東国原英夫 プロフィールに関するニュース

妄言連発の鳥越俊太郎が選ぶ「流行語大賞」とは何なのか

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日12時05分

僕は、最初から言っていたが、所詮、あの程度の人間なのである」 この東国原英夫氏(59・注1)のツィートに頷いた人は多かった。「あの程度の人間」とは鳥越俊太郎氏(76)のことで、彼が東京都知事選を振り返って、 「選挙が終わったら“あ、終わった”と普通の生活に戻っていますよ。実は本気で勝てるとは思っていなかった」 「だって、選挙のずっと前から小池さんのパフォー [全文を読む]

吉祥寺第一ホテル25周年 リニューアル大感謝祭 イベント第ニ弾 【東国原英夫トークショー】開催 2012年9月17日(祝・月) ~ピンチをチャンスに変える吉祥寺からの挫折力~

PR TIMES / 2012年08月24日13時39分

吉祥寺第一ホテル(東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-14 総支配人:臼居 由男)では、開業25周年リニューアル大感謝祭の「イベント第二弾」として、9月17日(祝・月)に「東国原英夫トークショー」を開催いたします。 第52代宮崎県知事として「どげんかせんといかん」のフレーズで様々な逆境を乗り越えてきた東国原氏。今回のテーマは【ピンチをチャンスに変える吉祥寺から [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防に有効なトレーニング。報酬期待が高まると脳は活性化する」

アサ芸プラス / 2016年08月08日05時55分

先日、元宮崎県知事の東国原英夫さんがテレビで母親の介護の実態を話していました。88歳のお母さんが認知症になり、「介護されるなら死んだほうがましだ」と叫びながら暴れる母の手足を縛ったこともある、と告白していました。 58歳になる東国原英夫さんが88歳の母親の面倒をみているとおり、これからの日本では「老老介護」が当たり前になると思われますが、認知症になると介護 [全文を読む]

PAI渡瀬裕哉所長 Wednesday meeting (International coalition)での講演のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月30日09時30分

東国原英夫氏など自治体の首長・議会選挙の政策立案・政治活動のプランニングにも関わる。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACの日本人初の来賓。その知見を活かして、日米の政治についての分析を発信している。 [全文を読む]

「パシフィック・アライアンス総研」設立のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月31日10時13分

東国原英夫氏など自治体の首長・議会選挙の政策立案・政治活動のプランニングにも関わる。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACの日本人初の来賓。その知見を活かして、日米の政治についての分析を発信している。 [全文を読む]

猪瀬直樹との“老いらく週末婚”で囁かれる蜷川有紀の「売名行為説」

アサ芸プラス / 2016年10月27日09時58分

「今年70歳の古希を迎える猪瀬直樹氏と、14歳も年下の美女との交際に天敵と言われる東国原英夫も『敵ながら、これは祝福しますよ』と羨ましそうにテレビでコメントを寄せていました。著作のファンであった蜷川が、自身の絵に対する意見を聞くために、知人を介して出会ったのがきっかけ、どうやら、猪瀬氏の一目惚れのようです。『有紀さんのことを理解できるのは、僕しかいません。 [全文を読む]

ポピュリズム選挙の弊害?トンデモ候補から消去法で残った舛添都知事の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日12時05分

取沙汰されているのは(注4)橋下徹、東国原英夫、蓮舫、小池百合子、丸川珠代ら。確度は疑問符が付く人もいるが、要はメディアで顔を売って政治家になった面々ばかり。結局、都知事選が知名度頼みのポピュリズム選挙になってしまっていることが、最大の問題なのではないだろうか。 東京は世界有数の巨大都市であり、国政の中心でもあるので、地域としての「都政」を感じにくい面はあ [全文を読む]

上西小百合議員、50代実業家との結婚話で浮上した「またお金目当てか!」

アサ芸プラス / 2016年05月16日09時58分

そういえば、最近になって元衆議院議員の東国原英夫が、自身のツイッターで、上西議員が初登庁の際に、お相手の男性にロールスロイスで送ってもらったことを痛烈に批判。「あり得ない暴挙である」とコメントし、「感性・神経を疑う、あの人は国会議員の資質にかけると思う」と怒りを露わにした。確かに日本を背負って立つには、あまりにも人間性に問題があり過ぎる。 [全文を読む]

政治家選ぶコツ 「顔つきや話し方、仕草見る」と政治評論家

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

国会をズル休みして旅行に出かけ、維新の党から除名された上西小百合衆議院議員(32才)は、写真集を出版したり、東国原英夫元衆議院議員(58才)とTwitter上で“不毛なバトル”を繰り広げているし、丸山和也参議院議員(70才)は米国のオバマ大統領を「黒人の血を引く奴隷」と言い、海外メディアでも差別発言と問題になった。 北方領土の1つ「歯舞(はぼまい)諸島」 [全文を読む]

「アベノミクス解散」をオヤジジャーナルはどう報じたのか!?|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2014年11月23日20時00分

他にも「身勝手解散」(枝野幸男民主党幹事長)、「この道しかない解散」(甘利明経済再生相)、「退路を断った解散」(小泉進次郎)、「念のため解散」(高村正彦自民党副総裁)、「アベノミクスリと笑う解散」(東国原英夫・元宮崎県知事)などがあった。 興味深かったのが次の説だ。 《野党関係者は「『目くらまし解散』と言う人もいますよ。だって、消費税増税の延期で、アベノミ [全文を読む]

フォーカス