プロ野球 村田修一に関するニュース

【巨人】村田修一は日本のすべてのサラリーマンの代弁者である

文春オンライン / 2017年06月03日11時00分

けど、いつの時代も人は日常のしがらみから逃げてプロ野球へ辿り着くのである。 ちなみに今回の文春野球コラムはオリックスとの対戦形式でアップされる。お互いにリーグ4位のBクラス。優勝争いの高揚感もなければ最下位の絶望感もない。倦怠期のカップルみたいな毎日を生きている。マジ中途半端。嫌いになれたらラク。でもなかなか別れられないファン心理。とにかくマンネリ打破の刺 [全文を読む]

楽天・則本昂大が成し遂げた“野茂超え”

ベースボールキング / 2017年06月02日12時00分

プロ野球新記録が誕生! 楽天のエースが、金字塔を打ち立てた。 6月1日、Koboパーク宮城で行われた楽天-巨人の一戦。先発マウンドに登った則本昂大には、ある記録がかかっていた。『7試合連続2ケタ奪三振』。この日10個以上の三振を奪えば、連続2ケタ奪三振のプロ野球新記録が誕生する。 昼間の雨の影響で試合開始が30分遅れたなか、立ち上がりは三者凡退のスター [全文を読む]

巨人ファンは最後まで諦めない!!

@Press / 2016年09月07日10時00分

人気プロ野球解説者の里崎智也氏をはじめ、熱狂的なプロ野球ファンであるタレントやお笑い芸人が名誉会員となり、プロ野球の応援フリークたちによる「日本プロ野球応援協会(Japan Baseball Cheering Association/以下JPBCA)」が、最新のプロ野球ペナントレース応援ランキングを発表しました。同協会が公式ツールとして認定・採用している一 [全文を読む]

【プロ野球】打って、走って、ガッツポーズ! セ・パ両リーグの“二塁打王”の行方は?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(1)表向きは「リフレッシュ」!?

アサ芸プラス / 2012年09月20日10時59分

【関連記事】 拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(2)悲壮感漂うイジられキャラ 拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(3)「男・村田はやめてください」 今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(4) 伝説の引き分けの舞台裏!(2)サッカー 福田正博の眼前で起きた「ドーハの悲劇」 「スローモーションのように時が止まった」 [全文を読む]

【プロ野球】本塁打王経験者・中村剛也、レアード、村田修一が同じ日にようやく第1号! 筒香嘉智も間近?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月17日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】WBCとケガ。「神の右手」と引き換えに川崎宗則が負傷! 極限状態が引き起こしたアクシデント集

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日16時05分

文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】覚醒してもらわないと困る? 生え抜き大砲と期待される岡本和真(巨人)がプエルトリコで奮闘!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月02日16時05分

文=藤山剣(ふじやま・けん) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

今年も盛況のうちに幕を閉じたプロ野球。セ・リーグ打者では筒香嘉智が本塁打王と打点王の二冠を獲得。パ・リーグではレアードが初の本塁打王に輝く活躍を見せた。 しかし、野球の数字は打率、本塁打、打点、安打数、出塁数、盗塁数といった目立つものだけではない。 タイトルではないスタッツで「裏王者」となった選手たちを紹介しよう。まずは野手編。 ※野球の見方が変わるスマホ [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】山口俊がFA宣言! ベイスターズがたどった「主力選手流出」の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日16時05分

プロ野球選手は自身の実力を信じるがゆえ、チームの低迷が続けば上位球団への移籍を希望する選手が多く現れるのは仕方がない。 ただ筆者としては、プロ野球が子どもに夢を与えるスポーツなら、強いチームにいくより今のチームを強くしてほしいと願う。そして、三浦大輔のようにチームを象徴する選手となれば、ファンにとっては理想的なヒーローだ。 文=元井靖行(もとい・やすゆき [全文を読む]

【プロ野球】現役の通算本塁打1位は誰!? 意外と知らない主要部門・通算成績“現役”トップ(野手編)

デイリーニュースオンライン / 2016年09月06日17時05分

数多あるプロ野球のデータだが、歴代トップ選手の名前をすぐに答えられるファンは多いだろう。 しかし、これが現役選手に限定されるとどうだろうか。 「NPBで一番多くの安打を放っている現役選手は?」 「NPBで一番多くの本塁打を放っている現役選手は?」 自信を持って答えられるという人は少なくなるのではないだろうか……? 筆者も正直に白状すれば、断言できないひと [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

