中井貴一 柳葉敏郎に関するニュース

理想の父親像ランキング、第1位は俳優の……

Entame Plex / 2015年01月18日20時21分

かつて忘れようとした夢に再び挑戦する不器用な大人たちの姿を描いた中井貴一主演の感動作『アゲイン 28年目の甲子園』が、1月17日に全国公開となった。本作は、元高校球児達が世代を超えて出身校別にチームを作り、再び甲子園を目指して戦うという実在する大会「マスターズ甲子園」を舞台に、“再挑戦”というテーマとともに“親と子の絆”を描いている。 このたび、本作の配給 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中井貴一、「俳優をやりながら親父との思い出を作っている」。柳葉敏郎との共演は「心のアドリブで」。

TechinsightJapan / 2015年01月07日21時25分

俳優・中井貴一と柳葉敏郎は昭和36年生まれ、同じ時代を生きてきた味のある役者だ。2人の演技は観る者をホッとさせる安定感がある。「話す必要がない」ほど心でのアドリブが絶妙の2人が熱演の映画イベントに登場し、生で「あうん」の呼吸を披露した。 新春7日、東京・銀座にて映画『アゲイン 28年目の甲子園』完成報告会見&大人の親子試写会が開催された。ゲストには、熱い男 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中井貴一、50歳過ぎて野球に初挑戦。「甲子園は聖地という意味を知った」

TechinsightJapan / 2014年12月11日21時25分

甲子園を舞台とする映画イベントに中井貴一、柳葉敏郎が登壇した。野球界のレジェンドたちも駆けつけたステージはオールスターの共演の場となった。 11日、東京・銀座にて映画『アゲイン 28年目の甲子園』特別試写会が開催され、俳優の中井貴一、波瑠、柳葉敏郎、工藤阿須加、野球関係者からは角盈男、高橋慶彦、駒田徳広らが登壇し、往年の野球ファンにはたまらない舞台となった [全文を読む]

陣内、中井、柳葉…名優3人の「友情秘話」

日刊大衆 / 2016年12月05日13時00分

その公開初日、舞台あいさつを前に陣内監督と同映画に出演する親友の中井貴一と柳葉敏郎も加わり記者会見が行われた。 「男ってね、最初の出会った位置関係で決まるんだよ。あの頃から中井さんは大スターだったから、年下だけどすごく気を使って。そして柳葉さんは『一世風靡セピア』でブイブイいわせてたから、生まれたての子ヒツジみたいにしていました」と当時の3人の関係について [全文を読む]

陣内孝則監督、中井貴一や柳葉敏郎を演出するのは「怖い」と告白

Movie Walker / 2016年11月18日20時19分

陣内孝則監督作『幸福のアリバイ~Picture~』の初日舞台挨拶が11月18日に丸の内TOEI1で開催され、中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、浅利陽介、木南晴夏、入山法子、渡辺大、佐藤二朗、陣内監督が登壇。 陣内監督は、プライベートでも交流のある中井や柳葉と3人揃っての舞台挨拶が実現したことを喜び「公式の場ではなかなかなくて。やっぱり3人共“タース” [全文を読む]

中井貴一と柳葉敏郎、撮影で肉離れ

Movie Walker / 2015年01月17日16時45分

主演の中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎、大森寿美男監督が登壇。中井は真冬の甲子園での撮影を振り返り「こんな寒い時期にやったらケガしますよ。練習は真夏の炎天下、その後、撮影したのが12月。50を超えた2人は、軽い肉離れを起こし、改めてプロ野球選手のすごさを感じました」と苦笑いした。 中井と柳葉は共にテニス部で、スパイクを履いたことがなかったと言う。中井 [全文を読む]

工藤阿須加が父・工藤公康とのキャッチボール秘話を告白!

Smartザテレビジョン / 2015年01月07日22時58分

映画「アゲイン 28年目の甲子園」の試写会&舞台あいさつが1月7日に都内で行われ、中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎、大森寿美男監督が登壇した。 元高校球児が再び甲子園を目指す実在の大会“マスターズ甲子園”を舞台に描かれる本作。元高校球児の主人公・坂町(中井)のもとを、元チームメートの娘・美枝(波瑠)が訪ねたことから物語はスタート。美枝の父親が起こした事 [全文を読む]

中井貴一&工藤阿須加、偉大な父は「一生、超えられない存在」

Movie Walker / 2015年01月07日17時59分

重松清の同名小説を映画化した『アゲイン 28年目の甲子園』(1月17日公開)の完成報告会見が1月7日に都内で開催され、中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎、大森寿美男監督が出席。男性キャスト陣が自身の親について、「一生、超えられない存在」と声をそろえた。 本作は、全国の元高校球児が世代を超えてチームを作り、再び甲子園を目指す実在の大会“マスターズ甲子園”を [全文を読む]

陣内孝則監督、山崎樹範&浅利陽介の結婚に“便乗”

