユニフォーム」もなかなかどうして悪くない。 プロ野球球団の広島カープが試合に勝利するたびに、自身のブログに「カープのユニフォームに身を包んだ美女」の写真をアップする“カープガールプロジェクト”なる試みを続けているカメラマンがいる。 そのブログ「CARP-girl-CARP」【http://ameblo. [全文を読む]

プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(1)広島カープ「破天荒」野球で21年ぶり優勝じゃけぇ!

アサ芸プラス / 2012年04月24日10時59分

広島OBの野球評論家・北別府学氏が解説する。 「投手王国ですよ。マエケン、バリントン(31)、福井優也(24)、篠田純平(26)に、右肩を故障していた大竹寛(28)が戻ってきたし、新人の野村も加わった。これだけの先発陣がそろうのは12球団でもトップクラスだと思いますよ。野村は調子が悪くても、悪いなりの投球ができる。1年間ローテーションを守れば、新人王の第一 [全文を読む]

【プロ野球】緊急登板にもってこいのタフネス腕・薮田和樹。フォーム改造で待ったなしの今井啓介らが広島を救う

デイリーニュースオンライン / 2017年06月02日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■緊急登板はお手の物? ローテーションの再編が進むなか、交流戦の大事な初戦で薮田和樹が先発登板。先述した野村の降板時でも熱投を見せたが、この西武戦でも好投。6回を無失点に抑え「交流戦開幕戦投手」の大役を果たした。 昨シーズンも薮田は緊急登板で結果を出している。9月1日、首を負傷した福井優也 [全文を読む]

“謎の外国人”がベールを脱ぐ!西武・キャンデラリオが先発へ 2日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月01日16時09分

日本野球機構は1日、明日の予告先発を発表した。 西武は新外国人のキャンデラリオを先発に立てる。 キャンデラリオはメジャーリーグで登板したことはなく、アメリカ・パナマ・ニカラグア・ベネズエラ・ドミニカ・イタリア・メキシコ・オランダと世界各国でプレーした“渡り鳥”。選手としての詳細がわからないことから“謎の外国人”とも呼ばれた。 また、登板前にお祈りのような仕 [全文を読む]

フォーカス