後半戦に突入したプロ野球。3月の開幕が昨日のよう。季節の移ろいは早いものである。 ところで贔屓球団の開幕スタメンを覚えているだろうか? その時点ではベストメンバーであるはずの開幕スタメンだが、蓋を開けてみれば、ケガや不振などで打線のてこ入れを余儀なくされるのが常だ。 しかし、概ね、「メンバーの固定化」は強いチームによく見られる特徴だと、解説者・評論家などは [全文を読む]

阪神のレジェンド鳥谷、年俸4億円のお荷物化…ミス尽くしで高校生以下でもスタメン外せず

Business Journal / 2016年05月20日07時00分

プロ野球・阪神タイガースの鳥谷敬選手が窮地に陥っている。 鳥谷の現在(5月18日時点/以下同)の成績は、打率.248、本塁打2、打点18。開幕直後には25打席連続ノーヒットで自己ワースト記録を更新し、併殺打8は読売ジャイアンツの村田修一選手と並んでセントラル・リーグのトップである。 これまで、打順は1番や3番が定位置だったが、今季は一時7番に降格するなど、 [全文を読む]

【プロ野球】日本一気の早い2016シーズンにFA権を獲得する選手

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日11時00分

2015年も残り僅かとなり、プロ野球界はストーブリーグ真っ最中。ここまで、国内→国内のFA移籍が決まったのは以下の3選手だ。 ・今江敏晃(32歳/内野手/ロッテ→楽天) ・高橋聡文(32歳/投手/中日→阪神) ・脇谷亮太(34歳/内野手/西武→巨人) 12月21日現在、他にはFA宣言したものの、他球団から連絡がなく宙ぶらりんの木村昇吾(35歳/内野手/広島 [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

(取材・文/井上智博) [全文を読む]

野球好きが集まる西麻布の居酒屋・鉄腕が予想した 今シーズン活躍しそうなプロ野球選手大予想大会 結果発表

DreamNews / 2014年04月07日14時00分

株式会社エスプライドは、野球好きが集まる西麻布の居酒屋 鉄腕で、プロ野球シーズン開幕直前の2014年3月26日(水)に、【野球好きが集まる西麻布の居酒屋・鉄腕で予想する、今シーズン活躍しそうなプロ野球選手 大予想大会2014】を開催しました。オリジナルのお菓子の活用を軸に、企業の組織改革やトータルブランディングを手掛ける株式会社エスプライド(本社:東京都渋 [全文を読む]

拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(2)悲壮感漂うイジられキャラ

アサ芸プラス / 2012年09月25日10時59分

「これも強いチームの試練だと思いますし、こういうチームを求めてきたわけですから」 【関連記事】 拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(1)表向きは「リフレッシュ」!? 拝啓、村田修一「悲願のビールかけ」を心から喜べますか?(3)「男・村田はやめてください」 プロ野球「キャンプ地獄耳」(5) 開幕直前ワイド!プロ野球「黒いスタートダッシュ [全文を読む]

プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(4)中畑監督「100敗街道涙目舌不調まっしぐらで涙目舌不調」

アサ芸プラス / 2012年04月27日10時59分

その辺りが今後の課題でしょうね」(前出・夕刊紙デスク) 監督の心が折れる前にチームの浮上なるか? 【関連記事】 プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(2)野村監督が賭ける無名の若手 プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(3)75年初優勝時と同じ雰囲気 プロ野球スタートダッシュ「熱いぜVS暗いぜ」(1)広島カープ「破天荒」野球で21年ぶり優勝 [全文を読む]

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

日刊大衆 / 2017年06月10日07時05分

プロ野球が開幕して2か月あまり。いいスタートを切った選手がいれば、つまずく選手もいる。成績によって他人への対応も変わるもの。そこで、本誌は選手たちの対応について暴露してしまおう。■座談会参加者A=球界に精通したベテラン記者B=数球団の情報を持つ遊軍記者C=西日本の球団に詳しい若手記者D=夕刊紙のエース記者A 今回のテーマは「好かれる選手」「嫌われる選手」。 [全文を読む]

フォーカス