Smartザテレビジョン / 2016年11月20日19時51分

映画「幸福のアリバイ~Picture~」の公開初日舞台あいさつが行われ、陣内孝則監督をはじめ、中井貴一、柳葉敏郎、大地康雄、山崎樹範、浅利陽介、木南晴夏、入山法子、渡辺大、佐藤二朗が出席した。 陣内監督は、初日を迎えたことに「ホッとしています。柳葉さんや中井さんを舞台あいさつに担ぎ出しながらも客席が埋まってなかったらどうしようかと不安だったけど、安心しまし [全文を読む]

陣内孝則監督「『君の名は。』と言ってくれたら…」

Smartザテレビジョン / 2016年10月27日23時10分

また、出演者の中井貴一が撮影後に現金を置いていったことや、柳葉が前売り券を大量購入したことを明かし、「映画監督の才能には恵まれていないかもしれないけど、友人には恵まれました」とうれしそうに語り、「山崎と柾木も頼むよな!」とプレッシャーをかけていた。 「葬式」に出演する佐藤も「撮影現場は(栃木の)足利にある古い日本家屋でクーラーもなし。通夜の設定なので、昼 [全文を読む]

陣内孝則監督、柳葉敏郎と中井貴一の男気に感謝!

Movie Walker / 2016年10月26日19時52分

本日登壇できなかった中井貴一からもサプライズのビデオメッセージが。中井は「陣内さんのために良い作品にしようと頑張った記憶があります。面白かったら俳優が頑張ったからで、面白くなかったら陣内さんのせいです」とコメント。 陣内は「当然です。私も俳優として立った時はそう思いますから」と苦笑い。「低予算だと思ったんですかね。帰りに現金を置いていってくれました。また [全文を読む]

「ゴチ」新メンバー柳葉敏郎『これはイケる』と手応え

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日06時00分

今後対戦してみたいゲストについては、矢部から「中井貴一さんとか面白いかも」と一言。それに対して柳葉は「きーちゃんはこういうの得意なんだよね、多分」と若干弱気に。一方岡村から「勝俣(州和)さんの方がよくないですか?」と聞かれると、「アイツ、うるさいんだよね…(笑)」と正直なコメントし、レギュラー陣を笑わせていた。最後に柳葉は「まずはピタリ賞の100万円を取 [全文を読む]

中井貴一に柳葉敏郎がおねだり!「浜田さん紹介して」

Smartザテレビジョン / 2015年01月18日11時50分

映画「アゲイン 28年目の甲子園」の初日舞台挨拶が17日、都内で行われ出演者の中井貴一、波瑠、柳葉敏郎、工藤阿須加と大森寿美男監督が登壇した。 元甲子園球児たちの28年後を描いた本作。野球未経験という中井は「練習は8月の炎天下の中でして、撮影は真冬でした。50を過ぎた(中井と柳葉の)2人は軽い肉離れを起こしました」と苦笑い。柳葉も「撮影よりも何よりも、甲子 [全文を読む]

『文藝春秋』2月号は読者投稿企画 『高度経済成長時代』の魅力を大特集!電子雑誌版も同時発売

@Press / 2015年01月13日14時00分

その他、アベノミクスの成果が強調されるなか、本当にサラリーマンの賃上げは実現するのか、経団連、経済同友会、商工会議所という経済3団体のトップへの連続インタビュー、長州人という側面からの安倍総理の分析、ソニーの再建策、男の決意と題した中井貴一×柳葉敏郎、宮本慎也×宮本恒靖の2大特別対談など充実の内容です。 ■書誌情報 文藝春秋 2015年2月号 価格 :8 [全文を読む]

甲子園歴史館×「アゲイン 28年目の甲子園」「KANO~1931海の向こうの甲子園~」特別タイアップ企画 特別展示コーナーの設置+入館料特別割引キャンペーンを開催

PR TIMES / 2015年01月09日18時41分

出 演:中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎 ほか 公式サイト:http://www.again-movie.jp/ 2 「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」(2015年1月24日(土)公開予定) 1931年、日本統治時代の台湾から夏の甲子園大会に出場し、決勝まで勝ち進んだ伝説のチーム嘉儀農林学校を題材にした台湾映画。昨年2月27日に台湾で公開さ [全文を読む]

柳葉敏郎、中井貴一との共演の感想は?「話す必要がなかった」

Movie Walker / 2015年01月07日19時37分

映画『アゲイン 28年目の甲子園』(1月17日公開)の“大人の親子試写会”が1月7日に丸の内TOEIで開催され、中井貴一、波瑠、工藤阿須加、柳葉敏郎、大森寿美男監督が登壇。同世代である中井と柳葉が、息もぴったりに共演の感想を明かした。 本作は、元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。中井は「同じ時代を生 [全文を読む]

山田太一脚本「時は立ちどまらない」が“アジア・テレビ賞”で最優秀賞!

Smartザテレビジョン / 2014年12月15日16時44分

信用金庫の支店長・西郷良介(中井貴一)のひとり娘・千晶(黒木メイサ)と、漁師・浜口克己(柳葉敏郎)の長男・修一(渡辺大)が結婚することになり、両家は初めての顔合わせをするが、その5日後、東日本大震災が発生。2つの平凡な家族の運命を変えてしまう。浜口家は祖母・いく(倍賞美津子)、母・正代(岸本加世子)、長男・修一の命、そして財産も家も失う。一方、西郷家は何ひ [全文を読む]

フォーカス